[東武商事] クラシック音楽CDの輸入・製作・卸を行っています。

NEOS(ドイツ)(NEOS11901~)
当レーベルは長年COL LEGNOレーベルで活躍していたヴルフ・ヴァインマン氏が新しく立ち上げたレーベルです。COL LEGNOの名物企画「ムジカ・ヴィヴァ・ミュンヘン・シリーズ」は当レーベルに引き継がれます。硬派な現代音楽から、ヒナステラやワインベルクなど所謂現代音楽というジャンルに入らないような作曲家まで、20世紀・21世紀の作曲家にこだわったラインナップとなっております。また「ストラヴィンスキー:春の祭典」や「ショスタコーヴィチ:交響曲第5番」のピアノ連弾版なども注目です。 凝った内容の「NEOSクラシック」(NEOS30801~)や現代音楽とジャズを行き来するアーティストの実験的な「NEOSジャズ」(NEOS40701~)といったシリーズも聴きものです。
NEOS(NEOS10701-10950)
NEOS(NEOS11001-11319)
NEOS(NEOS11401-11829)
NEOS(NEOS11901~)
NEOS(NEOS20801~)
品 番内 容演奏家
NEOS 12206
「モザイク」~イランの音波の視点
セイエド・シナ・サデグポア(b.1977):ソプラノと混合アンサンブルのための室内楽作品集
①《アヴァズI》(2015)~Sop, Hrp, Hr, ワイン・ボトルのための
②《リラ》(2013)~Sop, バスClのための
③《ドゥルファラク》(2012)~プリペアド・ピアノのための
④《ファーシュ》(2017)~2Hr, Trp, Trb, タール, ウード, トンバク, Vc, 2Sopのための
⑤-⑭《ゼンダニエ・ヴァゼーハ》(2012)~Sop, Trb, Vc, Pf, Percのための
⑮《チャハルガー》(2008)~チェロとプリペアド・ピアノのための
⑯《アヴァズII》(2016)~Hrp, Hr, Cl, 話し声, ワイン・ボトルのための
⑰《デラクテ・シブ》(2019)~Hrp, Vc, サイド・ドラム, クロタル, Sopのための
ガラレー・バジリザデー(Sop)
サイエー・ソデイフィ(Sop)
アザデー・アミリ(タール)
ダナ・バラク(Cl)
ザビーネ・ブッフマン(Vc)
カルロ・アイゼンマン(Trb)
ヘンリケ・ゲニーザー(Trp)
ミヒャエル・ホフマン(Hr)
エヴェレット・ホプフナー(Pf)
サスキア・クリーマン(Perc)
チン=ティン・ルー(Hr)
マリヤム・モラ(トンバク)
マルティン・シュマルツ(Pf)
レア・ヴィルツ(Hrp)
レイラ・ザヒレディニ(ウード)
録音:2012年12月14日フランクフルト、2020年3月7日フランクフルト、2020年8月31日テヘラン [67:32]
NEOS 12205
ラルフ・ホイヤー(b.1950):エレクトロアコースティック作品集
①「残存_リスク」(2011/2013)
 ~4チャンネル・エレクトロアコースティック・コンポジション ステレオ版
②「4worte09」(2010)
 ~6チャンネル・エレクトロアコースティック・コンポジション ステレオ版
③「描かれた時間」(2010-2021)
 ~6チャンネル・エレクトロアコースティック・コンポジション ステレオ版
④「from_2_to_power_of_O_to_2_ to_the_of_20[20…20]」(2010)
 ~複数のチャンネルによるエレクトロアコースティック・コンポジション ステレオ版
⑤「状態」(2015)
 ~ヴァイオリンと4チャンネル・プレイバックのための ステレオ版
⑥「バーコード(音楽の痕跡が含まれている可能性があります)」(2015)
 ~4チャンネル・エレクトロアコースティック・コンポジション ステレオ版
ラルフ・ホイヤー(制作)
録音:2010-2021ラルフ・ホイヤー・スタジオ[70:40]
NEOS 12127
「ヴォールハウザー・エディション8」~ルネ・ヴォールハウザー(b.1954)作品集
①「投げられた曲芸師」(2018)
~ソプラノ、バリトン、フルート、クラリネット、ヴァイオリンとチェロのための
②フルート、クラリネット、ヴァイオリンとチェロのための四重奏曲第1番(2018)
③「正直に言うと」(2017)~ソプラノ、バリトン、フルート、クラリネットとチェロのための
④フルート、クラリネットとチェロのための三重奏曲第2番(2017)
⑤「チェリッシモ・グラデュアーレ」(2017)~チェロ独奏のための
⑥「ミコシュ・・・超深遠なフィールドで失われた・・」(2013)~ピアノのための
⑦「拍手の歌」(2018)~ソプラノ、バリトンとピアノのための
アンサンブル・ポリソノ(Ens)
ルネ・ヴォールハウザー(Br,Pf)
録音:2018-2020年 [79:43]
NEOS 12126
ジャンルカ・ヴェルリンジェーリ(b.1976)作品集
①「エレゴスIV」(2005/17)~バセット・ホルンのための
②「シューベルト断章」(2006-7)~ピアノ三重奏のための
