[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

(OTAKEN RECORDS)
全く想定外の良音で甦る フルトヴェングラー&ウィーンフィル、51年の第九!

(OTAKEN RECORDS)
全く想定外の良音で甦る フルトヴェングラー&ウィーンフィル、51年の第九!

OTAKEN RECORDS(日本)

全く想定外の良音で甦る
フルトヴェングラー&ウィーンフィル、51年の第九!
TKC-367(オープン価格)
ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調 作品125「合唱」

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ウィーン・アカデミー合唱団
イルムガルト・ゼ―フリート(ソプラノ)
ロゼッテ・アンダイ(コントラルト)
ユリウス・パツァーク(テノール)
オットー・エーデルマン(バス)
録音:1951年 1月7日ウィーン楽友協会大ホールにて実況録音
※ミント盤LPからの復刻

※今回の大阪発ミント盤LP復刻は、1951年1月のウィーンフィルとの第九です。
これは、全く想定外の良音で再生されました。51年1月といえば、例のバイロイトの第九の半年余り前です。曲の解釈や、フルトヴェングラーの気力の充実度などは酷似しています。しかし、ともすればバイロイトの第九が、音が苦(おんがく)に耐えて精神の高みへ行こうとする感があるのに対し、このウィーンフィルとの第九は、文字通り、音楽すなわち音を楽しむことも、音楽の重要な要素であることを、思い起こさせてくれます。具体的には、ウィーンフィルの弦、管の音色とたっぷりとした響き、ホールの良さに起因すると思われるオケとソリストと合唱のバランスの良さ、フルトヴェングラーのどんなに叩き込むような解釈をも、潤滑油を効かしてスムーズに解決するウィーンの演奏家たちの上手(うま)さなどです。かと言って、ウィーン演奏に精神的なものがなおざりにされているわけでは決してなく、3楽章の精神的な深みは、バイロイトのそれに、ひけをとりません。
尚、この復刻において使用したレコードは、初出のものではなく、第2版です。
初出版は、エアチェックで、4楽章はバイロイトの第九で補修されていると言われております。第2版は、首尾一貫したマスターテープ起こしであることは、今回の音を聞いていただいても明らかです。尚、1楽章にはマスターテープの回転が僅かに安定しない箇所があります。お含みおき下さいませ。
(オタケンレコード  太田憲志)

OTAKEN RECORDSレーベル・カタログ

« »