[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

(エディションHSTレーベル)
①ヴァンハル:交響曲集第23巻 〜全曲・世界初録音!〜 F.X.ケルツル、本CDにて作曲家デビュー!?
②限定盤で出ていたヴァンハル:交響曲集第20巻の通常版

(エディションHSTレーベル)
①ヴァンハル:交響曲集第23巻 〜全曲・世界初録音!〜 F.X.ケルツル、本CDにて作曲家デビュー!?
②限定盤で出ていたヴァンハル:交響曲集第20巻の通常版

エディションHSTレーベル(日本)

ヴァンハル:交響曲集第23巻 〜全曲・世界初録音!〜
F.X.ケルツル、本CDにて作曲家デビュー!?
HST-114 ¥3,000+税
J.B.ヴァンハル(1739 -1813);
交響曲集第23巻Bryan C28 B8
①ヴァンハル:交響曲変ロ長調Bryan B8
 ~伝ヴァンハル;F.X.Koerzlケルツル作
②ヴァンハル:交響曲ハ長調Bryan C28
③ディッタース:交響曲ト長調Grave G6
④ディッタース:交響曲ト長調Grave G7
⑤ディッタース:交響曲ニ長調Grave D8

ハイドン・シンフォ二エッタ トウキョウ
リーダー;松井利世子(ヴァイオリン) 
録音: 2017年11月8日、埼玉・三芳町センターホール にてライヴ収録
※全曲世界初録音!
※チェコ・ドクシー宮と作曲家ケルツル
ヴァルトシュタイン候Count Emanuel Philipp von Waldstein (1731- 75) は、ちょうどハイドンが仕えたエステルハージ候のように音楽好きで、彼が治めていた時代1760- 70年代前半には宮廷楽団が整備された。そこへケルツルも雇われ、当時ヴィーンで流行っていたヴァンハル、ディッタース、オルドニュスらの写筆譜が収集され演奏され、また時には自作の交響曲も実演したのであろう。ケルツル作の30を超える交響曲も保管されている。
※都合により第21,22巻は後日発売予定となりました。

※再発売のご案内
ヴァンハル:交響曲集第20巻 ヴァルトシュタイン・ドクシーコレクション写譜から
HST-105 定価:¥2,800(8%税込)(¥2,593+税)
ヴァンハル(1734 -1813);
交響曲集第20巻Bryan d2 f1 a1
①交響曲ヘ短調Bryan f1 (プラハ版) (1773-74?)
②交響曲イ短調Bryan a1 (1773-74?)
③交響曲ニ短調Bryan d2 (1773-74?)

ハイドン・シンフォ二エッタ トウキョウ
リーダー;松井利世子(Vn)
録音: 2016年1月15日、東京・オペラシティ近江楽堂 にてライヴ収録
※①世界初録音
※18世紀中のヴァンハル・コレクターの一つ、チェコ、ヴァルトシュタイン・ドクシー宮のコレクションから短調交響曲3曲を収録。ヴァルトシュタイン伯爵は、ちょうどハイドンのエステルハージ候のように当時の音楽芸術の重要なパトロンであった。
独レーゲンスブルクにも同曲集の写筆譜が伝承されているが、地理的な優位性か、プラハ版の方が自筆譜に近い精度の高い写譜となっている。
※販売終了の特別価格限定盤(HST-995)の通常盤になります。

エディションHSTレーベル・カタログ

« »