③「シフト」(2008)~アコーディオンのための
④「アルキミエ~アヴェ・マリス・ステラによるリチェルカーレ」(2009)~ヴィブラフォンとピアノのための
⑤「イロニクオニリコ」(2010)~拡張されたトロンボーンのための
⑥「マッド・コンポーザーのための4つの歌」(2015)~弦楽四重奏のための
⑦「記憶の迷宮」(2004-05)~ピアノのための
⑧「ヴィンテージ」(2019)~バロック・オルガンのためのパッサカリア
⑨「ゲディーニ断章」(2015)~ピアノ三重奏のための
①ミケーレ・マレッリ(バセットhr)
②⑨トリオ・ドビュッシー
③ゲナディー・ロタリ(アコーディオン)
④シモーネ・ベネヴェンティ(ヴィブラフォン)
④エマヌエーレ・トルカーティ(Pf)
⑤ミケーレ・ロムート(テナーtrb)
⑥リスカム四重奏団
⑦ジャンルカ・カシオーリ(Pf)
⑧バリント・カロシ(Org)
録音:2012-2019年[59:31]
NEOS 12125
ラヴ・ソングズ~ローリー・オルトマン(b.1944)の音楽
「それができる?」「あなたがそれを知る時」
「最初からやりなおす」「たぶん明日は」
「もしあなたを愛すなら」「永遠に」
「あなたの顔を」「アデリタ」
「砂漠の目」「夢見心地」
「正しい方法」「どういう意味?」
※全曲世界初録音
ランディ・バウアー(Pf)
オーロル・カニー(Va)
フローリアン・エッグナー(Vc)
キリル・コバンチェンコ(Vn)
イザベル・プフェファーコーン(MS)
アンドルー・アスバン(ソプラノSax)
バルトス・シコルスキ(CB)
スルジャン・ヴカシノヴィッチ(アコーディオン)
クリストフ・ツィンパー(Cl)
ダニエル・ジーバー(指揮)、他
録音:2020年1月8-10日チューリヒ、
2020年11月27-29日ウィーン、
[67:20]
NEOS 12124
ダビド・モリナー(b.1991):作品集
①「ファンタジーとピアノ」(2012/rev2020)
②ソロI「純粋なFの永続的なエコー」(2016)
 ~ヴィブラフォン独奏のための
③「コーディネートとは!調整されていないのか・・・(二羽の小鳥)」(2015)
 ~フルートとソプラノ・サックスのためのデュオ
④ソロII「官能的なDの変動するエコー」(2017)
 ~マリンバ独奏のための
⑤三重奏曲「地球の音」(2015)
 ~ファゴット、チェロと打楽器のための
⑥ソロIII「t]k]の浸透点」(2018)
 ~ボディ・パーカッションのための
⑦弦楽四重奏曲第3番「心に残る楽章(Eindringlicher Satz)」(2020)
⑧ソロIV「・・・欲望のオルガスム的流出・・・」(2020)
 ~スネア・ドラムのための
⑨構造I「青のエロス」(2016)
 ~アンサンブルのための
ダビド・モリナー(Perc)
フェビアン・パニセーリョ(指揮)
プルーラル・アンサンブル
録音:2020年11月28-29日[51:24]
NEOS 12122
ゲオルク・カッツァー(1935-2019)&フリードリヒ・ゴルトマン(1941-2009):作品集
①カッツァー:弦楽音楽1(1971)
 ~14の弦楽器独奏のための
②カッツァー:「3つの言葉」(2004)
 ~弦楽オーケストラのための
③ゴルトマン:「・・・ほとんど凍った落ち着きのない・・・2」(1992)
 ~9人の奏者のための
④アンサンブル・コンチェルト第2番(1985)
 ~16人の奏者のための
クレメンス・シュルト(指揮)
ミュンヘン室内管弦楽団
録音:2021年3月23-26日ミュンヘン [59:47]
NEOS 12121
ダニエル・オソリオ(b.1971):ツィックス(Zikkus)
「ツィックス-F」(2007)~フルートとライヴ・エレクトロニクスのための
「ツィックス-S」(2013)~バリトン・サックスとライヴ・エレクトロニクスのための
「ツィックス-V」(2007)~チェロとライヴ・エレクトロニクスのための
「ツィックス-P」(2020)~ピアノとライヴ・エレクトロニクスのための
「ツィックス-K」(2021)~クラリネットとライヴ・エレクトロニクスのための
ディー・クロノピエン – コレクティフ・フュア・インテルクルチュレーレ・ノイエ・ムジーク:
【カロリン・シュミット=ヴァイトマン(Fl)
 アルヴァロ・コリャオ(Sax)
 ウリッセ・ボノー(Vc)
 トマス・レイエス(Pf)
 マリーナ・オホゼンライター(Cl)
 ダニエル・オソリオ&アントニオ・カルバリョ(Live electronics)】
録音:2021年7月1、14、19、26日ドイツ、7月30日、8月1日オーストリア [58:12]
NEOS 12117
チェンビ・アン(b.1967,安承弼/アン・スンピル):作品集
①「音の集合体」(2019)
 ~ピアノとエレクトロニクスのための
②「星座」(2003)
 ~ヴァイオリンとピアノのための
③「Hyun.Oh(海底の魚の夢、光への欲求)」(1998/2016改訂)
 ~ピアノ、打楽器とエレクトロニクスのための
