[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

(東武レコーディングズ)
①ケーゲル、85年都響とのブルックナー9番
②ペーター・マーク&都響の芸術劇場「第九」ライヴ!

(東武レコーディングズ)
①ケーゲル、85年都響とのブルックナー9番
②ペーター・マーク&都響の芸術劇場「第九」ライヴ!

東武レコーディングズ

ケーゲル、85年都響とのブルックナー9番

TBRCD 0033 定価:¥2,100+税
tbrcd0033ブルックナー:交響曲第9番ニ短調
演奏タイム[21:29][10:11][21:56]

ヘルベルト・ケーゲル(指揮)
東京都交響楽団
録音:1985年6月20日東京文化会館
都響第217回定期演奏会ライヴ・デジタル
※ケーゲル+都響の二回目の共演で最後となった1985年のライヴ。あのマーラー「夜の歌」(TBRCD 0003)の5日前の大熱演です。ケーゲルのブル9というと、ライプツィヒ放送響とのやはり強烈な演奏が2種類知られていますが、69年と75年のライヴでありました。衝撃的な死にまっしぐらの1985年、しかも日本における演奏に興味は尽きません。69年盤が61分、75年盤が55分、そして当85年盤は何と53分台!巨匠がさらに解釈を練り上げたらどうなったのか恐ろしくなります。都響は絶好調で、反応の見事さ音色の透明感は手兵以上。ケーゲルは厳格なリズムを保持し、しかもかなりのスピードで突っ走ります。

ペーター・マーク&都響の芸術劇場「第九」ライヴ!
TBRCD 0034 定価:¥2,100+税
tbrcd0034<東京芸術劇場アーカイヴ・シリーズ>
ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」
演奏タイム[17:00][11:58][18:46][24:22]

ペーター・マーク(指揮)
東京都交響楽団
小濱妙美(S)、
郡愛子(Ms)、
市原多朗(T)、
福島明也(Br)
尚美学園第九合唱団(合唱指揮:松下耕)
録音:1990年12月21日
東京芸術劇場ライヴ・デジタル
※東京芸術劇場アーカイヴ・シリーズ。1990年に東京芸術劇場は開館。こけら落とし記念は有名なシノーポリ+フィルハーモニアのマーラー全集でした。このマーク&都響もその記念演奏会の一環です。共演も数を重ねたマークと都響のイキはぴったり。大ベストセラーとなったパドヴァ・ヴェネト管のベートーヴェン全集は小編成のオーケストラだっただけに、この演奏は大注目。フル編成のオケを前にしたマークは相変わらず踊り弾むような軽快なテンポをとり、見通し抜群。物々しさは欠片もなくサクサクスイスイ進みます。しかしながら随所に見られる鳥肌モノの追込み、畳みかけは凄絶そのもの。日本の第九合唱は優秀の評判通りの見事な合唱ですし、ソロ歌手もベストと言って誇張でない豪華そのものです。

toburecordings - コピー東武レコーディングズ・レーベル・カタログ

« »