[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

09月

(MELOCLASSICレーベル)
ヒストリカル・ファン待望のMELOCLASSIC新譜20タイトル!
カラヤンの「フーガの技法」とベームの大戦中「第9」ライヴ、など衝撃の初出盤もあります!

meloclassicMELOCLASSICレーベル(ドイツ=タイ)
ヒストリカル・ファン待望のMELOCLASSIC新譜20タイトル!

何とカラヤン初の録音レパートリー!
「バッハのフーガの技法」1944年のスタジオ録音!
MC 5005 ※日本語オビ・解説付き
mc5005バッハ:フーガの技法 BWV.1080(弦楽合奏による縮小演奏)

ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)
大ドイツ放送国営ブルックナー管弦楽団
1944年12月14日 リンツ 国営放送協会による放送用スタジオ録音、45’19
※melo classicが飛び切りの音源を発掘した。第二次世界大戦末期に録音されたカラヤン指揮のバッハのフーガの技法である。これは芸術の点のみならず歴史的にも極めて意義が高い。第一に、カラヤンの指揮したバッハのフーガの技法の録音はこれが初めてである。カラヤンについての情報において権威あるwww.karajan.orgで検索しても、カラヤンがフーガの技法を演奏した記録はこの録音を含めて見当たらない。第二にリンツの大ドイツ放送国営ブルックナー管弦楽団の演奏録音であること。このオーケストラは第二次世界大戦末期、ブルックナーを熱愛するヒトラーの意向でリンツに1943年に創設され、ゲオルク・ルートヴィヒ・ヨッフム(オイゲンの弟)に指導され、多数の一級指揮者を客演に迎えた。しかし戦局悪化のため1945年3月で活動が停止、解散。政治色が濃かったがゆえにごく短命の幻のオーケストラになった。このオーケストラを頻繁に指揮したのがカラヤンだった。実はカラヤンがこのオーケストラを指揮してフーガの技法を録音したことは団員だったゲルハルト・ボッセの証言が残されていたのだが、前述のように存在が確認されていなかった。幻の録音がついに日の目を見たのである。しかも偶然にもフルトヴェングラーの有名な「ウラニアのエロイカ」の僅か5日前の録音だ。演奏自体もたいへん素晴らしい。響きは厚いものの、流麗でバランスの取れた美的感覚は、後の帝王カラヤンを十分思い起こさせるものだ。録音状態はいかにも第二次世界大戦中のドイツ国営放送の磁気テープ録音といった水準で、やや歪っぽいが弦楽オーケストラであればさほど気にならない程度だろう。なお未完のフーガは未完のまま演奏している。

カール・ベーム大戦中のベートーヴェン「第9」ライヴ!
MC 5006 ※日本語オビ・解説付き
mc5006ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 Op.125 「合唱つき」

カール・ベーム(指揮)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ウィーン国立歌劇場合唱団
イルムガルト・ゼーフリート(ソプラノ)、
エリーザベト・ヘンゲン(アルト)
アントン・デルモータ(テノール)、
マティウ・アーラースマイヤー(バス)
録音:1944年4月18日 ウィーン ウィーン国営放送によるライヴ録音、71’18
※カール・ベーム(1894-1981)は第二次世界大戦の末期、1943年から1944年に彼の一度目のウィーン国立歌劇場の音楽総監督を努めた。この時期のベームのウィーン録音は、オペラの放送録音がいくつかあるものの、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮した管弦楽曲の録音は放送用録音を含めても少なく、ことにベートーヴェンはほとんどない。今回登場するベートーヴェンの第9交響曲は1944年4月18日、大ムジークフェラインザールでの録音(CDにはライヴ録音とあるが拍手は皆無、物音などの雑音も僅か)。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の公式サイトでの記録によると放送演奏会 Rundfunk Konzertとある。まったく同じ面々で2日後の4月20日、ヒトラーの誕生日を祝う演奏会を催している。演奏は第二次世界大戦期のベームの特徴、つまり後年と比べて速いところは速く遅いところは遅くしかも動きの大きい演奏。たとえば第3楽章は19分弱とだいぶ遅めの歩みでじっくり演奏している。オーケストラはベームの指揮にしっかり応え、ベームが見出したゼーフリートをはじめ、ヘンゲン、デルモータ、アーラースマイヤー、いずれもベームお気に入りの歌手が起用され、水準の高い演奏だ。とはいえ合唱の男声が弱いあたりに大戦末期の陰が窺える。様々な意味で手応えのある演奏録音だ。
※第4楽章の二重フーガの直前に録音がだいぶ不安定になっている箇所があります。70年以上前の古い録音ですので、ご理解くださいませ。
(さらに…)

