[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

(ラ・ヴォーチェ京都レーベル)※新規取り扱いレーベル
メジューエワ初のアナログ盤!「京都リサイタル2016」LPで発売!

(ラ・ヴォーチェ京都レーベル)※新規取り扱いレーベル
メジューエワ初のアナログ盤!「京都リサイタル2016」LPで発売!

ラ・ヴォーチェ京都レーベル(日本)
新規取り扱いレーベル・アナログLP盤のご案内です。

メジューエワ初のアナログ盤!ほぼ同内容のCDは「レコ芸特選盤」
CD未収録の「ノクターン(遺作)」を含むヴィンテージ楽器の輝かしいサウンドを最大限に伝える優秀録音
イリーナ・メジューエワ「京都リサイタル2016」LPで発売!
AMT-1003 (オープン価格)
京都リサイタル2016~ショパン・プログラム
ショパン:
幻想即興曲 Op.66
アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ Op.22
スケルツォ第3番 嬰ハ短調 Op.39
ピアノ・ソナタ第3番 ロ短調 Op.58
ノクターン 嬰ハ短調(遺作)

イリーナ・メジューエワ(ピアノ)
(使用楽器:1925年製ニューヨーク・スタインウェイ CD135)
録音:2016年9月29日、京都コンサートホール〈アンサンブルホールムラタ〉におけるライヴ録音,
96kHz & 24-Bit Digital Recording, Lisensed by若林工房 

 
※メジューエワ初のアナログ盤。ほぼ同内容のCD(若林工房:WKLC-7022)は「レコ芸特選盤」、CD未収録の「ノクターン(遺作)」を含むヴィンテージ楽器の輝かしいサウンドを最大限に伝える優秀録音。
※メジューエワによる恒例の京都リサイタル・シリーズ、2016年は得意とするオール・ショパン・プログラム。いずれもホール・セッション録音の存在するレパートリーですが、ライヴでのテンションの高さと燃焼度はやはり格別。まさに「一期一会」と呼ぶにふさわしい演奏が展開されています。確信に満ちた解釈を名器ヴィンテージ・スタインウェイ(1925年ニューヨーク製、CD135)による輝かしいサウンドでお楽しみください。
※ラ・ヴォーチェ京都の営業を始めまして30周年のこの年に、京都在住のピアニスト、イリーナ・メジューエワさんと共にこの素敵な企画に参加させていただく事になり、大変うれしく感謝の気持ちでいっぱいです。イリーナさんの繊細かつダイナミックなピアノ演奏を、存在感あるLPレコードの音で聴ける楽しみは如何ばかりか…!!皆さまとこの喜びを分かち合えると確信しています。
(ラ・ヴォーチェ京都・店主、2017年3月)
※この度、日本コンサートデビュー20周年という節目の年に、創立30周年を迎えたラ・ヴォーチェ京都さんのご助力を得て、「京都リサイタル2016」のアナログ・レコードをリリースできることを心より嬉しく思います。LPレコードで自分の録音を聞くという長年の夢が、ようやく実現することになりました。企画実現のためにご協力いただいた方々、このレコードを手に取ってくださる方々全員に感謝の気持ちを捧げたいと思います。
(イリーナ・メジューエワ、2017年3月)

« »