[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

(MERIDIANレーベル)
モーツァルト:フルート四重奏曲のファゴット編曲版! 他新譜3タイトル

(MERIDIANレーベル)
モーツァルト:フルート四重奏曲のファゴット編曲版! 他新譜3タイトル

MERIDIANレーベル(イギリス)

モーツァルト:フルート四重奏曲のファゴット編曲版!
CDE 84637
cde84637モーツァルト(モルデカイ・レヒトマン編曲):
ファゴット四重奏曲集 (原曲:フルート四重奏曲)
ファゴット四重奏曲第1番ト長調K.285
ファゴット四重奏曲第2番ハ長調K.285a
ファゴット四重奏曲第3番ヘ長調K.285b
ファゴット四重奏曲第4番変ロ長調K.298

ウジィ・シャレフ(Fg)、
シャロン・コーエン(Vn)、
ロテム・ベイデル(Va)、
ヨータム・バルーク(Vc)
録音:2013年4月テル・アヴィヴ,55’20

※イスラエル出身で、イスラエル・フィルの元首席ファゴット奏者、指揮者、指導者として大きな足跡を残しているモルデカイ・レヒトマン(1926-)。ファゴットを知り尽くした彼がモーツァルトの“フルート四重奏曲”を“ファゴット四重奏曲”に編曲。とても暖かな音色で、ファゴットの演奏がしやすいように転調された作品は、原曲とは別の作品のような趣です。演奏者のウジィ・シャレフは、編曲者でもあるレヒトマンに師事していました。1987年からイスラエル・フィルのファゴット奏者で現在は副首席ファゴット奏者として活躍しています。

※その他MERIDIAN新譜
CDE 84634
cde84634「タンゴ:ボディ&ソウル」
エンリケ・フランチーニ(1916-78)/ヴェルナー・トーマス=ミフネ編:やってきた女
フリオ・デ・カロ(1899-1980)/ヴェルナー・トーマス=ミフネ編:グアルディア・ビエハ
エドゥアルド・アロンソ=クレスポ(1956-):トリオOp.30
フアン・マリア・ソラレ(1966-):テンゴ・アン・タンゴ
ルイス・ホルヘ・ゴンザレス(1936-):希望のモンタージュ
アストル・ピアソラ(1921-92)/ホセ・ブラガート編:ブエノスアイレスの四季

トリオ・コルディレラス:
【エリザベス・キッパー(Vn)、
トーマス・ハインリッヒ(Vc)、
アレハンドロ・クレマスキ(Pf)】
録音:2014年3月、63’03
※ヴァイオリン、チェロ、ピアノの編成でタンゴの名曲から、現代音楽作曲家が“タンゴ”からインスパイアされた作品を収録。アルゼンチンの作曲家兼指揮者として活躍しているアロンソ=クレスポの“トリオ”はトリオ・コルディレラスが委嘱した作品。クラシックの要素とタンゴのリズムやメロディが融合。ロマンティックでありながら、ひんやりとした哀愁が美しい作品。ジャジーな“テンゴ・アン・タンゴ”、そしてピアノ・トリオに編曲されたピアソラの傑作「ブエノスアイレスの四季」は抒情豊かで優雅に生まれ変わりました。

CDE 84636
cde84636「ガブリエル・フォーレ:ピアノ作品集」
舟歌第1番イ短調Op.26/バラード嬰ヘ短調Op.19/
3つの無言歌Op.17より第3番変イ短調/
夜想曲第4番変ホ長調Op.36/ヴァルス・カプリス第2番変ニ長調Op.38
舟歌第3番変ト長調Op.42/8つの小品より第4曲、第5曲/
夜想曲第6番変ニ長調Op.63/夢のあとに(グレインジャー編)

クリスティーヌ・クロショウ(Pf)
録音:2014年8月、65’13
※イギリスのピアニスト、トリニティ・ラバン・コンセルヴァトワール音楽大学の教授を務めているクリスティーヌ・クロショウによるフォーレのピアノ作品集。ロンドンの王立音楽アカデミーにて、ヴィヴィアン・ラングリッシュ、ゴードン・グリーンに師事。ソロのほかに、室内楽にも力を入れており、ミルシテイン、ヤニグロ、デボスト、ジャック・ズーンなど数多くの共演を重ねています。このアルバムではファツィオリのピアノで演奏しており、「舟歌第1番」では、もの静かでセンチメンタルに奏で、小川から雄大な大河を思わせます。「3つの無言歌より第3番」では、右手で歌う「メロディ」が子守歌のように語りかけてくるようです。

meridianMERIDIANレーベル・カタログ

« »