[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

(ミッテンヴァルト・レーベル)
竹久夢二の新小唄集・山田耕筰のセノオ楽譜選集

(ミッテンヴァルト・レーベル)
竹久夢二の新小唄集・山田耕筰のセノオ楽譜選集

ミッテンヴァルト・レーベル

大正ロマン「セノオ楽譜」の復曲に取り組む!
ピアノは歌曲伴奏の第1人者、塚田佳男!
「セノオ楽譜」シリーズ開始百周年記念
山田耕筰生誕百三十年記念
竹久夢二の新小唄集・山田耕筰のセノオ楽譜選集

MTWD 99060 ¥3,000 + 税
「竹久夢二の新小唄集」「山田耕筰のセノオ楽譜選集」
セノオ新小唄楽譜(武久夢二 作詞/妹尾幸陽 作曲/東朝子 編曲)
①忘れしこころ
②かえらぬひと
③草の夢
④やくそく
⑤晩餐
⑥きょう
⑦やさしきもの
⑧岸辺にたちて
⑨みちとせ
⑩バルコン
⑪越後獅子
⑫残れるもの
⑬カフェの卓
⑭心やり
⑮雪の夜
⑯青柳
⑰きぬぎぬ

セノオ楽譜(山田耕筰 作曲)
⑱なみだ(竹久夢二作詞)
⑲風がひとり(川路柳虹作詞)
⑳行く春(長田幹彦作詞)
㉑日本の胡蝶(中内蝶二作詞)
㉒花すみれの御歌(貞明皇后作詞)
㉓鐘が鳴る(小林一郎作詞)
㉔鍛わるる若人の歌 (畑耕一作詞)
㉕建国歌 (北原白秋作詞)
㉖カナカよいとこ (松島慶三作詞)

セノオヤマダ楽譜(山田耕筰 作曲)
㉗マルーシャの歌 (小山内薫訳詞)
㉙夢の歌 (柳原白蓮作詞)
㉘宵の春雨 (吉丸一昌作詞)

東朝子(ソプラノ)
塚田佳男(ピアノ)
録音:2016年4月6日、群馬県笠懸野文化ホールPAL TT[59:36]
※大正および昭和初期に音楽界を一世風靡した楽譜集がある。そのシリーズの名前は「セノオ楽譜」。大正11年2月発行の雑誌『月間楽譜』広告に「楽譜と云へばセノオ楽譜と、歌にまで唱はれた」とある。竹久夢二作詞の「宵待草」、成田為三作曲の「浜辺の歌」、瀧廉太郎作曲・山田耕筰編曲の「荒城の月」など日本の名歌や、シューマン作曲の「流浪の民」、ヴェルディ作曲の歌劇リゴレット「風の中の羽根のように」など外国の名曲を1曲(まれに数曲)1冊で出す、いわゆるピース楽譜である。発行所はセノオ音楽出版社、社主は妹尾幸陽(本名は幸次郎 明治24年~昭和36年/1891-1961)である。体裁は拍子、楽譜(1ページから多いもので10数ページ)、別掲歌詞または意訳、解説、奥付から大体なっている。(中略)装幀の多くを竹久夢二(本名は茂次郎 明治17~昭和9年/1884-1934)が担当したことにより、今日でも大変人気があり、その表紙画を収録した本が出版されるほどである。

ミッテンヴァルト・レーベル・カタログ

« »