[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

WEITBLICK(ドイツ)

(WEITBLICKレーベル)
またも大発見!ミケランジェリの完全初出音源!  1972年11月2日ベルン・リサイタル・ステレオ録音!!

WEITBLICKレーベル(ドイツ)

またも大発見!ミケランジェリの完全初出音源!
1972年11月2日ベルン・リサイタル・ステレオ録音!!
SSS 0208
「ミケランジェリ、1972年11月2日ベルン・リサイタル」
スカルラッティ:ソナタハ短調K.11、ソナタイ長調K.322
シューマン:「謝肉祭」、「ウィーンの謝肉祭の道化」
グリーグ:抒情小曲集作品68より「ゆりかごの歌」

アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ(ピアノ)
録音:1972年11月2日、スイス・ベルン放送スタジオ6(ライヴ・ステレオ録音)
※このリサイタルはプライヴェート盤も含めて一切ソフト化されたことがありません。技術優秀なスイス放送による蔵出し音源。1972年というミケランジェリ全盛期。超絶技巧と表現力の多様さ、迫力を堪能できるアルバムの登場です。スカルラッティのソナタハ短調K.11並びにソナタイ長調K.322はミケランジェリお得意のレパートリーです。しかしライヴ録音となるとモノラルや劣悪音質の物が多く、この煌くような艶やかさを誇る名演の登場は歓迎されましょう。特に憂いを含んだイ長調には、心打たれること必至。
ミケランジェリと言えばシューマンに最も適性を示したピアニストですが、「謝肉祭」、「ウィーンの謝肉祭の道化」が見事な録音で聴くことができるのも朗報です。「謝肉祭」は1973年の東京ライヴが絶美の演奏として広くしられておりますが、その一年前のライヴもかなり印象的。物語性を意識した上で、激情的な心情吐露を見せる独自の表現に感動します。音が消えゆく箇所の美しさはいつもの通り。「ウィーンの謝肉祭の道化」も超絶技巧がこれ見よがしでなく、さりげない程なのがミケランジェリの芸の高貴さの象徴です。
さらにミケランジェリを愛する方に捧げたいのが、アンコールであるグリーグの抒情小曲集より「ゆりかごの歌」。当リサイタルの9日後に、チェリビダッケ指揮シュトウットガルト放送響とグリーグの協奏曲を共演した際にもアンコールとして演奏。演奏の見事さは伝説ですが、如何にせんARLECCHINOレーベルはモノラルな上に音が悪すぎました。他2種のスタジオ録音も1940年代の古い演奏ばかりなので、当盤の名演は涙物です。素朴な田舎の情緒よりも官能的ともいえる色気が妖しく光る危険な演奏です。
ジャケット写真は初来日時に辻修氏が撮影した貴重な物です。

WEITBLICKレーベル・カタログ

(WEITBLICKレーベル)
まだある!まだある!クレンペラー完全初出ライヴ!! ケルンのベートーヴェン(ステレオ)  ストックホルムの「モーツァルト」「幻想」 それぞれ2CDで1枚価格のお買い得!!

WEITBLICKレーベル(ドイツ)

まだある!まだある!クレンペラー完全初出ライヴ!!
ケルンのベートーヴェン(ステレオ)
ストックホルムの「モーツァルト」「幻想」
それぞれ2CDで1枚価格のお買い得!!

SSS 0206(2CD,1枚価格)※入荷いたしました!
ベートーヴェン:
①「レオノーレ」序曲第3番
②交響曲第4番変ロ長調 Op.60
③交響曲第5番ハ短調「運命」Op.67
演奏タイミング:
①[14:45]/
②[12:13] [10:17] [6:04] [7:39]/
③[8:29] [10:50] [5:57] [11:34]

オットー・クレンペラー(指揮)
ケルン放送交響楽団
録音:1966年3月17日ライヴ・ステレオ録音 (さらに…)

(WEITBLICKレーベル)
美しすぎるヴァイオリニスト、エディット・パイネマン 巨匠たちとの協奏曲名演集!
セル、カイルベルト、ヴァントが伴奏で登場! (音源提供:ケルン放送)

WEITBLICKレーベル(ドイツ)

美しすぎるヴァイオリニスト、エディット・パイネマン
巨匠たちとの協奏曲名演集!(音源提供:ケルン放送)
セル、カイルベルト、ヴァントが伴奏で登場!
SSS 0204/05(2CD)
①ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲
②プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第1番
③シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
④メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲

エディト・パイネマン(ヴァイオリン)
①ジョージ・セル(指揮)ケルン放送交響楽団
録音:1964年6月11日ビスマルクザール、モノラル
②ギュンター・ヴァント(指揮)ケルン放送交響楽団
録音:1975年10月10日ビスマルクザール、ステレオ
③ヨーゼフ・カイルベルト(指揮)ケルン放送交響楽団
録音:1967年10月27日ビスマルクザール、ステレオ
④ヨーゼフ・カイルベルト(指揮)ケルン放送交響楽団
録音:1960年5月6日ビスマルクザール、モノラル (さらに…)

(WEITBLICKレーベル)
巨匠ジョルジュ・プレートル追悼盤 プレートルが生前、許諾を出した録音!
プレートル+シュトウットガルト放送響 1995年リンツ国際ブルックナーフェスティヴァル・ライヴ!

WEITBLICKレーベル(ドイツ)

巨匠ジョルジュ・プレートル追悼盤
プレートルが生前、許諾を出した録音!
プレートル+シュトウットガルト放送響
1995年リンツ国際ブルックナーフェスティヴァル
SSS 0203
ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」
I. Allegro [18’40”]
II. Andante quasi Allegretto [15’16”]
III. Scherzo. Sehr schnell; Trio. Im gleichen Tempo [10’30”]
IV. Finale. Allegro moderato [21’09”]

ジョルジュ・プレートル(指揮)
シュトゥットガルト放送交響楽団
録音:1995年9月22、23日リンツ・ブルックナーハウス、デジタル・ライヴ録音
*リンツ国際ブルックナーフェスティヴァル1995,音源提供:ORF LINZ (さらに…)

(WEITBLICKレーベル)
スイス放送からの蔵出音源、正規盤完全初出 初出レパートリーを含むクレンペラーの遺産!!

WEITBLICKレーベル(ドイツ)

レコード芸術2017年5月号推薦!

スイス放送からの蔵出音源、正規盤完全初出
初出レパートリーを含むクレンペラーの遺産!!
SSS 0200
①クレンペラー(自作自演):フガート
②シェーンベルク:室内交響曲第1番
③ベートーヴェン:交響曲第8番
④モーツァルト:セレナータ・ノットゥルナ

演奏タイミング
①4:36
②8:40/7:09/3:41
③10:14/4:24/5:17/8:29
④3:03/3:33/4:55

オットー・クレンペラー(指揮)
ベロミュンスター放送管弦楽団(チューリヒ) (さらに…)

(WEITBLICKレーベル)
別格の個性的名演登場! 巨匠プレートル+シュトゥットガルト放送響 全てデジタル・ライヴ!初出レパートリー満載!
 ①ブラームス:交響曲第1番、他 
 ②ドヴォルザーク:新世界&マーラー:葬礼 
 ③チャイコフスキー:交響曲第4番、ビゼー:交響曲

weitblick.logo.newWEITBLICKレーベル(ドイツ)

お待たせしました!!別格の個性的名演登場!
巨匠プレートル+シュトゥットガルト放送響
全てデジタル・ライヴ!初出レパートリー満載!

SSS 0197
sss0197ブラームス:
①交響曲第1番
②ハンガリー舞曲4曲(第1番、第3番、第4番、第5番)

ジョルジュ・プレートル(指揮)
シュトゥットガルト放送交響楽団
録音:①2000年12月8日リーダーハレ、②1997年10月29日~31日リーダーハレ
※この第1交響曲の登場で、プレートルのブラームス全集が揃うことになります。第2番、第3番(ベルリン・ドイツ響、SSS0129)、第4番+ピアノ四重奏曲(管弦楽版)(聖チェチリア管、TBRCD0028)。期待通りの雄渾なブラームスです。もちろん、プレートルならではの仕掛満載の面白演奏。名誉指揮者として密接な関係を持っていたシュトウットガルト放送響の機能性を存分に生かし、グイグイと牽引。そして只ならぬ感動を聴き手にもたらすプレートルの手腕には脱帽、そして圧倒されます。ハンガリー舞曲はかつてFOLRANEにもスタジオ録音がありましたが、こちらはライヴ。プレートルはアンコール・ピースとしてこれらの曲を好み、熱演を知る人も多いことでしょう。

SSS 0198
sss0198①ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」
②マーラー:交響詩「葬礼」

ジョルジュ・プレートル(指揮)
シュトゥットガルト放送交響楽団
録音:①1996年10月14日~28日リーダーハレ、②1998年6月28日リーダーハレ
※「新世界」は創設当初のパリ管ともスタジオ録音があり、十八番レパートリーです。やはり、円熟味と凄みも増した90年以降のプレートルならではの自在なアプローチ、むしろやりたい放題の潔さに感動です。気合を入れる掛け声、足踏みに臨場感もバッチリ収録。熱狂的な拍手もむべなるかなです。マーラー演奏にも一家言のある巨匠ですが、「復活」のスケッチともいえる交響詩「葬礼」を度々コンサートの第一曲目に取上げます。マーラー演奏にも定評あるシュトゥットガルト放送響を駆使し雄叫びのようなマーラーを展開しております。