④「ルサック/泡からの水の変容」(1997)
 ~管弦楽と30人の音楽家のための
①②③プロドロモス・シメオニディス(Pf)
②メリーゼ・メリンガー(Vn)
③アダム・ヴァイスマン(Perc)
④レナート・リヴォルタ(指揮)ヌーベル・アンサンブル・インストゥルメンタル・デュ・コンセルヴァトワール
録音:①2021年3月1日、
②2021年2月27日-3月1日、
③2017年4月13日、④1998年
[57:50]
NEOS 12113/4
(2CD)
「OPOエディション1」
チェス・ショウ
~ジョン・ケージの様々な記憶
CD1)
「チェス・ショウ」ライヴ・ヴァージョン(2017)
CD2)
「チェス・ショウ」4:34ヴァージョン(2021)
オープニング・パフォーマンス・オーケストラ(コンセプト&エレクトロニクス)
CD1)ラインホルト・フリードル(ピアノ、トイ・ピアノ、Other devices)
CD2)ミロスラフ・バインハウアー(Piano)
録音:(CD1)2017年8月25日、(CD2)2021年6月・8月、CD1[64:00]/CD2[64:00]
NEOS 12111
「ヴァルターと次の世代の作曲家たち」
①H.E.エルヴィン・ヴァルター(1920-95):4人の管楽器奏者と弦楽のための協奏曲(1960)
②カトリン・クローゼ(b.1990):「色の雲」(2019/20)~大アンサンブルのための
③クリストフ・ヨハネス・ヴァイス(b.1986):室内交響曲「不確実性のなかへ」
(2019/20)
※全作品世界初録音
アルマンド・メリーノ(指揮)
デア/ゲルベ/クラング(アンサンブル)
①トビアス・カイザー(Fl)
 クレール・シリャーコプス(Ob)
 エンリコ・トファーノ(Fg)
 マシュー・サドラー(Trp)
録音:2021年5月16、17日バイエルン州アンベルク [72:00]
NEOS 12108-09
(2CD)
「マザー・タン(母国語)」
~チャールズ・ウゾー(b.1961)作品集
①マザー・タン(母国語) (2019)
~メゾ・ソプラノ、テープとアンサンブルのための
②天安門広場に降り注ぐ白い紙の花(1989)
~5つのチェロのための
③8’46”/ジョージ・ロイドの追憶に(2020)
~何らかの楽器を伴う何人かのアンサンブルのための
④Go(1999/2019)
~想像上のバレエのための六重奏曲
⑤Zimzum(1998)
~2つのギターのための
⑥Sephardic lilt.mimicri(2017-18)
~ギター、アコーディオンとテープのための
⑦サマルカンドの王女(2001)
~打楽器独奏のための
①③④ルペルト・フーバー(指揮)アンサンブル・マザー・タン
①②チャールズ・ウゾー(①Tape、②指揮)
①イザベル・プフェッファーコーン(MS)
②アンサンブル・ラ・ノッテ(チェロ・アンサンブル)
⑤アンサンブル・クアジ・ファンタジア
⑥ルクス・ノヴァ・デュオ、ドメニコ・チェラサーニ(Tape)
⑦エルンスト・ブルンナー(Perc)
NEOS 12107
「ルルの夢」~デトレフ・ホイジンガー(b.1956):作品集
①4つのクロス・ロード(2017)
~アンサンブルとライヴ・エレクトロニクスのための
②ルルの夢(2018)
~エレクトリック・ギターとエレクトロニクスのための
③ザブリスキー・ポイント2周年記念 (2005)
~エレクトリック・ギターと大管弦楽のための
①カロリーナ・エイク(テレミン)
 デトレフ・ホイジンガー(指揮)
 アンサンブル・エクスペリメンタル:
【ユルゲン・ルック(エレキGtr)
 中村れい(Pf, センセサイザー)
 エスター・サラディン(Vc)
 オラフ・ツショッペ(Perc)】
①②SWRエクスペリメンタル・スタジオ(電子音響)
②ユルゲン・ルック(エレキGtr)
③デトレフ・ホイジンガー(エレキGtr)
③シャーン・エドワーズ(指揮)
 フランクフルト放送交響楽団
録音:
①2019年5月30-31日フライブルク
②2020年6月15-17日フライブルク
③2007年11月18日フランクフルト
[61:44]
NEOS 12104
(SACDハイブリッド)
ピエール・ブーレーズ(1925-2016):
①アンテーム1(1991)
 ~ヴァイオリン独奏のための
②二重の影の対話(1985)
 ~クラリネットとライヴ・エレクトロニクスのための
③アンテーム2(1995)
 ~ヴァイオリン独奏とライヴ・エレクトロニクスのための
①③カロリン・ヴィトマン(ヴァイオリン)
②イェルク・ヴィトマン(クラリネット)
②③SWRエクスペリメンタル・スタジオ、ミヒャエル・アッカー(音響操作)
録音:
①2019年8月6-7日
②2016年9月20-22日
③2017年5月29-30日
SWRエクスペリメンタル・スタジオ、フライブルク[48:30]
NEOS 12103
ミヒャエル・クヴェル(b.1960)室内楽作品集Vol.3
①目に見えないエネルギーIII – フィシス(2019)
~Fl, Cl, Vn, Vc, アコーディオンのための
