[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

MARSTON(アメリカ)

(MARSTONレーベル)
アイルランド出身の20世紀前半の偉大なテノール ジョン・マコーマック(1884-1945)電気録音全集!

MARSTONレーベル(アメリカ)

アイルランド出身の20世紀前半の偉大なテノール
ジョン・マコーマック(1884―1945)電気録音全集!
51601-2(16CD,10枚価格)
「ジョン・マコーマック 電気録音全集+補遺」

ジョン・マコーマック(テノール)
共演者多数

曲目・共演者明細はこちら

録音:1925~1942年(補遺:1904~17年)、ADD 20h22m
marstonがまた一つ偉業を成し遂げた。アイルランド出身の20世紀前半の偉大なテノール、ジョン・マコーマック(1884―1945)の1925年から1942年にかけて行った膨大な電気録音(マイクロフォンを用いた録音)をすべて収録。概ねマコーマック40代以降の歌声ということになる。マコーマックは当時のスター歌手で、続々と大量の録音を発表、中でも彼の歌うアイルランド民謡は極めて高い人気を誇った。このセットにはそうした録音を、未刊行録音も含めて復刻している。中にはマコーマックの歌うトリスタンという珍しいものも含まれる。元々美声だった上にミラノで修行を積んだマコーマックは50代末になってもとても良く声を保持し、実に味わい深い歌を聞かせてくれる。
このセットにはさらに初期のシリンダーや片面ディスク録音、放送用録音、私的録音まで集め20時間超、この上なく充実した内容になっている。marstonのいつも通り、良好な復刻に仕上げられている。

MARSTONレーベル・カタログ

(MARSTONレーベル)
「ジョン・マコーマック 電気録音全集+補遺」(16枚組)
曲目・演奏者明細

51601-2(16CD,10枚価格)
「ジョン・マコーマック 電気録音全集+補遺」
曲目・演奏者明細

ジョン・マコーマック(テノール)
共演者多数
録音:1925~1942年(補遺:1904~17年)、ADD 20h22m
(さらに…)

(MARSTONレーベル)
①MARSTONの偉業!20世紀前半の偉大なバス、シャリアピンの全録音を復刻!!
②幻中の幻の名ピアニスト、シドニー・フォスター録音集成!
 何と奥田道昭(指揮)日本フィル共演のシューマン:協奏曲やコープランド指揮のバルトークも収録!

MARSTONレーベル(アメリカ)

MARSTONの偉業!20世紀前半の偉大なバス、シャリアピンの全録音を復刻!!
51301-2(13CD,9枚価格)
「フョードル・シャリアピン全録音集」
フョードル・シャリアピン(バス)
録音:1898~1936年ADD 984分

曲目・共演者明細はこちら

※marstonが偉業を成し遂げた。20世紀前半の偉大なバス、フョードル・シャリアピン(1873-1938)の全録音を復刻。20世紀初頭のロシア帝国時代の録音から、亡命後のロンドンやパリなどでの録音、そして未発表録音や私的録音まで含んだCD13枚、16時間半近くという膨大な量。世紀の大歌手シャリアピンの全貌がこの一箱に詰まっている。シャリアピンはもちろんオペラ歌手として世界をまたに駆けて活躍し、ことにムソルグスキーの「ボリス・ゴドゥノフ」は彼が世界に知らしめたようなものだが、同時にシャリアピンはヴォルガの舟歌や黒い瞳のようなロシア民謡も深く愛し愛唱曲に高めた。そうしたシャリアピンの両輪の魅力は古い録音を通してもたっぷり楽しめる。
よく知られているようにシャリアピンは1936年 昭和11年、亡くなる2年前に来日し、東京で生涯最後の録音を行った。彼の得意中の得意の2曲、蚤の歌はまさに絶唱、そして深々としたヴォルガの舟歌。後者の最後の静かに消えて行く声が記録されたシャリアピンの最後の声である。日本人にはことのほか感慨深い録音だ。
いつもながらマーストンによる復刻は極めて丁寧なもの。さらに320ページ超のハードカバーの冊子が付属、英文解説に加え、ロシア語の歌に英語訳がついており、これだけでも貴重。たいへんに力の入った品である。marstonは初回生産分が完売すると再生産は稀なので、くれぐれもお見逃しなきよう。
(さらに…)

(MARSTONレーベル)
1940年代のラフマニノフ関係の様々な貴重な録音!
初演前にラフマニノフ自身が弾く交響的舞曲の断片も!

MARSTONレーベル(アメリカ)
1940年代のラフマニノフ関係の様々な貴重な録音!
初演前にラフマニノフ自身が弾く交響的舞曲の断片も!

