[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

(NMCレーベル)
①ヒリヤード・アンサンブル最新録音! ジョン・カスケン(b.1949)作品集
中世ルネサンス、ノートルダム楽派と現代の鮮烈な出会い!
②ウィーン出身イギリスの作曲家エリカ・フォックス(b.1936)作品集

(NMCレーベル)
①ヒリヤード・アンサンブル最新録音! ジョン・カスケン(b.1949)作品集
中世ルネサンス、ノートルダム楽派と現代の鮮烈な出会い!
②ウィーン出身イギリスの作曲家エリカ・フォックス(b.1936)作品集

NMCレーベル(イギリス)

ヒリヤード・アンサンブル最新録音!
中世ルネサンス、ノートルダム楽派と現代の鮮烈な出会い!
NMC D245
「The Dream of the Rood(十字架の夢)」
~ジョン・カスケン(b.1949)作品集
作者不詳(中世):古き法は廃れ
作者不詳(中世):敵意をあおりたてると
作者不詳(中世):神は慈悲
ペロティヌス(12世紀末~13世紀)/ジョン・カスケン編:地上のすべての国々は
ジョン・カスケン:「十字架の夢」

ヒリヤード・アンサンブル
クラーク・ルンデル(指揮)
ASKOシェーンベルク・アンサンブル
録音:2014年10月[50:30] 

※中世ルネサンスの宗教曲と現代イギリスの作曲家ジョン・カスケンの作品をカップリングしたユニークな内容。いずれもヒリヤード・アンサンブルが関わっている。作者不詳の宗教曲はオリジナルの形で、そしてペロティヌスの有名な「地上のすべての国々は」はカスケンにより声楽と室内アンサンブルのために編曲、リコンポーズされた新鮮な作品に生まれ変わっており、一聴に値する。カスケンの新作「十字架の夢」は8世紀頃に書かれた古い詩をテキストとしており、室内アンサンブルのモダンな響きとヒリヤード・アンサンブルの雅な響きが融合しミステリアスな空間を作り出す。

ウィーン出身イギリスの作曲家エリカ・フォックス作品集
NMC D254
「道筋」~エリカ・フォックス(b.1936)作品集
①「葬列が歩む道」
②「クアジ・ウナ・カデンツァ」
③「サンミケーレのストラヴィンスキーの墓を訪問して」
④「憂鬱な民兵」
⑤「カフェ・ワルシャワ1944」

①②④⑤ゴールドフィールド・アンサンブル
③リチャード・アットリー(Pf)
録音:2018年11月 [76:32]
※エリカ・フォックスはウィーン出身で後にイギリスの帰化、ハリソン・バートウィスルらに作曲を師事、舞台作品から室内楽まで幅広い作品を発表している。表現主義的な厳しい作風の中に硬質で清新な抒情が感じられる音楽。

NMCレーベル・カタログ

« »