[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

(OTAKEN RECORDS)
フルトヴェングラー晩年様式が理想的な音で聴ける! ルガーノの田園 & K.466 見本盤復刻!

(OTAKEN RECORDS)
フルトヴェングラー晩年様式が理想的な音で聴ける! ルガーノの田園 & K.466 見本盤復刻!

OTAKEN RECORDS(日本)

フルトヴェングラー晩年様式が理想的な音で聴ける!
ルガーノの田園 & K.466 見本盤復刻!
TKC-366(オープン価格)
tkc366①ベートーヴェン:交響曲 第6番 ヘ長調Op.68 「田園」
②モーツァルト:ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調K.466

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
②イヴォンヌ・ルフェビュール(ピアノ)
録音:1954年5月15日 ルガーノでのライブ録音
原盤:白レーベル非売品見本盤
※「ルガーノの田園」と言えば、これまであまり良い音のレコード、CDに出会えませんでした。レコードはモヤモヤ、モコモコ感があり、CDはデジタル臭が強く、キンキンしていました。今回の復刻に使用した白レーベル非売品見本盤の音は、シャキッとしてそれでいてアナログ独自のナチュラルさにも欠けるところのない、まことに理想的なものでした。この盤で聴きますと、テンポが遅いと言われる 「ルガーノの田園」 が、決してもたれることなく、前へ前へと進んで行き、実際の時間より速く感じられる程です。又、率直な読みと平明な表現を旨とする「軽み」 (かろみ) とも言うべき、巨匠晩年様式が、如実に現れているのも、この盤の特徴といえましょう。巨匠が最期にたどり着いた世界は、わびさびではなく、若さも色もある、これから又何かが始まるような境地であったことが、想起されます。 尚、同日演奏されたK.466は、フルトヴェングラー最高のモーツァルトであるばかりか、今日でもK.466のベストとする方々も少なくない名演奏です。併せご堪能くださいませ。
(オタケンレコード  太田憲志)

otakenOTAKEN RECORDSカタログ

« »