[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

(リトアニア国立交響楽団自主制作レーベル)
リンキャヴィチウスの味わい深いマーラー第3弾!

(リトアニア国立交響楽団自主制作レーベル)
リンキャヴィチウスの味わい深いマーラー第3弾!

リトアニア国立交響楽団自主制作レーベル(リトアニア)

リンキャヴィチウスの味わい深いマーラー第3弾!

LVSO-M05
lvsom05マーラー:交響曲第5番嬰ハ短調

ギンタラス・リンキャヴィチウス(指揮)
リトアニア国立交響楽団

録音:2005年10月1日ヴィリニュス・コンサート・コングレス・ホール(ライヴ)
※リンキャヴィチウスとリトアニア国立交響楽団によるマーラー交響曲全集チクルス第3弾の登場です。既に第1番から4番までがリリースされており、地方オケらしい素朴さと独特な音色、指揮者の真摯な取り組みが一部のファンの間で支持されていますが、今回はいよいよ中期の純器楽による傑作群のリリースです。さて第5の冒頭のトランペット・ソロはじっくりと間をとり荘重な雰囲気が増幅、その後の弦楽による第1主題の入り方、歌わせ方にも独特のセンスが感じられます。オーケストラにライヴ特有の細かなミスが見られるものの、テンポのとり方、複雑なパートのどこに焦点を当てるかなど(え?そこにフォーカスするの!?といった発見が多々あり)のセンスに他の指揮者にはない、非凡さが楽しめること請け合い。このリンキャヴィチウスという指揮者、ただ者ではありません。

LVSO-M06(2CD)
lvsom06マーラー:
歌曲集《さすらう若人の歌》
歌曲集《亡き子を偲ぶ歌》
交響曲第6番イ短調

ギンタラス・リンキャヴィチウス(指揮)
リトアニア国立交響楽団
ダグマル・ペツコヴァ(MS)

録音:2005年12月16日ヴィリニュス・コンサート・コングレス・ホール(ライヴ)
※マーラーの最高傑作との呼び声高い第6番と歌曲集のカップリングです。歌曲でソロを歌うダグマル・ペツコヴァはワーナーのケント・ナガノのマーラーの第3番でもソロを務めています。さて第6番は冒頭より早めのテンポをとり、各セクションのディナーミクのつけ方もくっきりとコントラストがあり、さながらギリシャ彫刻のような彫りの深い凛とした佇まいを見せます。第3楽章のリリシズムも雰囲気満点でホルンの妙技も聴き所。オーケストラはライヴ特有の細かなミスはあるものの、おそらく編集なしの一発録りと思われ、時々クラリネットのペケッ!という音などはご愛嬌。なお一部トラックに一瞬クロストークがあります。予めご了承下さい。

lithuanianリトアニア国立交響楽団レーベル・カタログ

« »