[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

LONDON SINFONIETTA(イギリス)
品 番内容演奏家
SINFCD1-2004

         
「スナップ・ショット/オリヴァー・ナッセン50歳記念トリビュート」
●ルイ・アンドリーセン:とても鋭いトランペット・ソナタ
●チャールズ・ウォーリネン:フィフティ・フィフティ
●アレクサンダー・ゲール:オリーのためのたった2つの音
●デトレフ・グラナート:踊る風景
●エリオット・カーター:Au Quai
●ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ:岸辺のオリー
●オーガスタ・リード・トーマス:夜の最初の光を点けよ
●ロバート・ズイダム:私はフーガは問題外だと思う
●コリン・マシューズ:Flourish,with fireflie
●ジュリアン・アンダーソン:パッカサリア風に
●マーク=アンソニー・タネジ:スナップ・ショット
●ジョージ・ベンジャミン:オリカントゥス
●マグヌス・リンドベルイ:ブボ・ブボ
ジョージ・ベンジャミン(指揮)
ロンドン・シンフォニエッタ
ロルフ・ハインド(Pf)
ニコラス・ホッジス(Pf)
録音:2002年6月~10月
41分41秒
SINFCD1-2006
「The Jerwood Series Ⅰ」
①タンシー・デイヴィス(1973):ネオン
②スチュアート・マックレイ(1976):対話
ロンドン・シンフォニエッタ
①デヴィッド・ポーセリン(指揮)
②HK.グルーバー(指揮)
②ジョン・ウォレス(Trp)
録音:①2005年②2003年 31:53
SINFCD2-2006
(廃盤)
The Jerwood Series 2
①モーガン・ヘイエス:ダーク・ルーム
②ジョニー・グリーンウッド:スミア
③藤倉大:5番目の駅
マーティン・ブラビンス(指揮)
ロンドン・シンフォニエッタ
①マーク・ヴァン・デ・ウィール(Cl)
②ヴァレリー・ハルトマン=クラヴェリー&ブルーノ・ペロー(オンド・マルトノ)
③ルイーズ・ホプキンス(Vc)
SINFCD3-2006
武満徹:
①グリーン(1967)
②アーク(弧) 第1部/第2部(1963-66/76) (英国初演)
ロルフ・ハインド(Pf)
オリヴァー・ナッセン(指揮)
ロンドン・シンフォニエッタ
録音:1998年10月28日、33分57秒
SINFCD4-2006
チャールズ・ウォリネン(1938b):
①キクロプス2000~20人のプレーヤーのための
②イゴール・ストラヴィンスキーのための聖遺物箱
オリヴァー・ナッセン(指揮)
ロンドン・シンフォニエッタ
録音:②1994/①2001年
SINFCD1-2007
The jerwood Series 3
①ジョナサン・コール:遺言(テスタメント)
②ベン・フォスケット:ヴァイオリン協奏曲
③ルーク・ベッドフォード:黄金は冒険の中に全てを見出す
オリヴァー・ナッセン(指揮)
ロンドン・シンフォニエッタ
①クリオ・グールド(Vn)
②クレア・ブース(ソプラノ)
SINFCD1-2008
The jerwood Series 4
①ウィリアム・アトウッド(1972b):タワーの上で
②ジョアンナ・ベイリー(1973b):5つの有名なアダージョ
③リチャード・コーストン(1971b):スリープ
④リチャード・コーストン:フェニックス
ニコラス・コク(指揮)
ロンドン・シンフォニエッタ
③セバスティアン・ベル(Fl)
録音:2005/2007年
SINFCD1-2009
The jerwood Series 5
「現代イギリス新世代の作曲家たち」
①イアン・ヴァイン:オクレ・オスクロ
②エミリー・ホール:空間について考えろ
③アンナ・メレディス:アックスマン
④アンナ・メレディス:フラック
①②④ロンドン・シンフォニエッタ
①リチャード・ベーカー(指揮)
②ニコラス・コク(指揮)
④ライアン・ウィグルスワース(指揮)
③ジョン・オーフォード(Fg)
録音:2005-2008年、ライヴ
SINFCD2-2009
The Jerwood Series 6
①ジェームズ・オルセン(b.1982):カメレオン協奏曲
②クリスティアン・メイソン(b.1984):からみあった時間の中で、結びとめられた空間で
③ラリー・ゴーヴズ(b.1980):春の時
④クラウディア・モリター(b.1974):無題40[デスク・ライフ]
⑤ケネス・ヘスケス(b.1968):記録の詳細
ロンドン・シンフォニエッタ
①デヴィッド・ポルセリーン(指揮)
②バルダー・ブロンニマン(指揮)
③オリヴァー・ナッセン(指揮)
①C.グールド(Vn)、R.ハインド(Pf)
③J.フレーザー(Sop)
録音:2005-2008年