②目に見えないエネルギーII(2018)
~コントラバスCl, アコーディオンのための
③相互依存(1998)
~ギター, 打楽器のための
④ストリングI(2013)
~オーボエ独奏のための
⑤目に見えないエネルギーI(2013)
~Fl, Cl/バスCl, Vc, Percのための
⑥ストリングIII – ブレーンズ(2019)
~Vn, アコーディオン, Pfのための
デア/ゲルベ/クラング(アンサンブル)
④ベンヤミン・フィッシャー(Ob)
録音:2021年1月25-26日、3月8-9日
ミュンヘン、バイエルン放送局第2スタジオ
[69:42]
NEOS 12102
ヴィト・ジュライ(b.1979)作品集
①「コンバーター」(2018)~室内混声合唱と管弦楽のための
②「i-フォーメーション」(2016)~2群の管弦楽と二人の指揮者のための
③「アラヴォ」(2017)~ソプラノ、ピアノ、器楽グループのための
①ブラット・ラブマン(指揮)SWR交響楽団、SWRヴォーカル・アンサンブル
②フランソワ=グサヴィエ・ロト(指揮)ケルン・ギュルツェニヒ交響楽団
 ユッカ=ペッカ・サラステ(指揮)WDR交響楽団、ティエリー・メヒラー(Org)
③リナット・モリアー(Sop)、ジャン=フレデリック・ヌーブルジェ(Pf)
 スタンリー・ドッズ(指揮)ベルリン・フィル・カラヤン・アカデミー
録音:①2019年2月10日シュトゥットガルト、②2016年2月14日ケルン、③2017年11月5日ベルリン、[74:47]
NEOS 12101
ダヴィッド・フィリップ・ヘフティ(b.1975):作品集
①透明な糸に(2018)
 ~メゾ・ソプラノと弦楽四重奏のための/クルト・エーブリの詩による
②弦楽四重奏曲第5番「真夜中」(2018)
③星のダンス(2014)
 ~バセット・クラリネットと弦楽四重奏のための
アマリリス四重奏団
①マリア・リカルダ・ヴェッセリング(メゾソプラノ)
③ベルンハルト・レートリスベルガー(バセット・クラリネット)
録音:2019/2020年 [65:57]
NEOS 12029
「湖からの歌」
~ジム・フランクリン(b.1959):尺八とライヴ・エレクトリニクスのための作品集
①「舞い降りる霧」~尺八とライヴ・エレクトロニクスのための
②「波紋」~尺八とテルミン、ライヴ・エレクトロニクスのための
③「流体のおうとつ」~尺八とライヴ・エレクトロニクスのための
④「映し出された深度」~尺八とシンセサイザーのための
⑤「表面の痕跡」~尺八、ライヴ・エレクトロニクスとHaken ContinuuMiniのための
⑥「らせん状の乱気流」~尺八、ライヴ・エレクトロニクスとテルミンのための
⑦「立ち昇る霧」~尺八、ライヴ・エレクトロニクスとシンセサイザーのための
ジム・フランクリン
(尺八、テルミン、シンセサイザー、ハーケン・コンティニュー・ミニ、ライヴ・エレクトロニクス)
録音:2020年5-6月インゲルハイム、64:16 ※日本語解説つき
NEOS 12028
ダヴィット・フィリップ・ヘフティ(b.1975):「雪の女王」(2018)
~ソプラノ、2人の語り手と管弦楽のための音楽劇

台本:アンドレアス・シェーファー(アンデルセンの童話に基づく)
モイツァ・エルトマン(ソプラノ)
デイヴィッド・フィリップ・ヘフティ(指揮)
チューリヒ・トーンハレ管弦楽団
デリア・マイアー(語り手)
マックス・シモニシェク(語り手)
録音:2018年初演ライヴ、[78:19]
NEOS 12027
マグヌス・リンドベルイ(b.1955):アコーディオン作品全集
①アコーディオン・ジュビリーズ(2003/2018)
②2匹のコヨーテ(2002/2013)
 ~チェロとアコーディオンのための (原曲:チェロとピアノのための)
③リードの遊び(1990)
④メタル・ワークス(1984)
 ~打楽器とアコーディオンのための
ヤンネ・ヴァルケアヨキ(アコーディオン)
②トマス・ヌネス(チェロ)
④ジェリー・ピーッポネン(打楽器)
録音:2019年 [52:37]
NEOS 12026
朴泳姫(ヨンギ・パク=パーン)(b.1945):室内楽作品集
①「MAN-NAM I」(1977)
~クラリネット、ヴァイオリン、ヴィオラとチェロのための
②「ma-am[私の心]」(1990)~女声独唱のための
③「U-MUL/噴水」(1992)~7楽器のための
④「私の心I」(2020)~ソプラノとヴィオラのための
⑤「高い海の地平線」(2016)~弦楽四重奏のための
アンゲラ・ポストヴァイラー(Sop)
アンサンブルKNMベルリン(Fl、Cl、Perc、Vn I、Vn II、Va、Vc、CB)
録音:2020年、52:36
NEOS 12025
エルンスト・ヘルムート・フランマー(b.1949):管弦楽曲作品集Vol.3
①「ゲッセマネ~消えて忘れられる前に」(1985/86)
 ~大管弦楽のための
②「地球は忘却に対して涙を流す」(1990)
 ~大オーケストラのための7つの小品
③「GEN」(1998)
