[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

(STRADIVARIUSレーベル)
①これは素敵!アルパルラによるシュポアのヴァイオリンとハープのための作品集!
②ギター・デュオでブラームスやシューベルトの名旋律が聴ける!
③サヴァールの弟子ロッシによるマラン・マレのヴィオラ・ダ・ガンバ作品集! 他新譜11タイトル

(STRADIVARIUSレーベル)
①これは素敵!アルパルラによるシュポアのヴァイオリンとハープのための作品集!
②ギター・デュオでブラームスやシューベルトの名旋律が聴ける!
③サヴァールの弟子ロッシによるマラン・マレのヴィオラ・ダ・ガンバ作品集! 他新譜11タイトル

STRADIVARIUSレーベル(イタリア)

これは素敵!シュポアのヴァイオリンとハープのための作品集!
STR 37072
「シュポア:ヴァイリンとハープのための作品集」

①ソナタ・コンチェルタンテ Op.113
②ヘンデルとフォーグラーの主題による変奏曲 Op.118
③ソナタ WoO.23
④ハープとヴァイオリンのための大ソナタ Op.16

アルパルラ:
【ダヴィデ・モンティ(Vn)
 マリア・クリスティーナ・クリーリー(Hrp)】
録音:2016年10月17-20日 イングランド、グロスタシャー、トディントン、DDD,80’49 

※これは素敵なCDだ。ルイ・シュポア(1784-1859)のヴァイオリンとハープのための作品を4曲集めているのだが、ヴァイオリンはガダニーニを用いたピリオド奏法、ハープは1800年頃、英国のジェイコブ・エラットが製作した、シングル・アクション・ペダルとリング・アクションを備えた41弦ハープを使用。今日一般的な楽器と比べると華やかさは控えめだが、その分親密さが強く、サロンでゆったりと演奏を聞いている気分を味わえる。
アルパルラはピリオド楽器のヴァイオリンとハープという珍しいデュオ。ヴァイオリンのダヴィデ・モンティはイタリアのヴァイオリニスト。様々なピリオド演奏団体に参加している名手。マリア・クリスティーナ・クリーリーはアイルランドのハープ奏者。彼らは以前にもシュポアのCDを出しており(STR 33848)、他に2種のCDを出している(STR 33881,STR 37023)。

※好評発売中 アルパルラ(ヴァイオリン&ハープ・デュオ)のアルバム!
STR 33848
シュポア(1874-1859):ヴァイリンとハープのための作品集
①ソナタ ホ短調 WoO.27(1806)/
②協奏ソナタ ホ長調 Op.113(1806)/
③ハープのための変奏曲 Op.36(1807)/
④ハープのための幻想曲ハ短調 Op.35(1807)/
⑤ハープとフルートのための協奏ソナタ ホ長調 Op.114(モーツァルトの「魔笛」によるポプリ)
※フルート・パートもヴァイオリンで演奏

アルパルラ:
【ダヴィデ・モンティ(Vn)
マリア・クリスティーナ・クリーリー(Hrp)】

STR 33881
「ヴァイオリンの魅力 17世紀イタリアの音楽」
マリーニ/セルマ・イ・サラベルデ/
メールラ/パンドルフィ=メアッリ/
フォンターナ/フレスコバルディ/
ウッチェリーニ/ダヴィデ・モンティ(1969-)
の作品

アルパルラ:
【ダヴィデ・モンティ(Vn)
マリア・クリスティーナ・クリーリー(Hrp)】

STR 37023
マルコ・ウッチェリーニ(1610-80):ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタもしくはカンツォーナ Op.5

アルパルラ:
【ダヴィデ・モンティ(Vn)
マリア・クリスティーナ・クリーリー(Hrp)】

 

 

ギター・デュオでブラームスやシューベルトの名旋律が聴ける!
STR 37069
「ヴァンダラー・ギター・デュオ」
ブラームス(ウィリアムズ編):弦楽六重奏曲第1番 変ロ長調 Op.18―第2楽章
シューベルト(コピレッロ編):死と乙女 D531
シューベルト(ビーム編):弦楽四重奏曲第9番 ト短調 D173
フランク(オフェー編):前奏曲、フーガと変奏曲 Op.18
メルツ:愛する人の墓で,不安,私はあなたのことを思う,タランテッレ

ヴァンダラー・ギター・デュオ:
【ジャコモ・コピエッロ(G)
ミケーレ・テデスコ(G)】
DDD,67’06
※若いギター・デュオ、ヴァンダラー・ギター二・デュオのデビューCD。ジャコモ・コピエッロとミケーレ・テデスコはヴィチェンツァンペドロット音楽院の学生時代に知り合い、2013年にデュオを結成すると、たちまちイタリアで人気のギター・デュオとして知られるようになった。ここではブラームス、シューベルト、フランクの有名曲の編曲を採り入れ、最後にヨハン・カスパー・メルツ(1806―1856)のギターオリジナル曲を入れている。いずれの曲も新鮮な感性が楽しい。

