[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

(GALLOレーベル)
名手ミラン・ジェジハによる大作曲家3人のクラリネット室内楽!
他、新譜2タイトル

(GALLOレーベル)
名手ミラン・ジェジハによる大作曲家3人のクラリネット室内楽!
他、新譜2タイトル

GALLOレーベル(スイス)

名手ミラン・ジェジハによる大作曲家3人のクラリネット室内楽!
GALLO 1578
「街の歌」~クラリネットを含む室内楽
ブラームス:クラリネット三重奏曲 イ短調 Op.114
ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲第4番 変ロ長調 Op.11 「街の歌」
ベートーヴェン:クラリネットとチェロのための二重奏曲 変ロ長調 WoO.27-3
メンデルスゾーン:協奏的小品第2番 ニ短調 Op.114

ミラン・ジェジハ(クラリネット)
ニコライ・シュガエフ(チェロ)
ファティマ・アリエヴァ(ピアノ)
録音:2019年1月 プラハ、65’40

※大作曲家3人のクラリネット三重奏曲などを集めている。ベートーヴェンの二重奏曲はオリジナルはクラリネットとファゴットのための作品。
ミラン・ジェジハは1973年生まれのチェコのクラリネット奏者。しっとりとした音色だがしかし重過ぎない優しさのある音色が美しい。実力の割りに録音が極端に少ない人なので、クラリネット・マニアには嬉しいリリースだろう。なお近年は姓をハーチェクなしの Rericha で綴っており(このCDでも同様)、西欧風にレリハと読むようになっているかもしれない。
ニコライ・シュガエフは1988年、モスクワ生まれのチェロ奏者。ファティマ・アリエヴァはロシア最南西部のダゲスタン共和国出身のピアニスト。

※その他GALLOレーベル新譜
GALLO 1571
「フランスのオルガン音楽の黄金の世紀 第2集」
デュ・マージュ(1674-1751):オルガン曲集第1巻(全8曲)
メシアン:キリストの昇天(オルガン版)
デュリュフレ:アランの名による前奏曲とフーガ

アレッサンドロ・ラ・チアチェーラ(オルガン)
録音:2018年8月,63’15
※フランスのオルガン音楽の黄金の世紀の第2集と題されているが、第1集の存在は不明。ピエール・デュ・マージュ(1674-1751)は、フランス北部のランの大聖堂でオルガニストを務めた人物。オルガン曲集第1巻は1708年の刊。メシアンのキリストの昇天は管弦楽版を作曲者自身がオルガン用に改めたもので、第3楽章は別物。
アレッサンドロ・ラ・チアチェーラは1979年生まれのイタリアのオルガン奏者。フランス、ピティヴィエのサン=サロモン教会のオルガンを使用。

GALLOレーベル・カタログ

« »