[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

読売日本交響楽団アーカイブ

(読売日本交響楽団アーカイブ)
レークナーの初出レパートリー2タイトル! マーラー:巨人とドヴォルザーク7番!

yomikyo logo読売日本交響楽団アーカイブ

ハインツ・レークナーの初出レパートリー2タイトル!
マーラー:巨人とドヴォルザーク7番!

YASCD 1013 定価:¥2,100+税
yascd1013マーラー:交響曲第1番「巨人」
演奏タイム:[14:47][8:34][11:42][21:19]

ハインツ・レーグナー(指揮)
読売日本交響楽団
録音:1997年3月7日サントリーホール、ライヴ(読響第368回名曲シリーズ)
サウンド・マスタリング:WEITBLICK
※ブルックナーの個性的名解釈で知られるレークナーですが、同様にマーラー演奏にも非凡な才能を示しました。しかしながらスタジオ録音は僅かに第3番、第6番が遺されるばかりでした。読響とは、「大地の歌」、「第9」、「巨人」の順に名演を聴かせてくれました。ここに「巨人」が初CD化となります。レークナーは余裕のあるテンポを採用して、読響からコクがあって渋みのある音色を引き出した演奏で、いつもの歌わせ上手の魅力もふんだんに味わえます。フィナーレは壮麗に盛り上がっています。有難いことにサントリーホールにおける優秀なデジタル録音。
(さらに…)

これは大問題作!ルドルフ・バルシャイ+読響の軌跡! マーラー、モーツァルト、ブルックナー!

yascd1009

ルドルフ・バルシャイは、1924年に生まれ2010年に没した、ロシア出身の名指揮者。当初はヴィオラ奏者として活躍、その後はモスクワ室内管弦楽団を組織し、驚異的なアンサンブル指導力で指揮者として名を馳せます。ユダヤ人のバルシャイは1976年にイスラエルに亡命し、世界各国で指揮活動を行います。高い理想と極度の練習の厳しさから、名門オーケストラとの衝突は絶えず、主に客演指揮者としての活動がメインとなりました。楽譜の校訂、編曲も巧みで、マーラーの交響曲第10番のバルシャイ版は日本でも読響と演奏されました。今回の読響との共演はディスク初出レパートリーを中心に選び、その強烈な個性を余すことなく堪能できる名演ばかりです。

(さらに…)