17世紀のヤコブ・ファン・エイクと、1970年生まれの女性作曲家アレッサンドラ・ベッリーノのフルート&リコーダー作品集!
STR 37060
「ブラヴァーデ」~ヤコブ・ファン・エイク(1590-1657)&アレッサンドラ・ベッリーノ(b.1970)作品集

ベッリーノ:私のいとしいアマリッリ(2014)
ファン・エイク:私のいとしいアマリッリ
ベッリーノ:アポッロとマルシアの3つの極小叙情詩(2008)
ベッリーノ:オルフェオの声(2011)
ファン・エイク:ファンタジアとエコー
ベッリーノ:哀れ私は(2014)
ファン・エイク:ブラヴァーデ
ベッリーノ:ブラヴァーデ(2016)
ファン・エイク:最も美しい娘ダフネが
ベッリーノ:ダフネ(2014)

トンマーゾ・ロッシ(リコーダー,フルート)
アンサンブル・ディソナンツェン:
【チーロ・ロンゴバルディ(Pf)
ルチア・ボーヴァ(Hrp)
ダニエーレ・コロンボ(Vn)
フランチェスコ・ソロンブリーノ(Vn)】
録音:2015年4月DDD、59’14
※17世紀前半のオランダの作曲家、ヤコブ・ファン・エイクの作品と、1970年生まれのイタリアの女性作曲家、アレッサンドラ・ベッリーノの作品を混ぜ込んだCD。トンマーゾ・ロッシはナポリ音楽院を修了したフルート、リコーダー奏者。

サヴァールの弟子アルベルト・ロッシによるマラン・マレのヴィオラ・ダ・ガンバ作品集!
STR 37061
「和声の奏法」~マラン・マレ:ヴィオラ・ダ・ガンバ作品集
プレリュード/カプリス/人間の声/
ロンド/アラベスク/夢見がちな曲/
カプリス/アルマンドとドゥーブル/
ミュゼット 1番,2番/半ば爪弾かれたロンド/
タタール人の行進/タタール風の音楽とドゥーブル/
ギター/ムリネ/シャコンヌとロンド/
スペイン風サラバンド/羽根突き遊び

アルベルト・ロッシ(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
録音:2016年6月7‐9日 ヴェローナ,DDD、62’13
※マラン・マレのヴィオラ・ダ・ガンバ作品集。「和声の奏法」と題されている。アルベルト・ロッシはヴェローナの出身。コントラバスを学んだ後、バーゼルのスコラ・カントルムでジョルディ・サヴァールにヴィオラ・ダ・ガンバとヴィオローネを学んでいる。
紙製の薄型見開きジャケットに収納。

※その他STRADIVARIUSレーベル新譜
STR 37047
「シュリフト」~現代アコーディオン作品集
ピンチュナー:フィグーラ3/
原田敬子:骨 プラス/
クルリャンスキー:震え/
ジェルヴァゾーニ:裏表のカードのアルバム/
テジェラ:震えて/
ラング:手書き譜3(シュリフト3)/
ベドロシャン:ボサノヴァ

ファニー・ヴィサン(アコーディオン)
録音:2015年7月 トレヴィーゾ、DDD、78’31
※フランスのアコーディオン奏者、ファニー・ヴィサンによる現代作曲家のアコーディオン作品集。マティアス・ピンチャー(1971-)、原田敬子(1968-)、ドミトリー・クルリャンツキー(1976-)、ステファーノ・ジェルヴァゾーニ(1962-)、ジャヌイバ・テジェラ(1978-)、ベルンハルト・ラング(1957-)、フランク・ベドロシャン(1971-)の作品は、いずれもとても個性が強く、それらをヴィサンが鮮やかに弾いている。

STR 37050
「イヴァン・フェデーレ(b.1953)作品集」
位相(2013)~2台のピアノと打楽器のための
鼓動と光(2014)~2台のピアノとライヴ・エレクトロニクスのための
木の皮の跡(2016)~2人の打楽器奏者とライヴ・エレクトロニクスのための
二つの月が二つ(2000/2016)~2台のピアノとライヴ・エレクトロニクスのための

マリア・グラツィア・ベッロッキオ(ピアノ)
アルド・オルヴィエート(ピアノ)
シモーネ・ベネヴェンティ(打楽器)
ダーリオ・サヴロン(打楽器)
アルヴィーゼ・ヴィドリン(音響指導)
ルカ・リケッリ(電子音響)
録音:2014年4月14、16日、2016年4月19、21日,5月30、31日 パドヴァ、DDD、69’40
※イタリアの作曲家イヴァン・フェデーレ(1953―)のここ数年の新作ばかり、いずれも世界初録音。鋭く緻密な作風が魅力である。

