[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

(OTAKEN RECORDS)
フルトヴェングラー&ウィーン・フィル、オタケンリマスタにより甦る「ニコライの第9」!

(OTAKEN RECORDS)
フルトヴェングラー&ウィーン・フィル、オタケンリマスタにより甦る「ニコライの第9」!

OTAKEN RECORDS

フルトヴェングラー&ウィーン・フィル
オタケンリマスタにより甦る「ニコライの第9」!
TKC-369(オープン価格)
ベートーヴェン:交響曲 第9番 ニ短調 作品125 「合唱」
①第1楽章:アレグロ・マ・ノン・トロッポ・ウン・ポコ・マエストーゾ
②第2楽章:モルト・ヴィヴァーチェ
③第3楽章:アダージョ・モルト・エ・カンタービレ
④第4楽章:プレスト-アレグロ・アッサイ
⑤____ :おお友よ、このような音ではない!~(拍手入り)

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ウィーン・ジングアカデミー合唱団
ヒルデ・ギューデン(ソプラノ)
ロゼッテ・アンダイ(アルト)
ユリウス・パツァーク(テノール)
アルフレート・ペル(バス)
録音:1952年2月3日 ウィーン・ムジークフェラインザール(ライヴ・モノラル)

※「ニコライの第9」 は、従来 より「バイロイトの第9」 に匹敵する名演と言われて来ましたが、昨今のリマスタ盤の音質改善により、そのことがやっと明らかになって来ました。
今回、当社のリマスタリングにおきましては、ノイズリダクションに伴うデジタル的漂白化を避け、極力アナログ的雰囲気を残しつつも、録音年代の古さを全く感じさせない、眼前で演奏しているかのようなリアリティーを引き出すことに注力いたしました。その結果、この演奏からウィーン・フィルの魅力を、より一層感じ取れるようになったのではないかと存じます。具体的には、第3楽章のどこまでも歌いぬいて行くヴァイオリンが、より可憐でチャーミングになったことなどですが、さらに重要なのは、フルトヴェングラーのどのような解釈もクッションのように受け入れる、ウィーン・フィルのふところの深さを確認出来るようになったことです。これは、ソリストや合唱団にも言えることで、バイロイト盤にはない魅力です。もちろんムジークフェラインザールのすぐれた音響も、関係していることは間違いありません。これは、すべての面でバランスのとれた、フルトヴェングラーの数ある第9の中でも、最もスタンダードなものになるのではないでしょうか? もし、同年にウィーン・フィルで第9のスタジオ録音があれば、この様なスタイルの演奏になっていたと思われます。終結部、フェルマータの音響崩壊も、今回は許容範囲内で、これを機会にこの演奏が広く聞かれることを期待致します。
(オタケンレコード  太田憲志)

OTAKEN RECORDSレーベル・カタログ

« »