[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

(OTAKEN RECORDS)
オタケン復刻で真価を問う ワルター&コロンビア響とのマーラー&ブルックナー9番!

(OTAKEN RECORDS)
オタケン復刻で真価を問う ワルター&コロンビア響とのマーラー&ブルックナー9番!

OTAKEN RECORDS(日本)

オタケン復刻で真価を問う
ワルター&コロンビア響とのマーラー&ブルックナー9番!
TKC-359(2CD)※オープン価格
tkc359①マーラー:交響曲第9番 ニ長調
②ブルックナー:交響曲第9番 ニ短調
CD1)マーラー:交響曲第9番(第1楽章~第3楽章)
CD2)マーラー:交響曲第9番(第4楽章)、ブルックナー:交響曲第9番(全曲)

ブルーノ・ワルター(指揮)コロンビア交響楽団
録音:①1961年1月,2月(マーラー),②1959年11月(ブルックナー)
原盤:①米コロムビア M2S 676、②米コロムビア MS-6171

※ワルターのマラ9と言えば、大戦前夜のウィーン・フィルとの録音を挙げる方が多いのではないでしょうか?かく言う小生もその一人でした。ところが、今回、コロンビア響との米オリジナル盤の非売品見本盤を復刻するにあたり、その認識が一変しました。そもそもコロンビア響とのマラ9は、今回併録のコロンビア響とのブル9ともども、ワルターお気に入りの録音で、当時ベルリン・フィルの総支配人であったシュトレーゼマンが、晩年のワルターの家を訪ねた時、ワルターが掛けたレコードが、この2作であったと言われるほどです。ところが既出盤では、演奏の真価が発揮されておらず、特にマラ9のコロンビア響との録音は、「オケの非力さとも相まって、微温的。」などと評されたものでした。小生もそのように感じていただけに、今回の復刻結果には、正直驚きです。ワルターご自慢の演奏であることはもちろん、同時期に録音されたコロンビア響との「巨人」の名演に匹敵する演奏であることが、今回判明したと言えるのではないでしょうか?以前、気になったオケの厚み、迫力も申し分なく、何より、ワルターのマーラーの内奥にえぐり込んで行く気迫に圧倒されます。是非ご一聴くださいませ。但し今回は、非売品見本盤とは言え、レコード固有の極小プチノイズが有り、オリジナルを生かす為にあえてそれを残しておりますことを、ご了承くださいませ。
(オタケンレコード  太田憲志)

otakenOTAKEN RECORDSカタログ

« »