53022-2(3CD)
「ラフマニノフ 交響的舞曲を弾く」~新発見の1940年代の録音
録音:1926~1966年ADD 204分

ラフマニノフ:交響的舞曲 Op.45~各曲の断片(曲順に修正 約27分)
 セルゲイ・ラフマニノフ(ピアノ)
 1940年12月21日
ラフマニノフ:交響的舞曲 Op.45
 ディミトリ・ミトロプーロス(指揮)
 ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団
 1942年12月20日 ニューヨーク
ラフマニノフ:交響詩「死の島」Op.29
 ユージン・オーマンディ(指揮)
 フィラデルフィア管弦楽団
 1943年4月2日 フィラデルフィア
ラフマニノフ:交響曲第3番イ短調 Op.44
 ディミトリ・ミトロプーロス(指揮)
 ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団
 1942年12月21日 ニューヨーク
(さらに…)

(MARSTONレーベル)
①リパッティやホロヴィッツetcピアニストのほぼ未発表レア音源集!
②(未案内旧譜) ヴェルディ:トラヴィアータ(椿姫)の1912年本格的全曲初録音!

MARSTONレーベル(アメリカ)

リパッティやホロヴィッツetcのほぼ未発表レア音源集!
52073-2(2CD)
「録音されたピアニズムのランドマーク第1集」  録音:1921-1980年 ADD 157’22
D.スカルラッティ:
ソナタ ニ短調 K.9、ソナタ ト長調 K.14、
ソナタ K.450 ト短調
ブラームス:
間奏曲 ハ長調 Op.119-3
カプリッチョ ニ短調 Op.116-7
ディヌ・リパッティ(ピアノ)
1945‐1946年 私的録音
(さらに…)

(MARSTONレーベル)
20世紀前半の最も偉大なピアニストの一人 ヨーゼフ・ホフマン全録音集、遂に最終巻!

MARSTONレーベル(アメリカ)

20世紀前半の最も偉大なピアニストの一人
ヨーゼフ・ホフマン全録音集、遂に最終巻!
52058 (2CD)
「ヨーゼフ・ホフマン全集 第9集」

ヨーゼフ・ホフマン(ピアノ)
録音:1896~1945年(インタビューは1937~2002年)
復刻エンジニア:ウォード・マーストン、リチャード・ハリス
ADD、152’51

アントン・ルビンシテイン:舞踏会 Op.10―コントルダンス第1番,第2番
 録音:ユリウス暦1895年12月24日 グレゴリオ暦1896年1月5日 モスクワ
ワーグナー(ブラサン編):「ワルキューレ」の魔の炎の音楽
 録音:ユリウス暦1896年2月10日 グレゴリオ暦1896年2月22日
メンデルスゾーン:無言歌 イ短調 「情熱」 Op.38-5
 録音年月日不詳 ロシア (さらに…)

(MARSTONレーベル)
20世紀前半の最も偉大なソプラノの一人 ロッテ・レーマンのアコースティック録音集!

MARSTONレーベル(アメリカ)

20世紀前半の最も偉大なソプラノの一人
ロッテ・レーマンのアコースティック録音集!
54006(4CD)
「ロッテ・レーマン アコースティック録音集 1914-1926年」
+補遺 「ロッテ・レーマン Odeonによる電気録音集」

ロッテ・レーマン(ソプラノ)
共演者多数
録音:1914~26年ADD、
復刻エンジニア:ウォード・マーストン、リチャード・ハリス
79:51/78:53/78:45/79:00

 

(さらに…)

(MARSTONレーベル)
20世紀後半の最も偉大なピアニストの一人になるはずだった ウィリアム・カペル!

MARSTONレーベル(アメリカ)

20世紀後半の最も偉大なピアニストの一人になるはずだった
ウィリアム・カペルのライヴ及び
53021(3CD)
「ウィリアム・カペル 放送用録音および演奏会ライヴ録音 1944年-1952年」

ウィリアム・カペル(ピアノ)
共演者多数
録音:1944~1952年、ADD、224’45

==================

バッハ:組曲 イ短調 BWV818/
モーツァルト:ピアノ・ソナタ第10番 ハ長調 K.330/
ショパン:マズルカ ヘ短調 Op.63-2/
ブラームス:間奏曲 変イ長調 Op.76-3
  録音:1947年3月21日 ニューヨーク  (さらに…)

(MARSTONレーベル)
19世紀のイタリアの偉大なテノール達!3枚組!

marstonlogoMARSTONレーベル(アメリカ)

19世紀のイタリアの偉大なテノール達!
53018-2(3CD)
「19世紀イタリアのテノール」
ロッシーニ、ベッリーニ、マイヤベーア、ヴェルディ、ワーグナー、プッチーニ、レオンカヴァッロ、マスカーニ、ジョルダーノのアリア集
様々な愛すべき歌曲、トスティの歌曲

レオポルド・シニョレッティ(テノール、1840-1915)
ジョヴァンニ・バッティスタ・デ・ネグリ(テノール、1851-1924)
アルフォンソ・ガルッリ(テノール、1866-1915)
フランチェスコ・シニョリーニ(テノール、1860-1927)
エドアルド・ガルビン(テノール、1865-1943)
フィオレッロ・ジラウド(テノール、1870-1920)
フェルナンド・ヴァレーロ(テノール、1856-1914)
共演者多数、録音:1902~1917年、ADD、231m  (さらに…)