[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

(コウベレックス)
馬渕清香 実力派ヴァイオリニストの意欲作 バッハ、テレマン、イザイ、レーガー無伴奏作品集!

(コウベレックス)
馬渕清香 実力派ヴァイオリニストの意欲作 バッハ、テレマン、イザイ、レーガー無伴奏作品集!

コウベレックス(日本)

馬渕清香 実力派ヴァイオリニストの意欲作 無伴奏作品集!
KRS 5247 定価:¥3,240(8%税込)(本体価格¥3,000)
馬渕清香ソロ・リサイタル (SAYAKA MABUCHI SOLO RECITAL)
C.P.テレマン:無伴奏ヴァイオリンのための12の幻想曲~第4番 ニ長調TWV40-17
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番ホ長調 BWV1006
E.A.イザイ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第2番イ短調作品27
M.レーガー:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第1番二短調作品42
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ 第3番ハ長調BWV1005

馬渕清香(ヴァイオリン)
録音:2018年9月26日寝屋川市立地域交流センター アルカスホール(セッション)
製作:花音楽企画/販売元:コウベレックス/74分57秒

※今日も忙しい一日が終わった。夜の帳(とばり)が降り、ホッとして窓の外を眺めると、夜空にたくさんの星が瞬いている。ワインセラーからお気に入りのワインを取り出しグラスに注ぐ。手の中のグラスを揺らしながらソファにゆったり腰をかけ再び窓の外を眺める。しばらく静かに自分と対話した後、バッハを聴きたくなる。
往年の名ヴァイオリニストのメニューインはその著書の中で「ヴァイオリニストは、人間を蒸留して希少な力を抽出したまことに珍しい存在だ―――その半分は虎で、半分は詩人なのである。」と言った。このたびリリースされた馬渕清香の「SOLO RECITAL」は、このメニューインの言葉を彷彿とさせる、彼女にとって初のソロ・アルバムである。この演奏を聴いていると、古今東西の名演がある中で、敢えて今リリースを決意したことに強く共感するものがある。演奏にはいろいろな演奏家の「良さ」あるいは「個性」が共存しているであろうが、この演奏は、酒造りの杜氏が「水を磨く」ように、テレマンの、バッハの、イザイの、レーガーの、それぞれの曲が求めている音色や解釈、グルーブをシンプルな形に磨きあげ、聴く者に彼女独特の「天から降りてくるもの」を感じさせるまでに昇華されている点が魅力的である。更に、音楽専用ホールの豊かな音響、経験豊富なレコーディング・エンジニアの全面協力を得て入念に製作された点においても完成度が高く、一聴に値する一枚である。(崎本哲生)
<馬渕清香について>
1990年全日本学生音楽コンクール優勝、桐朋学園大学在学中、国内外の音楽祭に参加。
イタリア・シエナのキジアーナ音楽祭にてファイナルコンサート出演キジアーナ・ディプロマ賞受賞。現在、関西のみならず東京においても「クラシック音楽の良さを広く知らしめる伝道師のひとり」として精力的にコンサート活動に取り組んでいる期待の中堅である。
オフィシャルサイトhttp://s-sepia.com/

コウベレックス・レーベル・カタログ

« »