[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

(MARSTONレーベル)
①MARSTONの偉業!20世紀前半の偉大なバス、シャリアピンの全録音を復刻!!
②幻中の幻の名ピアニスト、シドニー・フォスター録音集成!
 何と奥田道昭(指揮)日本フィル共演のシューマン:協奏曲やコープランド指揮のバルトークも収録!

(MARSTONレーベル)
①MARSTONの偉業!20世紀前半の偉大なバス、シャリアピンの全録音を復刻!!
②幻中の幻の名ピアニスト、シドニー・フォスター録音集成!
 何と奥田道昭(指揮)日本フィル共演のシューマン:協奏曲やコープランド指揮のバルトークも収録!

MARSTONレーベル(アメリカ)

MARSTONの偉業!20世紀前半の偉大なバス、シャリアピンの全録音を復刻!!
51301-2(13CD,9枚価格)
「フョードル・シャリアピン全録音集」
フョードル・シャリアピン(バス)
録音:1898~1936年ADD 984分

曲目・共演者明細はこちら

※marstonが偉業を成し遂げた。20世紀前半の偉大なバス、フョードル・シャリアピン(1873-1938)の全録音を復刻。20世紀初頭のロシア帝国時代の録音から、亡命後のロンドンやパリなどでの録音、そして未発表録音や私的録音まで含んだCD13枚、16時間半近くという膨大な量。世紀の大歌手シャリアピンの全貌がこの一箱に詰まっている。シャリアピンはもちろんオペラ歌手として世界をまたに駆けて活躍し、ことにムソルグスキーの「ボリス・ゴドゥノフ」は彼が世界に知らしめたようなものだが、同時にシャリアピンはヴォルガの舟歌や黒い瞳のようなロシア民謡も深く愛し愛唱曲に高めた。そうしたシャリアピンの両輪の魅力は古い録音を通してもたっぷり楽しめる。
よく知られているようにシャリアピンは1936年 昭和11年、亡くなる2年前に来日し、東京で生涯最後の録音を行った。彼の得意中の得意の2曲、蚤の歌はまさに絶唱、そして深々としたヴォルガの舟歌。後者の最後の静かに消えて行く声が記録されたシャリアピンの最後の声である。日本人にはことのほか感慨深い録音だ。
いつもながらマーストンによる復刻は極めて丁寧なもの。さらに320ページ超のハードカバーの冊子が付属、英文解説に加え、ロシア語の歌に英語訳がついており、これだけでも貴重。たいへんに力の入った品である。marstonは初回生産分が完売すると再生産は稀なので、くれぐれもお見逃しなきよう。

幻中の幻の名ピアニスト、シドニー・フォスター録音集成!
何と来日時の日本フィル共演のシューマン:協奏曲や
コープランド指揮のバルトーク:協奏曲も収録!
57001-2(7CD,4枚価格)
「シドニー・フォスター~アメリカの名手再発見」
シドニー・フォスター(ピアノ)
録音:1941~1975年ADD 559分

(CD1)
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 Op23-1
モーリス・アブラヴァネル(指揮)ユタ交響楽団
録音:1966年1月15日 ユタ州 レイクシティ (ステレオ ただし録音テープの傷みのため第1楽章の14分過ぎから18分前辺りまでモノラル)
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番 ハ短調 Op.37
ジョン・バルビローリ(指揮)ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団
1941年3月23日 ニューヨーク州ニューヨークシティ(ラジオのアナウンス付き)
バッハ(リスト編):幻想曲とフーガ ト短調 BWV542
1955年3月29日 インディアナ州ボルチモア
メンデルスゾーン:無言歌 Op.62-1 「五月のそよ風」
1965年10月10日 インディアナ州ブルーミントン

(CD2)
メンデルスゾーン:幻想曲 嬰へ短調 Op.28
シューマン:謝肉祭 Op.9
ショパン:ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調 Op.35
リスト:慰め S.172 第3番,ヴェネツィアとナポリ S.162―タランテラ
スクリャービン:左手のための前奏曲 Op.9-1
ウェーバー:ピアノ・ソナタ第1番 ハ長調 Op.24―第4楽章 常動曲
シューマン:ロマンツェ 嬰ヘ長調 Op.28-2
1954年5月3日 インディアナ州ブルーミントン

(CD3)
モーツァルト:ピアノ・ソナタ第5番 ト長調 K.283
1973年11月26日 インディアナ州ブルーミントン
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第21番 ハ長調 Op.53 「ワルトシュタイン」
1971年11月13日 インディアナ州ブルーミントン
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第31番 変イ長調 Op.110
1966年10月30日 インディアナ州ブルーミントン
リスト:ピアノ・ソナタ ロ短調 S.178
1968年2月8日 インディアナ州ブルーミントン(ステレオ)