 ~ソプラノ、バリトンと大管弦楽のための
④「カプリチオ」(1992)
 ~チェロと大管弦楽のための
①ローター・ツァグロセク(指揮)
 ザールブリュッケン放送交響楽団
②オラフ・ヘンツォルト(指揮)
 バイエルン放送交響楽団
③ガブリエーレ・ロスマット(S)
 ヴォルフガング・シェーネ(Br)
 ローター・ツァグロセク(指揮)
 シュトゥットガルト・ヴュルテンベルク州立管弦楽団
④ティルマン・ヴィック(Vc)
 オラフ・ヘンツォルト(指揮)
 ライプツィヒ放送フィルハーモニー
録音:①1987年4月30日、
②1995年5月12日、
③1998年5月25日(ライヴ)、
④1991年12月6日(ライヴ)
[72:38]
NEOS 12023
(SACDハイブリッド)
「理想的な風景」
~クレメンス・フォン・ロイスナー(b.1957):エレクトロ・アコースティック作品集
①「理想的な風景」第6番(2020)
②「解体」(2011)
③「プレイ・シークエンス」(2019)
④「ドラフト」(2018)
⑤「デ・モンストリス・エピストラ」(2012)
録音:2011-2020年[75:00]
※SACDハイブリッド(全トラック、2チャンネル・ステレオと5チャンネル・サラウンド対応)
NEOS 12022
ジャイメ・レイス(b.1983):
①「逆流する血/血の逆流」(2015-19)
②「リゾチーム・シンセシス」(2003)
③「フルクサス、ヴォルテックス=推力」(2018-19)
①アンサンブル・フラクタル(Cl、Vc、Pf、Vn、Fl、Va)
②アナ・テレス(Pf)
③アレフ・ギター四重奏団
録音:①③2019年10月7-13日、②2014年7月22日,51:02
NEOS 12021
パウル・ヒンデミット(1895-1963):ピアノ作品集
①組曲「1922年」Op.26(1922)
②ピアノ・ソナタ第1番イ調(1936)
③ピアノ・ソナタ第2番ト調(1936)
④ピアノ・ソナタ第3番変ロ調(1936)
アンドレアス・スコウラス(Pf)
録音:2019年10月19-21日
レコーディング・スタジオ・クラヴィーア・サロン・ミュンヘン
[80:58]
NEOS 12020
川上法子(b.1955):室内楽作品集
①「気流」(2015)
 ~ソプラノ、フルート、ギターと打楽器のための
②「陰影」(2007)
 ~サクソフォン、アコーディオンとチェロのための
③「ああ野生のバラが花開く・・・」(2004)
 ~フルート、クラリネット、ヴァイオリン、チェロ、ピアノと打楽器のための
④「画架のそばで」(2004)
 ~2つのサクソフォンと4チャンネル・テープのための
⑤「カオスが紡ぐ夢の中で」(2012/13)
 ~アコーディオンと十七絃箏のための
⑥「常に・・・と決して・・・の間で」(2010)
 ~アコーディオン、ピアノ、打楽器、ヴァイオリンとチェロのための
①ユリア・シュペート(ソプラノ)
 アンサンブル・ラルト・プール・ラルト
②トリオ・エッコ
③⑥エリック・オニャ(指揮)
 テュールムヒェン・アンサンブル
④サクソフォン・デュオ・ディアロディア
⑤エヴァ・ツェールナー(アコーディオン)
 菊池直子(箏)
録音:2005-2015年 [66:51]
NEOS 12018/19
(2CD)
クリスティアン・オッフェンバウアー(b.1961):
CD1)
「破壊-部屋/現在2000」
~弦楽四重奏とピアノのためのコンサート版
CD2)
「破壊-部屋/現在1999」
~ピアノ独奏版
ヨハネス・マリアン(Pf)
(CD1)ディオティマ四重奏団
録音:2019-2020年
CD1 [48:16]/CD2 [31:21]
NEOS 12017
グンナル・ガイセ(b.1962):
①ピアノ協奏曲(2019)
~複数の独奏楽器のための2楽章からなるデジタル・プレ・ストラクチャード・インプロヴィゼーション
②リズム・チェンジス(2020)
~ラップトップ・ギターのためのソナタ
グンナル・ガイセ(ラップトップ・ギター、コンピューター)
録音:2019/2020年,66:10
NEOS 12016
ルネ・ヴォールハウザー(b.1954):ReBruAla
①-③声のための三部作(2016)
(失われた未来/邪魔な歌/クアラミルズ)
④フルート、クラリネットとチェロのための三重奏曲第1番(2016)
⑤《トラマドール・クリアンノ》(2017)
~ピアノのための
⑥《マラプロ》(2017/18)
~ヴァイオリンとピアノのための
⑦《クアマクッチ》(2016-17)
~フルート、コントラバスとピアノのための
⑧《縁》(2017)
~バリトンとピアノのための
⑨《ReBruAla》(2017)
~ソプラノ、バリトン、打楽器化されたピアノとフィクスド・メディア
あるいはライヴ・アンサンブル、ノイズ・トラックと
フィールド録音のための
①-④アンサンブル・ポリソノのメンバー
⑤⑥⑧ルネ・ヴォールハウザー(Pf、⑧Br)
⑥エリア・ザイフェルト(Vn)
⑦ジ・アート・アンサンブル・ベルリン
⑨デュオ・シモルカ=ヴォールハウザー