(WEITBLICKレーベル)
①1975年全盛期のミケランジェリ・ベルン・リサイタル!高音質ステレオ録音!
②ミュンシュ+ケルン放送響との一期一会の共演! 完全初出!!高音質ステレオ録音!

weitblick.logo.newWEITBLICKレーベル(ドイツ)

レコード芸術2016年11月号推薦!
全盛期のミケランジェリ・ベルン・リサイタル
1975年3月18日ライヴ!(ベルン放送スタジオ)
技術を誇るスイス放送による高音質ステレオ録音!
SSS 0187
sss0187「ミケランジェリ・ベルン・リサイタル」
①ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第12番
②ドビュッシー:「映像」から(第二集より「葉ずえを渡る鐘の音」、第一集より「ラモー賛」、第一集より「水に映る影」)
③シューベルト:ピアノ・ソナタ イ短調D.537
演奏タイミング:
①[8:38][2:59][6:07][2:46]/
②[4:45][7:03][5:15]/
③[10:51][9:10][5:04]

アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ(ピアノ)
録音:1975年3月18日ライヴ・ステレオ(ベルン放送スタジオ)SRFスイス放送による収録
※1975年3月18日に行われたこのコンサートは実はかつて、幾つかの形でプライヴェート盤が出ていた。ベートーヴェン作品とシューベルト作品は、DISCOCORPレーベル、ROCOCOレーベルからLPが出ていた。ドビュッシーの「映像」第一集から「ラモー賛」と「映像」第2集から「葉ずえを渡る鐘の音」の2曲がTHEATREレーベルからCDが出ていた。いずれも非正規な発売であり、音質も劣悪であった。
●ベートーヴェン
当ベルン・リサイタルでは、まるでミケランジェリ(ABM)が目の前で演奏してくれるかのような臨場感が心地良い。粒だった音色の美しさが素晴しい。滑らかな手の動きが目に見えるようだ。
ABMの音色は極めて明るいものである。時としてベートーヴェン作品の演奏では、その明るさがベートーヴェンの持つ陰鬱さを減じているという非難もあった。
ところがこの演奏を聴けば、明るい音色で暗を創造しているではないか。やはり、聴衆を前にした芸術家の生み出す演奏こそが真の芸術家の姿、真の演奏と言うべきであろう。
●ドビュッシー
ABMの技術の特徴に音の消え方がある。まるで人が息を引き取る瞬間に居合わせるようだ。その箇所がたまらなく美しい。そしてその様子をじっと見守る聴衆の姿まで目に浮かぶようである。
●シューベルト
ABMのDGへのスタジオ録音のレコードには、わざわざ60年以上前のピアノで演奏しているという注意書がある。ピアノに殊の外やかましかったABMのことだから、不本意であるという意味での記述ではないであろう。さて、このベルン・リサイタルのピアノはどんな音であろうか?それは聴いてのお楽しみとしておこう。(ライナーノートより)
※英語、日本語、ドイツ語によるライナーノート付

レコード芸術2016年11月号準特選!
ミュンシュ+ケルン放送響との一期一会の共演!完全初出!!
高音質ステレオ録音!フルートが凄い!
SSS 0192
sss0192「ミュンシュ&ケルン放送響、1966年ステレオ・ライヴ」
①フォーレ:「ペレアスとメリザンド」組曲
②リスト:ピアノ協奏曲第1番
③ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
④ルーセル:交響曲第3番
演奏タイミング:
①[5:55][2:27][3:50][4:57]/
②[5:40][4:53][4:25][4:23]/
③[9:51]/
③[5:34][9:34][3:11][6:27]

シャルル・ミュンシュ(指揮)ケルン放送交響楽団
②ニコル・アンリオ・シュヴァイツァー(Pf)
③ハンス・ユルゲン・メーリング(fl)
録音:1966年9月30日ケルン放送 ビスマルク・ザール
※1966年の9月、即ち1966/1967シーズンの開始の月、ミュンシュは多忙を極めていた。9月上旬には、フランス国立放送響を率いて、ブザンソン国際音楽祭に参加している。さらに各地へ客演。9月30日には、ケルン放送響に初客演(そして最後の)し、当CDに収録のコンサートを行う。10月にはフランス国立放送響を率いて日本ツアーを行っている。正にミュンシュの音楽的壮時と言える時期だった。
当CDにおけるケルン放送響との演奏は、ミュンシュとドイツのオーケストラによる初のディスクとなる!良好なステレオ録音で現存していたことが有難い。ケルン放送響は現在に至るまで、ドイツで屈指の優秀な放送オーケストラだ。プログラムはミュンシュお馴染みの曲ばかりだが、「フルーティスト」を意識的に重用した曲目となっている。そのフルーティストは、ハンス・ユルゲン・メーリング。ケルン放送響の首席フルートを長く務めた名手である。ジャケットには辻修氏による来日時の写真を使用!(ライナー・ノートより)
※英語、日本語、ドイツ語によるライナーノート付

