[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

(299MUSICレーベル)
ロマン派の巨匠たちの創意が花開いたリートを オリジナル弦楽アレンジで紡ぐ
詩人の夢 ソプラノと弦楽四重奏によるドイツ歌曲集 / 白川深雪(ソプラノ)& ミラージュ・クァルテット

(299MUSICレーベル)
ロマン派の巨匠たちの創意が花開いたリートを オリジナル弦楽アレンジで紡ぐ
詩人の夢 ソプラノと弦楽四重奏によるドイツ歌曲集 / 白川深雪(ソプラノ)& ミラージュ・クァルテット

299MUSICレーベル

ロマン派の巨匠たちの創意が花開いたリートをオリジナル弦楽アレンジで紡ぐ
詩人の夢 ソプラノと弦楽四重奏によるドイツ歌曲集 /白川深雪(ソプラノ)& ミラージュ・クァルテット

NIKU-9011 定価:¥2,800+税
■詩人の夢 ソプラノと弦楽四重奏によるドイツ歌曲集 /
白川深雪(ソプラノ)& ミラージュ・クァルテット
フランツ・シューベルト Franz Schubert (1797-1828)
1. 笑いと涙 Lachen und Weinen, Op.59-4 D777 (1823) ….1’44”
2. アヴェ・マリア/エレンの歌第3番  Ave Maria/ Ellens Gesang III, Op.52-6 D839 (1825) ….5’34”
3. 鱒 Die Forelle, Op.32 D550 (1817-21) ….2’18”
4. 糸を紡ぐグレートヒェン Gretchen am Spinnrade, Op.2 D118 (1814) ….3’27”
《冬の旅》より Aus „Winterreise“, Op.89 D911 (1827)
5. 菩提樹 Der Lindenbaum ….4’16”
6. 音楽に寄せて An die Musik, Op.88-4 D547 (1817) ….2’16”
ロベルト・シューマン Robert Schumann (1810-1856)
《ミルテの花》より Aus „Myrthen“, Op.25 (1840)
7. 献呈 Widmung ….2’15”
《リーダークライス》より Aus „Liederkreis“, Op.39 (1840)
8. 異郷にて In der Fremde ….1’42”
9. 間奏曲 Intermezzo ….1’34”
10. 森の語らい Waldesgespräch ….2’12”
ヨハネス・ブラームス Johannes Brahms (1833-1897)
《8つの歌曲と歌》より Aus „8 Lieder und Gesänge “, Op.59 (1873)
11. あなたの青い瞳 Dein blaues Auge ….1’37”
《9つの歌曲と歌》より Aus „9 Lieder und Gesänge“, Op.63 (1873-1874)
12. 郷愁II Heimweh II ….3’01”
リヒャルト・シュトラウス Richard Strauss (1864-1949)
《“最後の葉”による8つの歌曲》より
Aus „8 Gedichte aus ,Letzte Blätter‘ von Hermann v. Gilm“, Op.10 TrV141 (1882-83)
13. 献呈 Zueignung ….1’53”
レオーネ・シニガーリャ Leone Sinigaglia (1868-1944)
14. ブラームスの主題による変奏曲〜弦楽四重奏のための〜 ※世界初録音
Variationen über ein Thema von Brahms für Streichquartett, Op.22 (1902) ….9’48”
(1 – 13 編曲:上野美科)

白川深雪(ソプラノ)
ミラージュ・クァルテット:
【上野美科(ヴァイオリン)
 竹原奈津(ヴァイオリン)
 島田玲(ヴィオラ)
 金子鈴太郎(チェロ)】
録音:2017年2月6-8稲城市立 iプラザホール、44’28”
※ソリストとして数々の受賞歴を持つ白川深雪と、実績十分の実力派で構成されたミラージュ・クァルテットが、ドイツ・ロマン派歌曲の創作と受容の諸相を辿る。自然な呼吸と細やかなニュアンスに満ちた歌声と、洗練されたクァルテットがガット弦で奏でる響きは、詩人たちの鏡となって抒情詩の”心”を映し出す。