録音:2017/18年 [77:57]
NEOS 12015
エルンスト・ヘルムート・フランマー(b.1949):「バベルの塔」(1981/82)
~3群のオーケストラ、3つの合唱団、
2人の独唱者と語り手、
ライヴ・エレクトロニクスのための
8部からなるオラトリオ
(世界初録音)
クラウス・ベルンバッハー(指揮)
ローランド・バーダー(指揮)
ギュンター・コラー(指揮)
テオフィル・マイヤー(語り)
キャスリーン・ゲイヤー(Sop)
ギュンター・ビンゲ(Br)
北西ドイツ・フィルハーモニー管弦楽団
北ドイツ放送合唱団、ユーゲン・コーア
録音:1983年1月 [76:32]
NEOS 12013
(SACDハイブリッド)
「ドナウエッシンゲン音楽祭2019」
①マーク・アンドレ(b.1964):「rwh 1」(2019)
 ~アンサンブルとエレクトロニクスのための
②ヨハネス・ボリス・ボロフスキ(b.1979):「一人で」(2018-19)
 ~アンサンブルのための
③エヴァ・ライター(b.1976):「守護者」(2019)
 ~ダブル・ベース・フルートとチューブ・オーケストラのための
④アルベルト・ポサダス(b.1967):「悪魔の目(宇宙の詩より)」(2019)
 ~アンサンブルのための
①バス・ヴィーガース(指揮)
 アンサンブル・レゾナンツ
 SWRエクスペリメンタル・スタジオ(エレクトロニクス)
②マティアス・ピンチャー(指揮)
 アンサンブル・アンテルコンタンポラン
③ミヒャエル・シュミート(ダブル・ベース・フルート)
 エヴァ・ライター、ズザンネ・フレーリヒ(ペッツォルド・フルート)
 ティト・チェッケリーニ(指揮)
 SWR交響楽団
 ドイツ室内合唱団
④シルヴァン・カンブルラン(指揮)
 クラングフォルム・ウィーン
録音:
①④2019年10月19日
②③2019年10月20日
何れもライヴ [75:32]
NEOS 12012
エルハルト・グロスコップ(b.1934):
エレクトロ・アコースティック作品集
①「ディアレクティクス」ヴァージョン5/8 (1969) 【大阪万博1970委嘱作品】
~マグネティック・テープと3人の器楽奏者のための
②「変化の過程」(1971)
~4トラックのマグネティック・テープのための
③「ナイト・トラック」(1972)
~4トラックのマグネティック・テープのための
④「ディアレクティクス」ヴァージョン1/8 (1969)
~マグネティック・テープと3人の器楽奏者のための
①④エベルハルト・ブルム(Fl)
①④ハンス・ダインツェル(Cl)
①④ヴィンコ・グロボカール(Trb)
①クロード・レロング(Va)
①④エルハルト・グロスコップ(サウンド・コントロール)
録音:
①1969年/2020年(リミックス)
②1971年/2020年(リダクション)
③1972年/2020年(リダクション)
④1969年/1970年(リダクション) (live)
[58:54]
NEOS 12011
「マーンコップ・エディション9」
クラウス・シュテッフェン=マーンコップ(b.1962):フルートのための作品集
①回想(2016)
~バス・フルートのための
②反対の偶然(1986)
~アルト・フルートのための
③新しい天使の恐れ(1997-99)
~フルートのための
④無限は(2014)
~フルートとソプラノのための
⑤スッコラリティ(1989)
~フルートのための
⑥クルタークが歌う(2013)
~ピッコロのための
シャンナ・プラナイティス(Fl)
④フラウケ・アウルベルト(Sop)
録音:2016-2019年[64:00]
NEOS 12009/10
(2CD)
モーリッツ・エッゲルト(b.1965):
「空間の深奥、フットボール・オラトリオ」(1952-2008)
~大オーケストラ、4人のソリスト、混声合唱と3人の語り手のための
モーリッツ・エッゲルト(指揮)
ドイツ国立学術財団管弦楽団&合唱団
アニア・ヴェグリ(ソプラノ)
ルート=マリア・ニコライ(メゾソプラノ)
サイモン・ボード(テノール)
ハンス・クリストフ・ベーゲマン(バリトン)
ほか3人の語り手
録音:2019年ライヴ、[54:03] [61:08]
NEOS 12008
トビアス・エドゥアルド・シック(b.1985):室内楽作品集
①クラングツァイヒヌング(音の描画)(2009)
~コントラバス独奏のための
②BÄM[自己破壊なしに] (2013)
~アンサンブルのための
③影の音楽(2017)
~ヴァイオリン、アコーディオンとピアノのための
④ウンター・フェルシュルス(鍵付きで)(2015)
~クラリネット、チェロとピアノのための
⑤キルト(2017)
~アコーディオンとエレクトリック・ギターのための
①トビアス・エドゥアルド・シック(Cb)
②レナルト・ドームス(指揮)エル・ペッロ・アンダルス(Ens)
③ディエゴ・ラモス(Vn)、オリヴィア・シュタイメル(アコーディオン)、サイキミチコ(Pf)
④トリオ・ソステヌート
⑤デュオ・シュタイメル=ミュクシュ