SSS 0199
sss0199①チャイコフスキー:交響曲第4番
②ビゼー:交響曲第1番

ジョルジュ・プレートル(指揮)
シュトゥットガルト放送交響楽団
録音:1991年6月28日リーダーハレ
※チャイ4は、プレートルの秘蔵レパートリーです。ベルリン・フィルとの数少ない共演でも勝負演目として取り上げたものです。巨匠の派手な芸風にぴったり、そして泣けてくるほどの切ない歌、フェザータッチの繊細な弦楽器の刻みは色気たっぷり。もちろんフィナーレは豪快な爆発で締め括ります。ビゼーの交響曲も度々コンサートで取上げる愛奏曲です。こういう場合は徹頭徹尾チャーミングな演奏を繰り広げるのもプレートルならでは、シュトゥットガルト放送響も多彩な音色のパレットで魅了されます。

WEITBLICKレーベル・カタログ

(WEITBLICKレーベル)
堂々!聳え立つドイツ音楽魂!!カイルベルト最晩年の名演! ケルン放送響(WDR響)とのステレオ・ライヴ録音集

weitblick.logo.newWEITBLICKレーベル(ドイツ)

堂々!聳え立つドイツ音楽魂!!カイルベルト最晩年の名演!
ケルン放送響(WDR響)とのステレオ・ライヴ録音集
SSS 0193/96(4CD)
sss0193「カイルベルト・ステレオ・ライヴ1966-67」
①ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」
②ベートーヴェン:「コリオラン」序曲
③ブラームス:交響曲第1番
④マーラー:交響曲第4番
⑤ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」
⑥モーツァルト:交響曲第33番

ヨーゼフ・カイルベルト(指揮)ケルン放送交響楽団
④アグネス・ギーベル(S) (さらに…)

(WEITBLICKレーベル)
①1975年全盛期のミケランジェリ・ベルン・リサイタル!高音質ステレオ録音!
②ミュンシュ+ケルン放送響との一期一会の共演! 完全初出!!高音質ステレオ録音!

weitblick.logo.newWEITBLICKレーベル(ドイツ)

レコード芸術2016年11月号推薦!
全盛期のミケランジェリ・ベルン・リサイタル
1975年3月18日ライヴ!(ベルン放送スタジオ)
技術を誇るスイス放送による高音質ステレオ録音!
SSS 0187
sss0187「ミケランジェリ・ベルン・リサイタル」
①ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第12番
②ドビュッシー:「映像」から(第二集より「葉ずえを渡る鐘の音」、第一集より「ラモー賛」、第一集より「水に映る影」)
③シューベルト:ピアノ・ソナタ イ短調D.537
演奏タイミング:
①[8:38][2:59][6:07][2:46]/
②[4:45][7:03][5:15]/
③[10:51][9:10][5:04]

アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ(ピアノ)
録音:1975年3月18日ライヴ・ステレオ(ベルン放送スタジオ)SRFスイス放送による収録
※1975年3月18日に行われたこのコンサートは実はかつて、幾つかの形でプライヴェート盤が出ていた。ベートーヴェン作品とシューベルト作品は、DISCOCORPレーベル、ROCOCOレーベルからLPが出ていた。ドビュッシーの「映像」第一集から「ラモー賛」と「映像」第2集から「葉ずえを渡る鐘の音」の2曲がTHEATREレーベルからCDが出ていた。いずれも非正規な発売であり、音質も劣悪であった。
●ベートーヴェン
当ベルン・リサイタルでは、まるでミケランジェリ(ABM)が目の前で演奏してくれるかのような臨場感が心地良い。粒だった音色の美しさが素晴しい。滑らかな手の動きが目に見えるようだ。
ABMの音色は極めて明るいものである。時としてベートーヴェン作品の演奏では、その明るさがベートーヴェンの持つ陰鬱さを減じているという非難もあった。
ところがこの演奏を聴けば、明るい音色で暗を創造しているではないか。やはり、聴衆を前にした芸術家の生み出す演奏こそが真の芸術家の姿、真の演奏と言うべきであろう。
●ドビュッシー
ABMの技術の特徴に音の消え方がある。まるで人が息を引き取る瞬間に居合わせるようだ。その箇所がたまらなく美しい。そしてその様子をじっと見守る聴衆の姿まで目に浮かぶようである。
●シューベルト
ABMのDGへのスタジオ録音のレコードには、わざわざ60年以上前のピアノで演奏しているという注意書がある。ピアノに殊の外やかましかったABMのことだから、不本意であるという意味での記述ではないであろう。さて、このベルン・リサイタルのピアノはどんな音であろうか?それは聴いてのお楽しみとしておこう。(ライナーノートより)
※英語、日本語、ドイツ語によるライナーノート付

