[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

(QUERSTANDレーベル)
①ヘンデリアン要注目盤! 様々な打楽器を薬味的に加えた祝祭的な「水上の音楽」!
②バロック・ヴァイオリンの大御所ズザンネ・ショルツのコレッリ!
③メルヒオール・ヴルピウスのモテット集の第3巻!「6声,7声のモテット集第2集」

(QUERSTANDレーベル)
①ヘンデリアン要注目盤! 様々な打楽器を薬味的に加えた祝祭的な「水上の音楽」!
②バロック・ヴァイオリンの大御所ズザンネ・ショルツのコレッリ!
③メルヒオール・ヴルピウスのモテット集の第3巻!「6声,7声のモテット集第2集」

QUERSTANDレーベル(ドイツ)

ヘンデリアン要注目盤!
様々な打楽器を薬味的に加えた祝祭的な「水上の音楽」!
VKJK 1419
ヘンデル:
①水上の音楽 HWV 348/350 抜粋(9曲)
②「エジプトのジューリオ・チェーザレ」~エジプトの地は今こそ贈るように,狡猾な狩人は静かに身を隠して行く,花咲く心地よい野原で
③コンチェルト・グロッソ Op.6-6 HWV324
④「ソザルメ、メディアの王」~私は恥ずべき恐ろしい企てに立ち向かう
⑤「アルミーニオ」~私は死にに行く,栄光の道を守って

ベルンハルト・フォルック(指揮,ヴァイオリン)
ハレ・ヘンデル音楽祭管弦楽団
②④⑤ベンノ・シャハトナー(カウンターテノール) 

録音 : 2017年10月11-13日 ハレ,DDD、73’17
※ヘンデリアン要注目のCD。ベルリン古楽アカデミーの創設(1982年)メンバーで、ゲオルク・カルヴァイトと並んでこの楽団のコンサートマスターを務めるベルンハルト・フォルックが、ヘンデルの生地の音楽祭のオーケストラを指揮してヘンデルの管弦楽曲とオペラのアリアを演奏している。水上の音楽は3つの組曲からほぼ半分を選曲して並べたもので、しかももともと屋外演奏用の音楽だったことを考えて様々な打楽器を薬味的に加えている。打楽器を採用した水上の音楽は稀だろう、祝祭的気分がいや増している。
アリアを歌うベンノ・シャハトナーはドイツの若いカウンターテノールの逸材。瑞々しい声に加えて技術も高度。

バロック・ヴァイオリンの大御所ズザンネ・ショルツのコレッリ!
VKJK 1621
コレッリ:ヴァイオリン・ソナタ集 Op. 5から
第3番 ハ長調
第1番 ニ長調
第4番 ヘ長調
第10番 ヘ長調―前奏曲,ガヴォッタ
第9番 イ長調
第8番 ホ短調

ズザンネ・ショルツ(Vn)
ミヒャエル・ヘル(Cemb)
録音 : 2016年8月17-20日 グラーツ,DDD、73’17
※アルカンジェロ・コレッリ(1653-1713)の代表作の一つ、ヴァイオリン・ソナタ集 Op. 5から6曲を演奏したCD。しかもここでは、フランチェスコ・ジェミニアーニやヨハン・ハインリヒ・ロマン、フランチェスコ・ヴェラチーニらの手が入った楽譜を使用しているというこだわりっぷり。どのような楽譜を用いたのか欧文解説で詳しく説明されている。
バロック・ヴァイオリン・ファンにとっては、バロック・ヴァイオリンの大御所にして名教師、ズザンネ・ショルツが演奏しているのも貴重。ショルツは名声に反して録音が極めて少なく、1枚丸々独奏が聞けるCDはなかった。このCDは大いに歓迎されるだろう。

メルヒオール・ヴルピウス(1570頃-1615)のモテット集の第3巻!
VKJK 1701(2CD)
メルヒオール・ヴルピウス(1570頃-1615):モテット集3
「ヴルピウス:6声,7声のモテット集第2集」
ああ祝福された光である三位一体
神よ、なぜ拒むのですか
神よ、私たちを助けてください
ヨハネは二人の若者を送り
名誉に触れた者に
喜ばしい声で
主を愛する人は悪を憎む
会堂長の一人がイエスのもとに来て
主は私を救ってくれた
主である神ゼバオトは
金は女を得ない
そして卒中になった人が運ばれてきた
王として清算を始め
キリストはいつでも私の希望
神に逆らう者の計略に乗って歩まないものの幸いなこと
主よ、あなたを呼び叫びます
マリヤはユダの町へ
ガリラヤのカナで結婚式が
新しい歌を主に向かって歌え
主に向かって喜ばしい声をあげろ、すべての地よ
主である神に感謝の声を響かせよう
すべての地よ、神を褒め称えろ
主は助けを求める人の近くにいる
弦の調べであなたに感謝します

ルネ・ミヒャエル・レーダー(指揮、オルガン)
カペラ・ダレミンツィア
録音 : 2016年8月22日-9月3日 ヴァルトハイム,DDD、99’06
※メルヒオール・ヴルピウス(1570頃-1615)のモテット集の第3巻、今回は6声と7声のモテット集。メルヒオール・ヴルピウスは1596年からワイマールのカントールを務めた歌手、作曲家。ミヒャエル・プレトリウス(1571-1621)とほぼ同世代である。当時は高名な作曲家だったが、網羅的な録音はquerstandでのルネ・ミヒャエル・レーダー率いるカペラ・ダレミンツィアによるものが初めてである。ここでも丁寧な演奏が好ましい。

QUERSTANDレーベル・カタログ

« »