STR 37054
「イン・ノミネ」
~ジャチント・シェルシを偲んで
ロンゴバルディ&ラッビア&ロッカート:
イン・ノミネ/アアト/10月/蜃気楼/
シアン/エウフォニア/三つの形態/
大きな腹/クローア/ミチコ/螺旋/魔力

チーロ・ロンゴバルディ(ピアノ,オルガン,サンプル)
ミケーレ・ラッビア(打楽器,電子楽器)
ダニエーレ・ロッカート(コントラバス)
録音:2015年4月DDD、51’47
※「ジャチント・シェルシを偲んで」と副題の付いた、いずれも実験的で即興的な作品ばかり。三人の共同作曲ということになっている。

STR 37059
「デュアル」~打楽器作品集
フェデーレ:二重(2016)
オアナ:演奏の練習曲第12番(1982)
アペルギス:4つの熱のある小品(1995)

シモーネ・ベネヴェンティ(打楽器)
アンドレア・レバウデンゴ(ピアノ)
録音:2015年6月24-26日 カストレッツァート,DDD、58’53
※イヴァン・フェデーレ(1953-)、モーリス・オアナ(1913-1992)、ゲオルゲス(ジョルジュ)・アペルギス(1945-)の、打楽器とピアノのための作品。シモーネ・ベネヴェンティは1982年、レッジョ・エミーリア生まれの打楽器奏者。アンドレア・レバウデンゴは1972年、ペーザロ生まれのピアニスト。

STR 37063
「幻想の回転木馬」~現代サクソフォン作品集
①ナソプル:瞬間(2009)
②ニーダー:螺旋状にぶら下がった柔軟な素材(2001)
③マイヤーリング:アッパーカット(1989/2016)
④シェルシ:3つの小品(1956)
⑤メイソン:柳の木の灯火の光(2009)
⑥ナソプル:幻想の回転木馬(2015)

ロベルト・ジェノヴァ(サクソフォン)
①⑤アントニス・プラチナキス(チェロ)
③チャーリー・ボ・マイヤリング(ピアノ)
DDD、51’22
※ジャチント・シェルシ(1905-1988)の1956年の作品である3つの小品から、アムステルダムを拠点に人気の高いギリシャ系の女性作曲家、アスパシア・ナソプルの最新作である幻想の回転木馬(2015年)まで、およそ60年のサクソフォン作品を集めたCD。ロベルト・ジェノヴァはイタリアを代表するクラシカル・サクソフォン奏者。

STR 37064
「デュアル」~カスティリョーニ(1932-1996)&デリラー・グートマン(b.1978)作品集
グートマン:’N アレフ・タンゴ
カスティリョーニ:未発表作品
グートマン:水の歌―スミレの鼓動,月のマントラ,太陽の鼓動,線,月の鼓動,愛のマントラ,青の鼓動
カスティリョーニ:バルダッサーレはこう語った
グートマン:鏡の中の歌―歌の愛徳,私の神殿で,帰還,砂丘の粗塗りの上に,33の3倍,鏡に
カスティリョーニ:美しいヴェレナのための11の舞曲

ラウラ・カトラーニ(ソプラノ)
レファエル・ネグリ(ヴァイオリン,ヴィオラ)
デリラー・グートマン(ピアノ)
DDD、 72’00
※ミラノ生まれの作曲家ニッコロ・カスティリョーニ(1932―1996)と、その弟子でマドリード生まれのデリラー・グートマン(1978―)の作品を集めたCD。

STR 37065
「IMAGO」~ルネサンス期の合唱曲集
オルランディ・デ・ラッソ:ティティウスよ、あなたは浜辺の木陰に横たわっているが
アドリアン・ヴィラールト:ああ仲間たちよ、我慢しよう
チプリアーノ・デ・ローレ:ああ仲間たちよ
ジョスカン・デ・プレ:噂は災い
ジョスカン・デ・プレ:ジョスカンの歌
ジョスカン・デ・プレ:甘い形見よ
ジャケ・アルカデルト:震え興奮し
チプリアーノ・デ・ローレ:あなたはまだ望むというの、不誠実な人よ
アドリアン・ヴィラールト:甘い形見よ
マルブリアーノ・デ・オルト:甘い形見よ
オルランディ・デ・ラッソ:甘い形見よ
ジャケ・ド・マンチュア:エンケラドスの妹よ
オルランディ・デ・ラッソ:今こそ去る時

ワルター・テストリン(指揮)デ・ラビリント
録音:2016年5月9-11日 ボザーロ、ロヴィゴ、ヴェネト州、DDD 59’02
※ルネサンス期の合唱曲集。5曲目以降はディドを題材に採った作品。デ・ラビリントはルネサンス音楽を専門に扱う団体で、この録音には混声合唱とヴィオラ・ダ・ガンバ、フルートが参加している。

STRADIVARIUSレーベル・カタログ

« »