[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

ENSEMBLE MODERN(ドイツ)

(ENSEMBLE MODERNレーベル)
①斬新なツェンダー版シューベルト:冬の旅! 1995年BMG録音の久々の再リリース!!
②日本でもお馴染み巨匠メッツマッハーが スペクトル楽派の旗手アンドレを振った一枚

ENSEMBLE MODERNレーベル(ドイツ)

斬新なハンス・ツェンダー版シューベルト:《冬の旅》!
1995年BMG録音の久々の再リリース!!
EMCD-043/44(2CD)
フランツ・シューベルト(1797-1828)/ハンス・ツェンダー(b.1936)編:
「冬の旅」~創造的編曲の試み(1993)

ハンス・ペーター・ブロホヴィッツ(テノール)
ハンス・ツェンダー(指揮)
アンサンブル・モデルン
録音:1994年8月1-5日ヘッセン放送、フランクフルト[52:45/37:50]
※編曲というにはあまりにも創造的、逸脱的すぎるハンス・ツェンダーによる管弦楽版シューベルトの「冬の旅」。多数の打楽器、特殊奏法も入るこのバージョンは確かに時に悪乗り、奔放、やりすぎの感もありますが、なるほど、そう来たかと、ポンと膝を打つ瞬間も多々あり、ツェンダーのイマジネーションの拡がりに驚かされます。このように現代的なオーケストレーションを施されたことにより、シューベルトがいかに後のマーラー、ヴォルフひいては新ウィーン楽派に深い影響を与えたか、彼らにどう繋がっていったのかが改めて耳で実感できます。名歌手ブロホヴィッツの渾身の歌唱ももちろん聴き逃せません。久々のリリース、この機会にお買い逃がしなく。
(さらに…)

(ENSEMBLE MODERNレーベル)
①2020年は生誕120年・没後70年!ヴァイル芸術の精髄!H.K.グルーバーの「マハゴニー」「小さな三文音楽」
②アンサンブル・モデルンのオ-ボエ奏者クリスティアン・ホンメルのソロ・アルバム

ENSEMBLE MODERNレーベル(ドイツ)

2020年は生誕120年・没後70年!ヴァイル芸術の精髄!
H.K.グルーバーの「マハゴニー」「小さな三文音楽」
EMCD-040
クルト・ヴァイル(1900-1950):
①音楽劇《マハゴニー》(1927)
[歌詞:B.ブレヒト]
②《水辺の歌》(1934/2017)
~ソプラノ、男声四重唱と室内オーケストラのための[歌詞:ジャック・デヴァルほか]
③《小さな三文音楽》(1928)
~管楽オーケストラのための

HK.グルーバー(指揮)
アンサンブル・モデルン
①②ウテ・グフレラー(Sop)
①ヴィニーベーヴェ(Sop)
①②アマルコルド(男声四重唱) (さらに…)

(ENSEMBLE MODERNレーベル)
ジョナサン・ノット&ユンゲ・ドイチェ・フィル白熱ライヴ!!
ラヴェル:優雅で感傷的なワルツ/ショスタコーヴィチ:交響曲第15番

ENSEMBLE MODERNレーベル(ドイツ)

ジョナサン・ノット&ユンゲ・ドイチェ・フィル白熱ライヴ!!
EMCD-039 ※日本語オビ・解説つき
①モーリス・ラヴェル(1875-1937):
 優雅で感傷的なワルツ(1911/1912)
②ドミトリ・ショスタコーヴィチ(1906-1975):
 交響曲第15番イ長調Op.141(1971)

ジョナサン・ノット(指揮)
ユンゲ・ドイチェ・フィルハーモニー管弦楽団
録音:2017年3月12日(ベルリン・フィルハーモニー・ザール・ライヴ)
①16:16/②43:00
(さらに…)

(ENSEMBLE MODERNレーベル)
ペーター・エトヴェシュ、アヌ・タリたちの指揮で聴く若手作曲家

ENSEMBLE MODERNレーベル(ドイツ)