WEITBLICKレーベル・カタログ

(ミッテンヴァルト)
モダニスト大澤壽人の傑作CD化! 清瀬、助川、宮澤のメロディーに心躍る!
「和」チェロ第3集 ~ソナタ作品集~

mittenミッテンヴァルト・レーベル(日本)

モダニスト大澤の傑作CD化!
清瀬、助川、宮澤のメロディーに心躍る!
「和」チェロ第3集 ~ソナタ作品集~
MTWD 99059 \3,000 + 税
mtwd99059「和」チェロ第3集 ~ソナタ作品集~
①大澤壽人(明治39年-昭和28年):チェロとピアノのためのソナタ ト長調(1932)
第1楽章 Allegro moderato[9:08]
第2楽章 Andante affettuoso Impressionistic[4:39]
第3楽章 Recitative moderato[2:39]
第4楽章 Allegro moderato[5:29]
②宮澤健一(昭和4年~平成19年):初恋 [2:52]
③助川敏弥(昭和5年~平成27年):子守唄(1941)[5:49]
④清瀬保二(明治33年~昭和56年):チェロ奏鳴曲(1960)
第1楽章 Allegro moderato[8:07]/
第2楽章 Molt lento[9:13]/
第3楽章 Allegro[6:24]
<以下ボーナス・トラック>
⑤J.C.バルトレット(1850-1929):夢(採譜・編曲:安部幸明)[2:21]

山下泰資(チェロ)
佐藤 彩(ピアノ)
録音:2012年7月11・12日、秩父ミューズパーク音楽堂 TT[57:14] (さらに…)

(GENUINレーベル)
①絶好調ジャーマン・ホルン・サウンドの新譜!男声アンサンブルとの共演!
②元ベルリン・フィルのトーマス・クラモー率いる ヨーロピアン・ブラス・アンサンブル・デビュー!
③アサセッロ四重奏団のシェーンベルク:弦楽四重奏全集! 他新譜10タイトル

genuinGENUINレーベル(ドイツ)

絶好調ジャーマン・ホルン・サウンドの新譜!
男声アンサンブルとの共演!
GEN 16434
gen16434「森、ホルン、歌曲」~男声アンサンブルとホルンのための音楽
アウグスト・ホルン(1825-1893):森の歌Op.26
ロベルト・シューマン(1810-1856):男声合唱とホルン四重奏のための“狩りの歌”
コンスタンチン・ホミリウス(1840-1918?):ホルン四重奏曲Op.38
カール・ゴルトマルク(1830-1915):静かな海と楽しい航海Op.16
フェルディナンド・フンメル(1855-1928):森の中の散歩Op.48
フランツ・シューベルト(1797-1828):4つの歌曲Op.17 D983
フランツ・シューベルト:森の夜の歌D913
カール・シュタインハウザー(1852-1934):森の孤独Op.32

アンサンブル・アマルコルド:
【ヴォルフラム・ラクテ(T)、ロベルト・ポーラース(T)、フランク・オツィメク(Br)、
 ダニエル・クナウフト(B)、ホルガー・クラウゼ(B)】
ジャーマン・ホルン・サウンド:
【クリストフ・エス(Hr)、ゼバスティアン・ショル(Hr)、
 シュテファン・ショットシュテット(Hr)、ティモ・シュタイニンガー(Hr)】
録音:2015年10月、67’52 (さらに…)

(東武レコーディングズ)
シモン・ゴールドベルク生涯最後の演奏会!水戸室内管弦楽団とのライヴ録音!
バッハ:管弦楽組曲第2番(ソリスト:工藤重典)/モーツァルト:交響曲第40番/
ヒンデミット:5つの小品/ハイドン:交響曲第82番「熊」

toburecordings - コピー東武レコーディングズ(日本)

レコード芸術2016年10月号準特選!
シモン・ゴールドベルク生涯最後の演奏会!
水戸室内管弦楽団とのライヴ録音!
TBRCD 0048/49(2CD)定価:¥4,200+税
tbrcd0048「シモン・ゴールドベルク・ラスト・コンサート」
①バッハ:管弦楽組曲第2番ロ短調BWV1067
②モーツァルト:交響曲第40番ト短調K.550
③ヒンデミット:弦楽のための5つの小品Op.44-4(器楽合奏のための学校用作品Op.44より)、
④ハイドン:交響曲第82番ハ長調「熊」
⑤(アンコール)ハイドン:交響曲第82番「熊」より終楽章
演奏タイム:
①[7:10][1:36][1:59][2:06][3:19][1:17][1:21]/
②[8:17][7:56][4:07][6:51]/③[2:02][1:45][1:45][2:59][3:26]/
④[8:12][7:06][4:13][5:27]/⑤[3:56]

