[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

(クアッドリーガ)
「アヴェ・マリア」に「操り人形の葬送行進曲」! オリジナルから作曲者自身や演奏者の編曲までもりだくさん! 広瀬美紀子のグノーのピアノ作品集第1集!

(クアッドリーガ)
「アヴェ・マリア」に「操り人形の葬送行進曲」! オリジナルから作曲者自身や演奏者の編曲までもりだくさん! 広瀬美紀子のグノーのピアノ作品集第1集!

クアッドリーガ・レーベル(日本)

来年2018年はグノー生誕200年!
「アヴェ・マリア」に「操り人形の葬送行進曲」!
オリジナルから作曲者自身や演奏者の編曲までもりだくさん!
広瀬美紀子のグノーのピアノ作品集第1集!
QR 09004 定価¥2,500(税込)(税抜¥2,315)
「グノー:ピアノ作品集Vol.1」
シャルル・グノー(1818-1893):
①アヴェ・マリア − J.S.バッハのハ長調の前奏曲による瞑想(グノー自身によるピアノ独奏版)
②操り人形の葬送行進曲
③5月の朝(遺作)
④バルカローレ(ベネチアの女)
⑤セレナーデ
⑥ピッフェラーリ(ピッファロ吹き達)
⑦-⑮歌劇「ファウスト」第5幕より
_⑦ヴァルプルギスの夜(広瀬美紀子編)
_⑧バレエ音楽第1曲「ヌビア人の乙女達の踊り」(グノー編)
_⑨バレエ音楽第2曲「クレオパトラと黄金の杯」(広瀬美紀子編)
_⑩バレエ音楽第3曲「ヌビアの奴隷と踊り」(広瀬美紀子編)
_⑪バレエ音楽第4曲「クレオパトラと奴隷の踊り」(広瀬美紀子編)
_⑫バレエ音楽第5曲「トロイの乙女達の踊り」(広瀬美紀子編)
_⑬バレエ音楽第6曲「鏡の踊り」(広瀬美紀子編)
_⑭バレエ音楽第7曲「フリネの踊り」(広瀬美紀子編)
_⑮三重唱アリアと終結部(広瀬美紀子編)
⑯コラールとミュゼット
⑰交響曲第2番 変ロ長調 から 第2楽章(グノー編)
⑱祈り

広瀬美紀子(ピアノ)
録音:2017年8月31日三鷹市芸術文化センター風のホール、55:58
※来年(2018年)は生誕200年を迎えるフランスの作曲家グノーの注目のアルバム「グノー:ピアノ作品集Vol.1」。今回はオリジナル作品(「操り人形の葬送行進曲」は有名!)に加え作曲家であるグノーや演奏者である広瀬美紀子がピアノ版に編曲した、グノーの代表作「アヴェ・マリア」や「ファウスト」からのバレエ音楽なども収録。ライナーノートも広瀬自身による意欲作となっております。
広瀬美紀子(ピアノ) Mikiko Hirose, piano
東京芸術大学音楽学部ピアノ科卒業。同大学院ピアノ専修修了。村上明美、笠間春子、谷康子、井口秋子、M.ムンツ、J.ドラノワ、M.ファビュス諸氏に師事。1981年デビューリサイタル以来、数多くのコンサートを開催。N響メンバーと、「ピアノ・トリオの夕べ」開催。ヴィヴァルディ合奏団のチェンバリストも勤める。東京交響楽団と競演他、室内楽、伴奏でも全国各地のコンサート、音楽祭に多数出演。1990〜1991年の間、渡仏。ナント市コンセルヴァトワール及びナント合唱団の伴奏ピアニストを勤める。その間にナント市、ベル・トウ市、ル・マン市でのコンサートに出演。地域に根ざした音楽活動にも力を入れ、自宅サロンのホームコンサートは35回以上に及ぶ。1998年に八王子音楽院を創立。ソロ・リサイタルも定期的に開催。ショパンコンクール in アジア、PTNAコンペティション等、各種コンクールの審査員。全日本ピアノ指導者協会正会員。日本ピアノ教育連盟会員。日本音楽舞踊会議理事、日本ヴィラ=ロボス協会会員。現在、山梨県立大学講師、PTNA八王子中央ステーション代表、PTNA八王子支部支部長、八王子音楽院院長。’05年3枚目のCD「砂の器Ⅱ」’08年4枚目CD「ソロピアノで奏でるピアソラ集」。’09年「ヴィラ=ロボス作品集Ⅰ」。’10年「広瀬美紀子ピアノリサイタルライブ版」CD。’12年「ソロピアノで奏でるピアソラ集Ⅱ」をリリース。’15年「シンディングピアノ作品集Vol.1」をリリース。

クアッドリーガ・レーベル・カタログ

« »