(CD4)
シューマン:蝶々 Op.2
1968年6月30日 インディアナ州ブルーミントン(かすかなステレオ)
シューマン:ピアノ協奏曲 イ短調 Op.54
奥田道昭(指揮)日本フィルハーモニー交響楽団
1962年5月3日 東京(ステレオ)
ブラームス:ピアノ・ソナタ第3番 ヘ短調 Op.5
1970年2月19日 インディアナ州ブルーミントン(ステレオ)
グリーグ:夜想曲 ハ長調 Op.54-4
1973年11月26日 インディアナ州ブルーミントン(かすかなステレオ)

(CD5)
フランク:前奏曲、コラールとフーガ
ショパン:幻想曲 ヘ短調 Op.49,
     練習曲 嬰ハ短調 Op.10-4,
     練習曲 変ト長調 Op.10-5 「黒鍵」,
     練習曲 変ホ短調 Op.10-6,
     練習曲 ヘ長調 Op.10-8
1952年4月27日 インディアナ州ブルーミントン
ショパン:ピアノ・ソナタ第3番 ロ短調 Op.58
1970年2月19日 インディアナ州ブルーミントン(ステレオ)
ショパン:バラード ヘ短調 Op.52
1969年7月1日 インディアナ州ブルーミントン(ステレオ)
ショパン(フォスター編):ワルツ 変ニ長調 Op.64-1 「小犬のワルツ」
1975年1月19日 インディアナ州ブルーミントン(不明瞭なステレオ)
モシュコフスキー:ギター Op.45-2
1968年6月30日 インディアナ州ブルーミントン(ステレオ)

(CD6)
ラフマニノフ:ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調 Op.36
1974年11月3日 ペンシルベニア州フィラデルフィア(ステレオ)
スクリャービン:練習曲 変ニ長調 Op.42-1,
        練習曲 嬰ヘ短調 Op.42-2,
        練習曲 嬰ヘ長調 Op.42-4,
        練習曲 嬰ハ短調 Op.42-5
1974年2月2日 ニュージャージー州グラスボロ(ステレオ)
スクリャービン:ピアノ・ソナタ第9番 Op.68 「黒ミサ」
1968年2月8日 インディアナ州ブルーミントン
バルトーク:「子供のために」第4巻―葬送歌
1964年7月8日 インディアナ州ブルーミントン
プロコフィエフ:ピアノ・ソナタ第9番 ハ長調 Op.103,
        束の間の幻影 Op.22~第1,3,10,11,14,15,8,18曲,
        ガヴォット Op.32-3
1961年10月2日 インディアナ州ブルーミントン
パデレフスキ:幻想的クラコヴィアク Op.14-6
1968年2月8日 インディアナ州ブルーミントン
フンメル:ロンド 変ホ長調 Op.11
1952年4月27日 インディアナ州ブルーミントン

(CD7)
バッハ(リスト編):前奏曲とフーガ イ短調 BWV.543
1957年5月19日 インディアナ州ブルーミントン
モーツァルト:デュポールのメヌエットによる9つの変奏曲 ニ長調 K.573
1952年4月27日 インディアナ州ブルーミントン
ブラームス:4つのバラード Op.10
1955年3月29日 インディアナ州ブルーミントン
ドビュッシー:前奏曲集第2巻~月の光がふりそそぐテラス,
       前奏曲集第1巻~野を渡る風
デロ・ジョイオ:ピアノ・ソナタ第3番 ト長調
1952年4月27日 インディアナ州ブルーミントン
バルトーク:ピアノ協奏曲第3番
アーロン・コープランド(指揮)ボストン交響楽団
1965年4月9-10日 マサチューセッツ州ボストン(ステレオ)

※mastonが世界中のピアノ・マニアを狂喜させる7CDセットを発売。商業録音がほとんどない幻中の幻の名ピアニスト、シドニー・フォスター(1917―1977)の1941年から1975年までの主としてライヴ録音を集めている。
シドニー・フォスターは1917年、米国、サウスカロライナ州のフローレンスの生まれ。10歳で、伝説的ピアニスト、ヨーゼフ・ホフマンが院長を務めるカーティス音楽院に入学。卒業後は1970年代半ばまで精力的に活動し名声を築き上げた。日本にも1962年に訪問して絶賛された。高い実力を誇りながら、フォスターは商業録音に関心を示さず、残されたのはモーツァルトのピアノ協奏曲とクレメンティのソナタが少々。そのため今日ではマニアしか知らないピアニストになってしまった。
そんなフォスターのライヴ録音をmarstonがCD7枚にまとめ上げた。大半は彼が住んでいたインディアナ州ブルーミントンでの録音。録音状態はマチマチながら、これまでほぼ完全に謎に包まれていたピアニストの芸術がこれだけ一気に明らかにされることに興奮を覚える。また作曲家アーロン・コープランドがボストン交響楽団を指揮したバルトークのピアノ協奏曲第3番という、伴奏の点でも目を引く録音もある。1962年来日時のシューマンのピアノ協奏曲も収録されている。これを含め一部はステレオ録音、ただしものによってはほとんど左右に広がらないかろうじてステレオのものも含まれるのでご注意を。

MARSTONレーベル・カタログ

« »