録音:2013-2019年[74:30]
NEOS 12006
ゲオルク・フリードリヒ・ハース(b.1952):
①弦楽四重奏曲第7番(2011)
~ライヴ・エレクトロニクスつき
②「影絵芝居」(2004)
~ピアノとライヴ・エレクトロニクスのための
③弦楽四重奏曲第4番(2003)
~ライヴ・エレクトロニクスつき
①③アルディッティ四重奏団
②ゾフィー=マユコ・フェッター(ピアノ)
①-③SWRエクスペリメンタル・スタジオ(ライヴ・エレクトロニクス)
録音:
①2016年10月15-16日
②2019年7月30日
③2017年7月10日
SWRフライブルク [62:19]
NEOS 12005
「ヴェルナー・ハイダー(b.1930)作品集」
①「尖った山」(1997)~ピアノのための
②「6つの機能」(2017)
 ~弦楽三重奏のための
③クラリネット五重奏曲(2015)
 ~クラリネットと弦楽四重奏のための
④「建築」(2004)
①ヴェルナー・ハイダー(Pf)
②トリオ・プラス
③アドリアン・クラーマー(Cl)
 ミュンヘン・アカデミー四重奏団
④ペーター・エトヴェシュ(指揮)
 バイエルン放送交響楽団

録音:
①2012年2月5日フュルト、
②2018年12月10日ニュルンベルグ、
③2018年3月5日ノイマルクト・オーバープファルツ、
④2006年1月26日ミュンヘン・ヘラクレスザール
[65:15]
NEOS 12004
ゲオルク・カッツァー(1935-2019)後期作品集
①「Bへの追記」(2017)~チェロとピアノのための3つの小品
②「歌う時だけ花が咲く」(2018/19)~ソプラノ、チェロとピアノのための
③「談話」(2018)~管弦楽のための
④「パーカッスム」(2016)~打楽器四重奏のための
⑤「リスニングの学校5」(2018)~フルート、アルト・サクソフォン、トランペット、打楽器、アコーディオン、ピアノとヴァイオリンのための
①イェルク・ウルリッヒ・クラー(Vc)、ベルンハルト・パルツ(Pf)
②エリザベス・トリオ
③ウラディーミル・ユロフスキ(指揮)ベルリン放送交響楽団
④ブレーメン打楽器アンサンブル
⑤ゲオルク・カッツァー・アンサンブル
録音:①2018年1月チューリヒ、②2019年7月、③2018年12月30日ベルリン・コンツェルト・ハウス大ホール、④2017年10月28日、⑤2020年9月5日ブリッツ[77:59]
NEOS 12002
「スクレープス(擦り傷)とサウンド・スケープス(音風景)」
 ~チェロと打楽器のための作品集
①アンドレ・シーニ(b.1945):「ジーナとフィオ」(2014)
②ジェニー・ヘットネ(b.1977):「ベルと潮流」(2016)
③リカルド・エイジリク(b.1985):「レ/風/レ/書く」-早送りヴァージョン(2014)
④エサイアス・ヤルネガルド(b.1983):「石―灰、灰」(2011)
⑤レイレイ・ティアン(b.1971):「ネバー・エンディング・ジャーニー」(2016)
⑥イーヴォ・ニルソン(b.1966):「場所について1」(2017)
⑦フランギス・ヌルラ=ホーヤ(b.1972):「Se…」(2018)
ウメ・デュオ:
【カロリーナ・エーマン(Vc)
 エリカ・エーマン(Perc)】
録音:2019年8月 [62:12]
NEOS 12001
「ビクトル・イバラ(b.1978)作品集」
①「アリス・・・」(2011)
~バス・クラリネット、打楽器とアンサンブルのための
②「灰色と緑色に関する研究」(2011)
~アンサンブルのための
③「フランシスコ・トレドへのオマージュ」(2014)
~サクソフォンとアンサンブルのための
④「私の背後のパリの風」(2016)
~アンサンブルのための
⑤「水の化学」(2015)
~アンサンブルのための
⑥「脆弱な次元」(2015)
~アンサンブルのための
ナチョ・デ・パス(指揮)
ヴェルティクセ・ソノーラ
録音:2019年6月 [64:37]
NEOS 11933
(SACDハイブリッド)
「ムジカ・ヴィヴァ・ミュンヘンVol.33」
ペーター・ルジツカ(b.1948):
①「ループ」(2017)
~トランペット、ピッコロ・トランペットと管弦楽のための
②「…島、ボーダーレス…」(1994/95)
~ヴァイオリンと室内合唱と管弦楽のための
③「5つの断片」(1984-87)
~管弦楽のための
④「逃亡」(2014)
~管弦楽のための6つのパッセージ
ペーター・ルジツカ(指揮)
バイエルン放送交響楽団
①セルゲイ・ナカリャコフ(Trp)
①ジュリアーノ・ゾンマーハルダー(ピッコロTrp)
②カロリン・ヴィトマン(Vn)
③ヴォーカル・コンソート・ベルリン
録音:2018年10月5日
ヘルクレスザール、ミュンヘン
(ムジカ・ヴィヴァ・コンサート、ライヴ)
[71:00]
NEOS 11928
「マーンコップ・エディション8」
クラウス=シュテッフェン・マーンコップ(b.1962):
①「私の裸の心」(1997)~8人の声のための
②「ヴォイスド・ヴォイド(有声化された無効)」(2008)
