[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

(ZKPスロヴェニア放送レーベル)
幻のヴァイオリニスト デヤン・ブラヴニチャルの芸術一挙5タイトル発売!

(ZKPスロヴェニア放送レーベル)
幻のヴァイオリニスト デヤン・ブラヴニチャルの芸術一挙5タイトル発売!

ZKPスロヴェニア放送レーベル(スロヴェニア)

幻のヴァイオリニスト
デヤン・ブラヴニチャルの芸術一挙5タイトル発売!
20世紀後半のスロヴェニアを代表するヴァイオリニスト、デヤン・ブラヴニチャル(Dejan Bravničar, 1937―)の録音がRTV SLOから一挙にCD5枚で登場。デヤン・ブラヴニチャルはリュブリャナで学んだ後、モスクワのチャイコフスキー音楽院に留学しダヴィド・オイストラフに学んでいる。その後国際的に活躍したが、これまで録音がCDで出回った形跡はなく、今回の5CDは貴重なものばかり。ブラヴニチャルのヴァイオリンは、質の良く柔らかい美音が特徴で、しかしそれをひけらかすようなことはせず、じっくり丁寧に音楽を紡いでいく。結果、穏やかでじんわり味わいが広がるような演奏が多い。おそらくいずれも放送録音を元にしており、放送用のスタジオ録音と思われる。音質はまちまちだが、特記しているものを除いてすべてステレオ録音。

ZKP 114700
①チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.35
②バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第2番 Sz.112

デヤン・ブラヴニチャル(Vn)
①サモ・フバド(指揮)リュブリャナ放送響
②ボゴ・レスコヴィチ(指揮)スロヴェニア・フィルハーモニー管弦楽団
録音①1966年9月21日、②1978年 全てステレオ、76’04

※デヤン・ブラヴニチャル集の第1集。チャイコフスキーはまだ20代の頃の若々しい演奏。オイストラフ直伝の演奏といえるが、既にブラヴニチャルの個性は良く出ている。バルトークは40代に入ってからの充実した演奏。スロヴェニアはハンガリーの隣国で、バルトークの人気も高い。

ZKP 114717
①ラロ:スペイン交響曲 ニ短調 Op.21
②シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 Op.47
③ラヴェル:ツィガーヌ

デヤン・ブラヴニチャル(Vn)
①ウロシュ・ラヨヴィッチ(指揮)スロヴェニア・フィル
②③サモ・フバド(指揮)リュブリャナ放送交響楽団
録音:①1980年、②1980年(ライヴ録音)、全てステレオ、74‘44
※デヤン・ブラヴニチャル集の第2集。いずれも1980年、デヤン・ブラヴニチャルが43歳頃の充実した演奏。モスクワで学んだブラヴニチャルだが、その後ローマの聖チェチーリア音楽院で、イ・ムジチでの活躍でも知られるピーナ・カルミレッリにも学んでおり、ロシア系のヴァイオリニストとは異なった音色の明るさを持っている。ラロやラヴェルではそれが生きている。シベリウスはかなり元気のある演奏。

ZKP 114724
①モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番 イ長調 K219 「トルコ風」
②ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.77

デヤン・ブラヴニチャル(Vn)
①サモ・フバド(指揮)
②アントン・ナヌート(指揮)
①②リュブリャナ放送交響楽団
録音:①1976年、②1984年 全てステレオ、70’38
※デヤン・ブラヴニチャル集の第3集。モーツァルトのトルコ風協奏曲はブラヴニチャルの美質が遺憾なく発揮された名演。持ち前の美音をたっぷり披露しつながらモーツァルトの音楽をいつくしむように扱い、安心感の大きい音楽に仕立てている。ブラームスは今年(2017年)に惜しまれつつ亡くなった、日本でも人気の高いスロヴェニアの名指揮者アントン・ナヌート(1932-2017)が伴奏指揮。やや遅めのテンポによる悠然とした演奏。

ZKP 114731
①ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番 ト短調 Op.26
②メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 Op.64
③ストラヴィンスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調

デヤン・ブラヴニチャル(Vn)
①サモ・フバド(指揮)
②ウロシュ・プレヴォルシェク(指揮)
①②リュブリャナ放送交響楽団
③エドガー・ドヌー(指揮)スロヴェニア・フィルハーモニー管弦楽団
録音:①1969年ステレオ、②1964年モノラル、③1968年ステレオ、74’13
※デヤン・ブラヴニチャル集の第4集。いずれもブラヴニチャルが20代の若い頃の録音。27歳頃のメンデルスゾーンは彼の美音と丁寧な音楽作りが作品とピタリと合っている。ブルッフもやや古典派よりに演奏したような端整な演奏。ストラヴィンスキーのヴァイオリン協奏曲はストラヴィンスキーが南仏ニースに居住していた時期の新古典主義作品で、ブラヴニチャルの演奏もモダンなパリというより風光明媚なニースという趣。ベルギー放送フィルハーモニー管弦楽団を長年率いたベルギーの名匠、エドガー・ドヌーが伴奏指揮。

ZKP 114748
①バッハ:無伴奏パルティータ第2番 ニ短調 BWV1004―シャコンヌ
②モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ第40番 変ロ長調 K.454
③ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第1番 ニ長調 Op.12-1
④ストラヴィンスキー:イタリア組曲

デヤン・ブラヴニチャル(Vn)
②④アツィ・ベルトンチェリ(ピアノ)
③マリヤン・リポヴシェク(ピアノ))
録音:①1999年ステレオ、②1992年ステレオ、③1964年モノラル、④1979年ステレオ 75’26
※デヤン・ブラヴニチャル集の第5集。20代から60代までの様々な録音が集められている。1964年のベートーヴェンでは瑞々しい音色がたいへんに魅力的。一方その28年後のモーツァルトでは、音楽にふっくらとした味わいが芯まで染み込んでいてまさに名匠の芸。悠然と風格を漂わせるバッハのシャコンヌ、極めて古典的な演奏のストラヴィンスキーのイタリア組曲も優れもの。

ZKPスロヴェニア放送レーベル・カタログ

« »