[東武商事] クラシック音楽CDの輸入・製作・卸を行っています。

(MUSIC&ARTSレーベル)
ネーメ・ヤルヴィとアンナ・シェレストによるルビンシテイン:ピアノ協奏曲全集完結編!

(MUSIC&ARTSレーベル)
ネーメ・ヤルヴィとアンナ・シェレストによるルビンシテイン:ピアノ協奏曲全集完結編!

MUSIC&ARTSレーベル(アメリカ)

ネーメ・ヤルヴィとアンナ・シェレストによる
ルビンシテイン:ピアノ協奏曲全集完結編!
M&ACD 1308
A.ルビンシテイン(1829-1894):
ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 Op.25
ピアノ協奏曲第2番 へ町長 Op.35
6つの性格的小品 Op.50~第3番 「舟歌」,第5番 「子守歌」(レイトゥシュ編)

アンナ・シェレスト(ピアノ)
ネーメ・ヤルヴィ(指揮)
エストニア国立交響楽団
録音:2022年9月20,21,23日 エストニア タリン、73’05
※Sorel Classics から、ピアノ協奏曲第4番,ロシア奇想曲(SCCD 013)、ピアノ協奏曲第3番,第5番(SCCD 014)と発売されていた、 アンナ・シェレストとネーメ・ヤルヴィによるアントン・ルビンシテインのピアノ協奏曲全集の完結編は、販売提携先だったMusic & Artsからの発売。19世紀的ヴィルトゥオーソの色濃いことで人気のある第1番も、その1年後の第2番も、シェレストの意欲的なピアノとヤルヴィ指揮の豊かなオーケストラで万全の演奏になっている。レーベルを跨いだバラ3枚とはいえ、シェレストとヤルヴィによるルビンシテインのピアノ協奏曲全集はその決定盤というものになっただろう。アルカディ・レイトゥシュのオーケストラ編の「舟歌」と「子守歌」もたいへんに素敵だ。日本ではチャイコフスキー絡みで名前ばかりが有名なアントン・ルビンシテインの芸術に改めて接するには打って付けだ。

※好評発売中! ヤルヴィとシェレストのルビンシテイン:ピアノ協奏曲シリーズ(SOREL CLASSICS)
SCCD 013
ルビンシテイン:
ピアノ協奏曲第4番 ニ短調 Op.70
ロシア奇想曲 Op.102

アンナ・シェレスト(ピアノ)
ネーメ・ヤルヴィ(指揮)
ザ・オーケストラ・ナウ
録音:2017年10月15日ニューヨーク州 ニューヨーク・シティ(ライヴ録音)、DDD、50’34

SCCD 014
ルビンシテイン:
ピアノ協奏曲第3番 ト長調 Op.45
ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 Op.94

アンナ・シェレスト(ピアノ)
ネーメ・ヤルヴィ(指揮)
エストニア国立交響楽団
録音:2018年5月7日 エストニア タリン、DDD、72’08

MUSIC&ARTSレーベル・カタログ
SOREL CLASSICSレーベル・カタログ

« »