[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

(BMOP[Boston Modern Orchestra Project]レーベル)
①マイケル・ジャクソン、U2、アラニス・モリセット、Seal! 洋楽をギター協奏曲にアレンジしたポップ・コンチェルト!
②グラミー賞作曲家スティーヴン・ハートキー作品集!

(BMOP[Boston Modern Orchestra Project]レーベル)
①マイケル・ジャクソン、U2、アラニス・モリセット、Seal! 洋楽をギター協奏曲にアレンジしたポップ・コンチェルト!
②グラミー賞作曲家スティーヴン・ハートキー作品集!

BMOPサウンド・レーベル(アメリカ)

Seal、アラニス・モリセット、U2、マイケル・ジャクソン
洋楽をギター協奏曲にアレンジしたポップ・コンチェルト!
BMOP1051(SACDハイブリッド)
「ポップ・コンチェルト~アンソニー・ポール・デ・リティス」(1968-):作品集
①アムステルダム(2004)
②リフレッシオーニ(2014)
③バレエ(1997/2013)
④-⑦「ポップ・コンチェルト」(ギターと管弦楽のための)(2014)
_④“ブリング・イット・オン”by Seal
_⑤“ユー・オウタ・ノウ”by アラニス・モリセト
_⑥“ビューティフル・デイ”by U2
_⑦“ザ・ウェイ・ユー・メイク・ミー・フィール”by マイケル・ジャクソン

ギル・ローズ(指揮)ボストン・モダン・オーケストラ・プロジェクト
④-⑦エリオット・フィスク(ギター)
②パトリック・デ・リティス(ファゴット)
③デュオ ⅹ88:
【ヴィッキー・チョウ&サスキア・ランクホーン(ピアノ・デュオ)】

録音:①2014年7月1日、
②2014年1月14日、
③2013年5月31日、
④-⑦2014年6月29日、73’04
※アンソニー・ポール・デ・リティスは作曲家で、ボストンにあるノースイースタン大学音楽学部部長であり教授を務めています。
注目は洋楽をギター協奏曲にアレンジした「ポップ・コンチェルト」。Sealに、アラニス・モリセット、U2、マイケル・ジャクソンの楽曲を、クラシック・ギター界では知らぬものはいないヴィルトゥオーゾである巨匠エリオット・フィスクがオーケストラと共に軽やかに躍動しながら演奏しています。4作品ともメロディを活かしながらテクニックも音楽性も多彩さを極めています。

グラミー賞作曲家スティーヴン・ハートキー作品集!
BMOP 1052(SACDハイブリッド)
The Ascent of the Equestrian in a Balloon
~スティーヴン・ハートキー(1952-):作品集
①気球で騎手は上昇する(1995)
②夜明け:弦楽オーケストラのための3つのマドリガル(1983)
③ブランデンブルクの秋(2006)
④ミズーリの女神(2012)

ギル・ローズ(指揮)
ボストン・モダン・オーケストラ・プロジェクト
録音:①2013年7月3日、②2010年3月7日、③2016年1月24日、④2015年6月29日
59’17
※「Meanwhile(その間に)~架空の人形劇への付随音楽」で第55回グラミー賞クラシック部門《最優秀クラシック現代作品賞》を受賞したアメリカの現代音楽作曲家スティーヴン・ハートキー。
ワシントン・ナショナル交響楽団と音楽監督だったレナード・スラットキンに委嘱された「気球で騎手は上昇するThe Ascent of the Equestrian in a Balloon」。オルフェウス室内管弦楽団とクーセヴィツキー・ミュージック・ファウンデーションにより委嘱された「ブランデンブルクの秋」は、J.S.バッハの“ブランデンブルク協奏曲”と同じ楽器を用いて作曲されたもので、ブランデンブルクにある湖を描写した第1楽章、ブランデンブルクの歴史ある美しい街並みを見ながらバッハの時代に郷愁を覚えながら作曲した第3楽章など情感豊かな作品です。

BMOPサウンド・レーベル・カタログ

« »