シモン・ゴールドベルク(指揮)水戸室内管弦楽団
①工藤重典(フルート)
録音:1993年4月11日、水戸芸術館コンサートホールATM (さらに…)

(OTAKEN RECORDS)
①オタケン・リマスターで格段に良くなった! フルトヴェングラー復帰初日の「運命」&「田園」
②名手辻井淳が率いるマイ・ハート弦楽四重奏団結成20年記念CD 「死と乙女&ラヴェル」最新録音!

otakenOTAKEN RECORDS

オタケン・リマスターで格段に良くなった!
フルトヴェングラー復帰初日の「運命」&「田園」
TKC-365(オープン価格)
tkc365ベートーヴェン:
交響曲第5番ハ短調Op.67「運命」
交響曲第6番ヘ長調Op.68「田園」

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1947年5月25日ベルリン、ティタニア・パラスト,モノラル(ライブ)
※レコーディングにおいて、完成度はともかく、鮮度に関しては、2回目以降のテイクが、初回録りを上回ることが、ついになかったということは、よくある話しです。同様のことが、フルトヴェングラーの戦後復帰初日と3日目の「運命」にも言えます。 (さらに…)

(DORONレーベル)
珍品!無伴奏チェロによるリストのピアノ・ソナタ!

doronDORONレーベル(スイス)

珍品!無伴奏チェロによるリストのピアノ・ソナタ!
DRC 3074
drc3074「チェロ独奏のための編曲集(編曲:ヨハン・セバスチャン・ペイチ)」
①フランツ・リスト:ピアノ・ソナタ ロ短調(無伴奏チェロ版)
②J.S.バッハ:トッカータとフーガ ニ短調BWV565
③J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番BWV1004から「シャコンヌ」
④J.S.バッハ:半音階的幻想曲とフーガ ニ短調BWV903

ヨハン・セバスチャン・ペイチ(チェロ)
録音:2014年8月[68:18] (さらに…)

(ODRADEKレーベル)
①祝!リオ・オリンピック開催記念!ブラジルのピアノ・ソナタ集
②スペイン期待の若手ネグリンによる母国の大作曲家珠玉の名作!
③ヒンデミット、シュールホフ、デニソフetc 硬派なサックス作品集

odradekODRADEK RECORDSレーベル(アメリカ)

祝!リオ・オリンピック開催記念!ブラジルのピアノ・ソナタ集
ジャズ・ピアニストとして著名なアンドレ・メマーリ作品も収録!
ODRCD 332 ※日本語解説つき
odrcd332「ソナタ・ブラジレイラ」
アンドレ・メマーリ(b.1977):ピアノ・ソナタ イ長調(2011)~アントニオ・ヴァズ・レメスに捧げる
カルマルーゴ・グアルニエリ(1907-1993):ピアノ・ソナタ(1972)~ライス・デ・スーザ・ブラジルに捧げる
マルセロ・アマゾナス(b.1973):ソナチネ(2011)~フランシス・プーランクを讃えて
E.ヴィラーニ・コルテス(b.1930):ピアノ・ソナタ第1番ハ長調(1994)~孫のレナートとジョヴァンニに捧げる

アントニオ・ヴァズ・レメス(Pf)
録音:2012年2月3-6日パリ Total time:[58:03] (さらに…)

(GALLOレーベル)
①「のどじまんTHEワールド!2016春」にも出演したアルメニア・リトル・シンガーズによる美しいブリテン作品集
②イタリアの名クラリネット奏者マジストレッリによる 18~19世紀の知られざるクラリネット・ソナタ集

gallo.daiGALLOレーベル(スイス)

「のどじまんTHEワールド!2016春」にも出演した
アルメニア・リトル・シンガーズによる美しいブリテン作品集
GALLO 1452
gallo1452「ベンジャミン・ブリテン:児童合唱のための作品集」
①キャロルの祭典[22:35]
②ミサ・ブレヴィス[11:53]
③高声のための3つの聖歌[6:07]
④2声のパート・ソング[9:07]
⑤金曜日の午後[21:42]

ティグラン・ヘケキャン(芸術監督&指揮)
アルメニア・リトル・シンガーズ
①ヤナ・ホヴァニシヤン(Hrp)
②アンナ・バクンツ(Org)
③マリーネ・マルガリヤン(Pf)
録音:2015年、71’24 (さらに…)