[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

(MUSIC&ARTSレーベル)
①カルロ・グランテの偉業! D.スカルラッティのソナタ全集完結!
②吹奏楽で有名なシュワントナー作品を含む! バロック弦楽四重奏のための新作集!

(MUSIC&ARTSレーベル)
①カルロ・グランテの偉業! D.スカルラッティのソナタ全集完結!
②吹奏楽で有名なシュワントナー作品を含む! バロック弦楽四重奏のための新作集!

MUSIC&ARTSレーベル(アメリカ)

カルロ・グランテの偉業! D.スカルラッティのソナタ全集完結!
M&ACD 1299(7CD、4枚価格)
ドメニコ・スカルラッティ(1685-1757):
鍵盤ソナタ全集第6巻(完結編・全119曲)

CD1)パルマ写本第15巻(第1-20番)
CD2)パルマ写本第15巻(第21-36番)
CD3)パルマ写本第15巻(第37-42番)
ヴェニス写本(1742)(K.45/K.51/K.52/K.58/K.59-68/K.36/K.38)
CD4)ヴェニス写本(1742続き)(K.70-86/K.37/K.33/K.94)
CD5)ヴェニス写本(1742続き、1749)(K.88-93/K.31/K.102/K.103/K.117)
その他の出典(Boivin-v.III.1/Boivin-v.III.3)
CD6)その他の出典(K.95/Boivin v.III10/K.97/Bologna/K.145/K.146/Granados10/Haffner5/f15v-16r/K.141-144/L22-8/K.452/K.453/Münster5-21a/K.147)
CD7)その他の出典(New Haven X-1/New Haven X-2/Paris/K.35/K.39/K.40/K.42/K.32/K.34/Barcelona11/Catalonia34)
カルロ・グランテ(ピアノ)
録音:2018年12月17-21日ベーゼンドルファー・セレクション・センター,ウィーン
使用ピアノ:ベーゼンドルファー280ウィーン・コンサート・ピアノ
[74:58]/[73:26]/[78:14]/[73:56]/[74:51]/[73:21]/[32:03]
※MUSIC&ARTSの看板アーティスト、イタリアのピアニスト、カルロ・グランテのスカルラッティ全集がついに完結!全6巻35枚570曲にも及びます。555曲で知られるカークパトリック番号のない作品も収録。2009年に録音を開始、足掛け10年をかけての偉業です。ソラブジやブゾーニも得意とするグランテですが、ここでは明るい音色のモダン・ピアノでのお手本のようなスカルラッティ演奏となっています。
※好評発売中! カルロ・グランテのスカルラッティ:ソナタ全集シリーズ M&ACD1236(6CD,4枚価格)
「ドメニコ・スカルラッティ:鍵盤ソナタ全集第1巻」
練習曲集(ソナタ)(30曲)/
パルマ写本第1巻(30曲)/
パルマ写本第2巻(30曲)

カルロ・グランテ(Pf)
録音:2009年、DDD

M&ACD1242(6CD,4枚価格)
「ドメニコ・スカルラッティ:鍵盤ソナタ全集第2巻」
パルマ写本第3巻(全30曲)/
パルマ写本第4巻(全30曲)/
パルマ写本第5巻(全30曲)

カルロ・グランテ(Pf)
録音:2009年、DDD

M&ACD1273 (6CD,4枚価格)
「ドメニコ・スカルラッティ:鍵盤ソナタ全集第3巻」
パルマ写本第6巻(30曲)/
パルマ写本第7巻(31曲)/
パルマ写本第8巻(30曲)

カルロ・グランテ(Pf)
録音:2012年、DDD

M&ACD1293(5CD,4枚価格)
「ドメニコ・スカルラッティ:鍵盤ソナタ全集第4巻」
パルマ写本第9巻(全30曲)/
パルマ写本第10巻(全30曲)/
パルマ写本第11巻(全30曲)
カルロ・グランテ(Pf)
録音:2013年、DDD

M&ACD1294(5CD,4枚価格)
「ドメニコ・スカルラッティ:鍵盤ソナタ全集第5巻」
パルマ写本第12巻(全30曲)/
パルマ写本第13巻(全30曲)/
パルマ写本第14巻(全30曲)

カルロ・グランテ(Pf)
録音:2016年、DDD

吹奏楽で有名なシュワントナー作品を含む! バロック弦楽四重奏のための新作集!
M&ACD 1297
「夢のカーテン」~バロック弦楽四重奏のための新作集
①マーク・メリッツ(b.1966):弦楽四重奏曲第2番「レヴォリューション」
②ジョセフ・シュワントナー(b.1943):「夢のカーテン/ソローの歌」
 ~バロック弦楽四重奏とコントラルト、2つのクリスタル・ゴブレットのための
③ロバート・モリス(b.1943):「ラディーフIV/星々と最高のマグニチュード」
 ~バロック弦楽四重奏とクリスタル・ゴブレットのための

ガラックス四重奏団
カレン・R・クラーク(②コントラクト、②③クリスタル・ゴブレット)
②デイヴィッド・モリス(クリスタル・ゴブレット)
録音 : 2016/2018年 62:36
※ガラックス四重奏団は2005年に結成されたアメリカの弦楽四重奏団。ヴィオラ奏者はヴィオラ・ダ・ガンバを使用、他のメンバーもバロックの弦楽器を使っており、それで現代音楽を演奏することがこのグループの大きな特色である。アルバムは全てこのグループのために書かれた作品で、メリッツの第2弦楽四重奏曲「レヴォリューション」はロックとミニマル、ストラヴィンスキーの要素が融合した活気あふれる快作。シュワントナーの「夢のカーテン/ソローの歌」は名著「森の生活」で知られるH.D.ソローの文章からテキストを取った声楽つき弦楽四重奏曲。このディスクでは弦楽四重奏とともにクリスタル・ゴブレットなる楽器が登場するが、これはクリスタル製のグラス・ハーモニカのことでグラスの縁を水で濡らした指でこすることにより、透明な美しい音が発する。シュワントナー作品とモリスの「ラディーフIV」にこの楽器が使用されている。

MUSIC&ARTSレーベル・カタログ

« »