[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

(BRIDGEレーベル)
2018年はバーンスタイン生誕100周年!ピアノ作品全集!日本語解説付き!
 他、新譜2タイトル

(BRIDGEレーベル)
2018年はバーンスタイン生誕100周年!ピアノ作品全集!日本語解説付き!
 他、新譜2タイトル

BRIDGEレーベル(アメリカ)

レコード芸術2017年10月号特選!
2018年はバーンスタイン生誕100周年!ピアノ作品全集!日本語解説付き!
BCD 9485(2CD)
レナード・バーンスタイン(1918-90):ピアノ作品全集
Disc1
●7つのアニヴァーサリー (1943)/
●4つのアニヴァーサリー(1948)
●5つのアニヴァーサリー(1951)/
●13のアニヴァーサリー(1988)
Disc2
●タッチズーコラールと8つの変奏曲とコーダ(1980)/
●ピアノのためのソナタ(1938)/
●ノン・プレスト・トロッポ(1937)/
●踊りのための音楽第2番(1938)/
●4人のイスラエル人(1950年代)
●エル・サロン・メヒコ(コープランド作曲,バーンスタインによるピアノ編)(1939)/
●ブライダル組曲(1960)

アンドリュー・クーパーストック(ピアノ)
録音:2015年8月23-25日,10月16日、コロラド大学グルーシン・ホール,ボールダー
DDD、1:44:22
※日本語解説付き ※薄型紙ジャケ2枚組

※2018年、バーンスタインは生誕100周年を迎えます。それに合わせて、《ウェストサイド・ストーリー》だけではない、作曲家としてのバーンスタインもクローズアップされています。彼のピアノ作品をすべて収めたこのディスクもその一つ。コロラド大学鍵盤楽器学部長を務め、アメリカ音楽に定評のあるアンドリュー・クーパーストックの演奏です。
19歳で書いた《ノン・プレスト・トロッポ》、20歳のソナタから、死の2年前の作品まで収録しています。なかには、西欧の現代曲を思わせる無調の旋律を提示し、それがジャズ風に変奏されるような、バーンスタインならではの縦横無尽な才気が感じられる作品も。また、彼のピアノ作品の中心となる《アニヴァーサリー》シリーズも全曲収録。親しい友人に向けて、あるいは家族の記念日のために書かれたインティメイトな小品集です。最晩年の《13のアニヴァーサリー》では、亡くなった人たちへの思いが切々と歌われています。

※その他BRIDGEレーベル新譜
BCD 9489
「グレゴリー・マートル(b.1969)作品集」
①アフターグロウ・オブ・ア・キス(2000)
②皇后(1998)
③ピアノ協奏曲(2008-2010)
Time 7:02/12:22/42:50

クレイグ・カーチホフ(指揮)
ミネソタ大学ウィンド・アンサンブル
①イマヌエル・デイヴィス(Fl)
③ソルンガ・リウ(Pf)
録音:①2012年2月10、11日 ②2013年5月2、3日 ③2012年4月2-4日, 62:15
※グレゴリー・マーテルはイエール大学、イーストマン音楽院で学んだ後、タングルウッド・コンポーザー・フェローシップを得てディティーユ、マウリツィオ・カーゲルにも師事している。作風はアメリカの作曲家にありがちなハリウッド調に派手に鳴らしまくる軽薄なエンターテイメント系とは無縁。ラテン的な色彩的で内省的な表現から聴こえるヨーロッパ的な深い知性に短期間師事したディティーユの影響が感じられる。楽しい鳥のさえずりを思わせるフルートに精妙なアンサンブルが絡む美しい「アフター・グロウ・オブ・ア・キス」、ピアノとウィンド・アンサンブルが火花を散らしあうピアノ協奏曲は聴きごたえ充分。

BRIDGEレーベル・カタログ

« »