白川深雪(ソプラノ)
京都市立芸術大学音楽学部声楽科卒業。同大学院音楽研究科声楽専攻修士課程首席修了。蔵田裕行氏に師事。1997年~2008年渡欧。留学後はドイツ・リートをクラウス・オッカー、オペラ歌唱法をジャネット・スコヴォッティ、発声法をインゲボルク・ヴァームサー各氏に師事。ドイツ、オーストリア、イタリアにて研鑽を積む。第11回飯塚新人音楽コンクール第1位、及び優秀賞を受賞。第4回J.S.G国際歌曲コンクール第1位、聴衆審査による特別賞を受賞。日本演奏連盟ソロオーディション合格。文化祭賞奨励賞を受賞。第5回青山音楽賞を受賞。海外研修費によりドイツへ留学。第8回日本モーツァルト音楽コンクール第2位。モーツァルト音楽大賞優秀賞受賞。NHK-FMにてドイツ・リートの演奏(ピアノ 岡原慎也)が放送される。また、北ドイツのラジオ・ブレーメンでも、ドイツ・リートの演奏(ピアノ 京都市交響楽団第二代常任指揮者ハンス・ヨアヒム・カウフマン)が放送された。1993年の神戸電鉄主催によるデビュー・リサイタルの開催を皮切りに、現在まで14回のソロ・リサイタルを行う。これまでに京都市交響楽団、大阪センチュリー交響楽団(現 日本センチュリー交響楽団)、関西フィルハーモニー管弦楽団、九州交響楽団、ブレーマー・フィルハーモニー管弦楽団などと共演。井上道義指揮京都市交響楽団定期演奏会及びニューイヤーコンサートにソリストとして出演。バッハ「マタイ受難曲」、ヘンデル「メサイア」、ハイドン「天地創造」「四季」、モーツァルト「レクイエム」、ベートーヴェン「第九」他数多くのオラトリオ・ソリストを務める。2008年帰国後ダニエーレ・アジマン指揮にてオペラ「椿姫」「アイーダ」「蝶々夫人」にてタイトルロールを演じる。2015年オペラ「蝶々夫人」にてイタリア・デビュー。レッチェ市ポリテアーマ・グレコ歌劇場、及びブリンディジ歌劇場にて蝶々夫人を演じた際、アリア後にアンコールがかかり、多くの地元新聞で取り上げられた。2017年イタリアが誇る12のAランク劇場(最高ランク)トリエステ・ヴェルディ歌劇場にて「ジャンニ・スキッキ」ラウレッタ、「カヴァレリア・ルスティカーナ」ローラ役で出演。現在、北九州シティオペラ理事。平成音楽大学講師。

ミラージュ・クァルテット:
上野美科(ヴァイオリン)
4歳よりピーボディ音楽院にてヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学卒業。光永俊彦、石井志都子、山口裕之の各氏に師事。NHK名曲アルバム収録に参加。浜松市楽器博物館コレクションシリーズ37『デュフリ全集II』 (レコード芸術準特選)、響ホール室内合奏団のCD『女神たちの饗宴』(同準特選)参加。2014年より《湧き上がる音楽祭in北九州》祝祭管弦楽団コンサートミストレスに招かれる。響ホール室内合奏団栄誉コンサートマスター。クラシカル・プレイヤーズ東京メンバー。山口県芸術文化振興奨励賞受賞。

竹原奈津(ヴァイオリン)
4歳より母の手ほどきでヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部卒業。共に卒業演奏会に出演。ドイツ・フライブルク音楽大学に留学。同大学の大学課程、ソリスト課程ともに首席で卒業。ドイツ演奏家国家資格を取得。これまでに、国内外のコンクールで受賞。サイトウ・キネン・オーケストラに出演。ソロ・室内楽・オーケストラなど多岐に渡り活躍。故・久保田良作、原田幸一郎、立田あづさ、富重祐、マグダレーナ・レツラーの各氏に師事。現在、桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室非常勤講師。

島田玲(ヴィオラ)
東京都出身、岡山県在住。3歳よりヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学へ入学と同時にヴィオラに転向。ヴァイオリンを鈴木共子氏、ヴィオラを岡田伸夫氏に師事。2012年チェンバロ奏者の中野振一郎氏と響ホール室内合奏団のアルバム『女神たちの饗宴〜18世紀ロココの宮廷を彩った音楽』(レコード芸術準特選、『音楽現代』推薦)に客演首席として参加し、ヴァイオリン&ヴィオラを演奏。広島県福山市を中心に学校・施設等にて本物の芸術を届ける活動を行う“文化力を繋ぐ会” に所属し、主に小中学校での演奏活動を行っている。岡山フィルハーモニック管弦楽団団員。

金子鈴太郎(チェロ)
桐朋学園ソリスト・ディプロマコースを経て、ハンガリー国立リスト音楽院に学ぶ。国内外のコンクールで優勝、入賞。2003年〜2007年大阪交響楽団首席チェロ奏者、2007年〜2008年大阪交響楽団特別首席チェロ奏者。現在は各オーケストラにゲスト首席として招聘されるほか、サイトウ・キネン・オーケストラ等で活躍中。トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ首席、Super Trio 3℃、長岡京室内アンサンブル 各メンバー。
オフィシャルサイト http://rintaro.online.fr/

299MUSICレーベル・カタログ

« »