[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

(POLYMNIEレーベル)
①ヴィブラフォンとマリンバにおるラプソディ・イン・ブルーや月の光!
②オーボエによるメンデルスゾーンの無言歌集! ③名手たちによるテレマンの室内楽曲集!
 他新譜7タイトル

(POLYMNIEレーベル)
①ヴィブラフォンとマリンバにおるラプソディ・イン・ブルーや月の光!
②オーボエによるメンデルスゾーンの無言歌集! ③名手たちによるテレマンの室内楽曲集!
 他新譜7タイトル

POLYMNIEレーベル(フランス)

これはユニークなサウンド!
ヴィブラフォンとマリンバにおるラプソディ・イン・ブルーや月の光!
POL 210372
「ヴィブラフォンとマリンバ」
シャブリエ:気まぐれなブーレ/
ラヴェル:パヴァーヌ/
バッハ:フランス組曲第1番/
メンデルスゾーン:フーガ第5番/
ドビュッシー:ベルガマスク組曲(前奏曲/メヌエット/月の光/パスピエ)/
ガーシュイン:ラプソディ・イン・ブルー

ペルキュ・デュオ:

【フィリップ・リモージュ(ヴィブラフォン)、ダミアン・プティジャン(マリンバ)】
録音:2009年12月 フランス,オーブ県,トロワ、DDD、58’42 

※すべてヴィブラフォンとマリンバの二重奏による演奏。二つの楽器の個性の違いが融合して独自の世界を作っている。聞きものはガーシュインのラプソディ・イン・ブルー。編曲も演奏も曲の性格にピッタリ合っていて面白い。フィリップ・リモージュとダミアン・プティジャンは共にパリ音楽院でジャック・ドゥレクリューズに学んだ打楽器奏者。

クリスティアン・モンドズら名手たちによるテレマンの室内楽曲集!
POL 502119
「テレマン:室内楽作品集」
3声のソナタ ニ短調/
三重奏曲 ヘ長調/
ソナタ ハ長調/
幻想曲第12番/
ソナタ ト長調
トリオソナタ 変ロ長調/
トリオソナタ イ短調/

クリスティアン・モンドズ(アルト・リコーダー)
ファブリツィオ・チプリアーノ(ヴァイオリン)
フィリップ・フロン(バリトン)
キャロル・パレ(クラヴサン)
ジャン=ミシェル・ロベール(ギター,テオルボ)
録音:2014年11月ヴァール県,シーニュ、52’15
※名手たちによるテレマンの室内楽曲集。クリスティアン・モンドズ(メンドズ、メンドーズとも)は南フランス出身のリコーダー奏者。元々はバレエダンサーだったのだが、リコーダー奏者に転向。1981年にムジカ・アンティクワ(・プロヴァンス)を創設、30年以上渡って精力的に活動している。このCDには、長年の盟友ジャン=ミシェル・ロベールと、もう少し若い世代のファブリツィオ・チプリアーノやキャロル・パレなどが参加している。ドイツ、オランダ、ベルギーあたりのテレマン演奏と比べて明るく開放的な演奏が魅力的。
なおCDにはTWVなどの分類番号が付けられていない。

名手ダヴィド・ワルターによるオーボエによるメンデルスゾーンの無言歌集!
POL 170633
「オーボエによるメンデルスゾーン:無言歌集」
無言歌 変ホ長調 Op.38-1/無言歌 ハ短調 Op.38-2/
無言歌 ホ長調 Op.38-3/無言歌 イ長調 Op.38-4/
無言歌 イ短調 Op.38-5/無言歌 変イ長調 Op.38-6/
無言歌 変ホ長調 Op.30-1/無言歌 変ロ短調 Op.30-2/
無言歌 ホ長調 Op.30-3/無言歌 ロ短調 Op.30-4/
無言歌 嬰ヘ短調 Op.30-6/無言歌 変イ長調 Op.53-1/
無言歌 変ホ長調 Op.53-2/無言歌 ト短調 Op.53-3/
無言歌 ヘ長調 Op.53-4/無言歌 イ短調 Op.53-5/
無言歌 イ長調 Op.53-6/無言歌 ホ長調 Op.19b-1/
無言歌 イ短調 Op.19b-2/無言歌 イ長調 Op.19b-4/
無言歌 ト長調 Op.62-1/無言歌 変ロ長調 Op.62-2/
無言歌 イ短調 Op.62-5/無言歌 イ長調 Op.62-6/
無言歌 ホ短調 Op.102-1/無言歌 ニ長調 Op.102-2/
無言歌 ハ長調 Op.102-3/無言歌 ト短調 Op.102-4/
無言歌 イ長調 Op.102-5/無言歌 変ホ長調 Op.67-1/
無言歌 嬰ヘ短調 Op.67-2/無言歌 ハ長調 Op.67-4