ペーター・エトヴェシュ、アヌ・タリたちの指揮で聴く若手作曲家
EMCD-037/38(2CD)
「どこから?どこへ?」
~神話、民族、アイデンティティ
CD1)
①パヴェウ・ヘンドリヒ(b.1979):セディメトロン~アンドレイ・クロペツキの追憶に(2012)
②ニナ・シェンク(b.1982):「20 in 5」(2012)
③ユディット・ヴァルガ(b.1979):エンティタス(2012)
④クリスタプス・ペーテルソンス(b.1982):導かれた金(2012)
CD2)
⑤マテイ・ボニン(b.1986):カレイドスコープ(2012)
⑥フランティシェク・チャロウプカ(b.1981):《マシンガン》~7つのリチュエル(2012)
⑦ヤニス・ペトラスケヴィチ(b.1978):ダーク・ルーム(2012)
⑧アンドリス・ジェニティス(b.1978):ラトヴィアの料理本(2011/12)
(さらに…)

(ENSEMBLE MODERNレーベル)
①アンサンブル・モデルンのヴィオラ奏者笠川恵の現代作品集!
②アンサンブル・モデルンの打楽器奏者小川るみのアルバム! ゲストでアコーディオンのフッソングも登場!
他、新譜3タイトル

ENSEMBLE MODERNレーベル(ドイツ)

アンサンブル・モデルンのヴィオラ奏者笠川恵の現代作品集!
EMCD 036
「ヴィオラのために」~笠川恵ヴィオラ作品集
①クインシー・ポーター(1897-1966):無伴奏ヴィオラのための組曲(1930)
②ウィリアム・バーグスマ(1921-94):トリスタンとイゾルデの主題による幻想的変奏曲(1961)
③マテイ・ボニン(b.1986):ヴィオラのためのインペトス(2014)
④ヘルムート・ツァップ(b.1956):リヴォルト(開いたり、変化したり)
~イングリッシュ・ホルン、ヴィオラとコントラバスのための(1989)
⑤トリスタン・ミュライユ(b.1947):《秘密の花園、ぼくの婚約者、囲い込んだ泉、ひっそりした噴水・・・》(1976)
⑥B.A.ツィンマーマン(1918-1970):無伴奏ヴィオラ・ソナタ《天使の歌》(1955)
⑦ハインツ・ホリガー(b.1939):《トレマエスクの思い出》
~オーケストラのための協奏曲より(2000/01)
⑧マートン・イレッシュ(b.1975):ジャガトシュ(悲嘆)(2013)
⑨ハンス・ヴェルナー=ヘンツェ(1926-2012):ブレントンヘ(1993)
⑩エリオット・カーター(1908-2012):ヴィオラとピアノのためのエレジー(1943/1961)

笠川恵(ヴィオラ)
④クリスティアン・ホンメル(Ob、イングリッシュHr)、ポール・キャノン(Cb)
⑩ウエリ・ヴィゲット(Pf) (さらに…)

(ENSEMBLE MODERNレーベル)
①8つの感情/ラッヘンマンを讃えて ~エレクトロ・アコースティック作品集
②インゴ・シュルツェ(b.1962): 音楽つきのドラマ「排水管はボンボン菓子のように氷のかたまりを路上にはきだした」

ENSEMBLE MODERNレーベル(ドイツ)

EMCD-031
「8つの感情/ヘルムート・ラッヘンマンを讃えて~エレクトロ・アコースティック作品集」
ハネス・ザイドル(b.1977):希望(2015)
ネーレ・ヒュルカー(b.1987):幸せな災難(2015)
ゴードン・カンペ(b.1976):HL:24(2015)
フランツ・マルティン・オルブリッシュ(b.1952):流体(2015)
ハラルド・ムエンツ(b.1965):2つの感情(2015)
ヘルマン・クレッチマー(b.1958):H.A.L(ヘルムート・アマデウス・ロジック)(2015)
オルム・フィネンダール(b.1963):ヘルムートのための断片(2015)
マルティン・シュットラー(b.1974):消された作曲家(2015)  (さらに…)