[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。


(WEITBLICKレーベル)
完全初出!!ヨアンナ・マルツィ 1976年のステレオ・スタジオ録音!スイス放送の優秀録音
バルトーク:ラプソディ、モーツァルト&シューベルト:ヴァイオリン・ソナタ


(WEITBLICKレーベル)
完全初出!!ヨアンナ・マルツィ 1976年のステレオ・スタジオ録音!スイス放送の優秀録音
バルトーク:ラプソディ、モーツァルト&シューベルト:ヴァイオリン・ソナタ

WEITBLICKレーベル(ドイツ)

完全初出!!ヨアンナ・マルツィ
1976年のステレオ・スタジオ録音!スイス放送の優秀録音
SSS 0212
バルトーク:ヴァイオリンとピアノのためのラプソディ第1番
モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ第24番ヘ長調K.376(374d)
シューベルト:ヴァイオリンとピアノの二重奏曲D.574「デュオ・ソナタ」

ヨアンナ・マルツィ(Vn)
イシュトヴァン・ハイジュ(Pf)
録音:1976年11月30日チューリヒ・放送スタジオ2、スタジオ録音(ステレオ)
(音源提供:スイス放送)
※もう何の言葉も必要ない!夢のような演奏が完全初出となります。イエネー・フバイ門下の名女流ヨアンナ・マルツィはハンガリー出身ですが、ジュネーヴ国際音楽コンクールに入賞した1947年以降はスイスに居を定めました。そして、世界各地で活躍しましたが、1970年以降の録音は極めて少なく、1972年のスイス録音のみです。ここに収録される1976年のリサイタルは、さらに後年で最も晩年の演奏ということになります。バルトークとモーツァルトは初出レパートリーという衝撃!スイス放送の録音は極めて優秀で音質は最高!演奏内容もバルトークにおける愉悦とアイディア。モーツァルトなど慈眼とも呼びたいぬくもり溢れる表現に心が洗われます。シューベルトの「デュオ・ソナタ」は、アントニエッティとのスタジオ録音が高名ですが、長年コンビを組んだイシュトヴァン・ハイジュとの息があった、それでいて丁々発止の駆け引きも面白い名演です。ヴァイオリンを愛する、または室内楽を愛する人々には垂涎のリリースであります。
※英語、日本語、ドイツ語によるライナーノート付

WEITBLICKレーベル・カタログ

« »