ダヴィド・ワルター(オーボエ,コール・アングレ,オーボエ・ダモーレ)
クレール・デセール(ピアノ)
録音:2005年3月 パリ、DDD、71’30
※メンデルスゾーンの無言歌をオーボエなどを用いて演奏している。すべてオーボエ奏者のダヴィド・ワルテ(ワルター)の編曲。元々無言歌と名付けられているように旋律が歌っており、それをオーボエなどで演奏することで主旋律がくっきりと浮かび上がっている。
ダヴィド・ワルテ(ワルター)は1958年、パリの生まれ。オーボエ奏者としてだけでなく指揮者としても活動している。

※その他POLYMNIEレーベル新譜
POL 106111
「ドメニコ・スカルラッティ:20のソナタ」
ソナタ 変ロ長調 K441/ソナタ ホ長調 K162/
ソナタ ト長調 K13/ソナタ ホ長調 K531/
ソナタ ホ長調 K381/ソナタ 変ホ長調 K371/
ソナタ ニ短調 K1/ソナタ イ短調 K532/
ソナタ ホ長調 K232/ソナタ ト長調 K455/
ソナタ ロ短調 K27/ソナタ イ長調 K208/
ソナタ ト長調 K427/ソナタ イ長調 K322/
ソナタ ト長調 K125/ソナタ ニ短調 K32/
ソナタ イ長調 K113/ソナタ 嬰ヘ短調 K25/
ソナタ ハ長調 K420/ソナタ ヘ長調 K432

ヴェロニク・ボンヌカーズ(ピアノ)
録音:2015年2月 フランス,ランド県,ビスカロス、DDD、73’31
※ドメニコ・スカルラッティのソナタ集。ヴェロニク・ボンヌカーズ(Véronique Bonnecaze)はボルドー音楽院を修了後、ジュリアード音楽院で学んだピアニスト。サラサラとした淀みのない、爽やかなスカルラッティを演奏している。

POL 112122
ブラームス:
ワルツ集 Op.39(全16曲)
2台のピアノのためのソナタ ヘ短調 Op.34b

デュオ・アンドラニアン:
【シャンタル・アンドラニアン(ピアノ)
ジゼル・アンドラニアン(ピアノ)】
録音:2016年3月 イヴリー=シュル=セーヌDDD、63’14
※ブラームスの2台ピアノのための作品のうちワルツ集と大曲、ソナタ ヘ短調を収録。デュオ・アンドラニアンはシャンタルとジゼルのアンドラニアン姉妹によるピアノ・デュオ。ピタリと呼吸の合った演奏は近い身内ならではのもの。

POL 151167
「ボンヌカーズ~ショパン:ピアノ作品集」
ピアノ・ソナタ第3番 ロ短調 Op.58/
3つのマズルカ Op.63(ロ長調 Op.63-1/ヘ短調 Op.63-2/嬰ハ短調 Op.63-3)/
演奏会用アレグロ イ長調 Op.46/
前奏曲 嬰ハ短調 Op.45/
タランテラ 変イ長調 Op.43/

幻想曲 ヘ短調 Op.49/
3つのエコセーズ Op.72-3

ヴェロニク・ボンヌカーズ(ピアノ)
録音:2009年10月 イヴリー=シュル=セーヌ、DDD、75’28
※フランスのピアニスト、ヴェロニク・ボンヌカーズによるショパン集。ボンヌカーズはショパンを敬愛しその作品を得意としており、知性的で明晰で意志の強さを感じさつつあくまで洗練された演奏を繰り広げている。

POL 152092
シューベルト:
楽興の時 D780,Op.94
ピアノ・ソナタ第21番 変ロ長調 D960

ドゥニ・パスカル(ピアノ)
2012年4月 イヴリー=シュル=セーヌ、DDD、74’23
※フランスのピアニスト、ドゥニ・パスカルの弾くシューベルト。ドゥニ・パスカルは1961年生まれ。フランソワ=グザヴィエ・ロト指揮レ・シエクルと共演したショパンのピアノ協奏曲が好評を得ています。
幅広く活躍しているが、特にシューベルトには思い入れがあるようで、好んで取り上げている。ここでもジワッと広がる味わい深い演奏で、長大な変ロ長調ソナタも見事な演奏だ。

POLYMNIEレーベル・カタログ

« »