レコード芸術2016年11月号準特選!
ミュンシュ+ケルン放送響との一期一会の共演!完全初出!!
高音質ステレオ録音!フルートが凄い!
SSS 0192
sss0192「ミュンシュ&ケルン放送響、1966年ステレオ・ライヴ」
①フォーレ:「ペレアスとメリザンド」組曲
②リスト:ピアノ協奏曲第1番
③ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
④ルーセル:交響曲第3番
演奏タイミング:
①[5:55][2:27][3:50][4:57]/
②[5:40][4:53][4:25][4:23]/
③[9:51]/
③[5:34][9:34][3:11][6:27]

シャルル・ミュンシュ(指揮)ケルン放送交響楽団
②ニコル・アンリオ・シュヴァイツァー(Pf)
③ハンス・ユルゲン・メーリング(fl)
録音:1966年9月30日ケルン放送 ビスマルク・ザール
※1966年の9月、即ち1966/1967シーズンの開始の月、ミュンシュは多忙を極めていた。9月上旬には、フランス国立放送響を率いて、ブザンソン国際音楽祭に参加している。さらに各地へ客演。9月30日には、ケルン放送響に初客演(そして最後の)し、当CDに収録のコンサートを行う。10月にはフランス国立放送響を率いて日本ツアーを行っている。正にミュンシュの音楽的壮時と言える時期だった。
当CDにおけるケルン放送響との演奏は、ミュンシュとドイツのオーケストラによる初のディスクとなる!良好なステレオ録音で現存していたことが有難い。ケルン放送響は現在に至るまで、ドイツで屈指の優秀な放送オーケストラだ。プログラムはミュンシュお馴染みの曲ばかりだが、「フルーティスト」を意識的に重用した曲目となっている。そのフルーティストは、ハンス・ユルゲン・メーリング。ケルン放送響の首席フルートを長く務めた名手である。ジャケットには辻修氏による来日時の写真を使用!(ライナー・ノートより)
※英語、日本語、ドイツ語によるライナーノート付

WEITBLICKレーベル・カタログ

(WEITBLICKレーベル)
チェリビダッケv.s.ニルソン 驚愕の共演アルバム!良好なステレオ録音

weitblick.logo.newWEITBLICKレーベル(ドイツ)

レコード芸術2016年9月号特選!
強力新譜!チェリビダッケv.s.ニルソン
驚愕の共演アルバム!良好なステレオ録音
SSS 0186
sss0186new「チェリビダッケ&ニルソンによるワーグナー、ヴェルディ」
①ワーグナー:楽劇「トリスタンとイゾルデ」前奏曲と愛の死
②ワーグナー:ヴェーゼンドンク歌曲集より3曲(天使、悩み、夢)
③ヴェルディ:歌劇「マクベス」第2幕より「光は萎えて」
④ヴェルディ:歌劇「仮面舞踏会」第2幕より「ここがかの恐ろしい場所」
⑤ヴェルディ:歌劇「運命の力」第4幕より「神よ平和を与え給え」
(ボーナス・トラック)
ワーグナー:楽劇「トリスタンとイゾルデ」前奏曲と愛の死 リハーサル風景

ビルギット・ニルソン(ソプラノ)
セルジュ・チェリビダッケ(指揮)スウェーデン放送交響楽団
録音:①②1967年9月8日、③-⑤1968年9月1日
ストックホルムコンサートホール(ステレオ) (さらに…)

(WEITBLICKレーベル)
モーツァルトにシューベルト!チェリビダッケの初出レパートリーが続々!! スウェーデン時代の蜜月の記録

weitblick.logo.newWEITBLICKレーベル(ドイツ)

チェリビダッケの初出レパートリーが続々!!
スウェーデン時代の蜜月の記録
SSS 0184
sss0184①モーツァルト:交響曲第36番「リンツ」
②モーツァルト:交響曲第38番「プラハ」
③モーツァルト:六つのレントラー風舞曲

セルジュ・チェリビダッケ(指揮)
スウェーデン放送交響楽団
録音:①1971年3月21日ライヴ、②1970年2月8日ライヴ、③1969年3月9日ライヴ
(さらに…)