~24人の声のための
③「無効-イタリア語の犯罪」(2009)~6人の声のための墓碑
④「エセ・アピエ・ヴァンデニス」(2015)~男声のための
※世界初録音
①エクスヴォコ(ExVoCo,声楽 ens)
②ルパート・フーバー(指揮)SWRヴォーカル・アンサンブル・シュトゥットガルト
③ノイエ・ヴォーカル・ゾリステン
④ジェフリー・ガヴェット(Br)
録音:1999-2018年[79:08]
NEOS 11919/20
(SACDハイブリッド2枚組)
ダニエル・ペーテル・ビロ(b.1969):
「ミッシュパティム/法制」(2003-2016)
~6部からなる作品サイクル
ノア・フレンケル(A)
エルミス・テオドラキス(Pf)
アンサンブル・サープラス
SWRエクスペリメンタル・スタジオ
ダニエル・ペーテル・ビロ&ドミニク・パーンケ&サム・ヴォルク(エレクトロニクス)
録音:2015-16年 [67:00/77:23]
NEOS 11916
「多くの色を持つ獣」
~ローランド・チャドウィック(b.1957):クラシック・ギターのための新しい音楽
「piの学習」(2016)
「ベンジャミン・ブリテンの主題による変奏曲」(2013)
パルティータ第2番(1997)
「多くの色を持つ獣」(1986.rev.2019)
パルティータ第1番(1981.rev.2018)
4つの略語(1984-86)
エグバース変奏曲(1997)
デトレフ・ボーク(Gtr)
録音:2018/2019年[67:13]
NEOS 11914/15
(SACDハイブリッド2枚組)
「ドナウエッシンゲン音楽祭2018」
SACD1)
①イヴァン・フェデーレ(B.1953):「エア・オン・エア」(2018)
~増幅したバセット・ホルンと管弦楽のための
②マーリン・ボング(b.1974):「軽率な反乱の破片」(2018)~管弦楽のための
③マルコ・ストロッパ(b.1959):「私と遊びに来て」(2016-18)~エレクトロニクスと管弦楽のための
SACD2)
④アガタ・ズベル(b.1978):室内ピアノ協奏曲(2018)
⑤ミレラ・イヴィチェヴィッチ(b.1980):「ケース・ホワイト」(2018)~アンサンブルのための
⑥フランチェスコ・フィリデイ(b.1973):バラータ第7番(2018)~アンサンブルのための
⑦ヘルマン・マイヤー(1906-2002):大管弦楽と4手ピアノのための作品HMV62(1965)
①-③パスカル・ロフェ(指揮)SWR交響楽団
①ミケーレ・マレッリ(バセットhr)
②パスカル・ロフェ(指揮)SWR交響楽団
③ルカ・バグノーリ(サウンド・エンジニア)
 カルロ・ローレンツィ(コンピュータ音楽デザイン)
④イングリット・バイエ・ナイフス(Pf)
 クリスティアン・エッゲン(指揮)
 チカダ・アンサンブル
⑤⑥イラン・ヴォルコフ(指揮)
 クラングフォルム・ウィーン
⑦ラース・ヨーンソン&クラウス・シュテッフェス=ホレンダー(Pf)
 ペーター・ルンデル(指揮)SWR交響楽団
録音:2018年10月ドナウエッシンゲン音楽祭ライヴ
[68:51/63:08]
NEOS 11913
マルクス・シンプ(b.1964):
「沈黙への憧れ」(2018)
~33のピアノのための小品集
(※世界初録音)
マルクス・シンプ(Pf)
録音:2018年6、12月[61:38]
NEOS 11912
ホルヘ・E・ロペス(b.1955):
①「戦闘行為/夢の行為」(1995/1998)
~アンサンブルのための
②室内交響曲第2番「究極の春(A végső Tavasz)」
ジョナサン・ストックハンマー(指揮)
コレギウム・ノヴム・チューリヒ
②レスリー・レオン(Sop)
録音:2018/2019年 [74:43]
NEOS 11911
ニコラウス・ブラス(b.1949):合唱と管弦楽のための作品集Vol.2
①「似たような音響」(1999/2000)
~管弦楽のための音楽
②「希望の誤り」(rev.version,2013)
~4つのグループからなる32声部の声のための
①ロベルト・HP・プラッツ(指揮)
 SWRシュトゥットガルト放送交響楽団
②フローリアン・ヘルガス(指揮)
 SWRヴォーカル・アンサンブル・シュトゥットガルト
録音:①2001年②2014年
[51:17]
NEOS 11910
アゴスティーノ・ディ・シピオ(b.1962):
弦楽とライヴ・エレクトロニクスのための作品集
①「存在違反」(2017-2018)
②「2つのサウンド・ピース」(2012)
③「敏感な違いを伴う周期的相互作用」(1997-1998)
④「プレックス」(1991)
⑤「デュー・ディ・ウノ」(2002-2003)
⑥「見て、見て」(2004-2005)
①ロレンツォ・デリンニ(Vn)
 ダヴィデ・ガリアルディ(ライヴ・エレクトロニクス)
②エドゥア・ザドリ(Vn)
 アナ・タパロヴィチ(Vc)
フェデリコ・プラチディ(ライヴ・エレクトロニクス)
③プロメテオ四重奏団
③⑤⑥アゴスティーノ・ディ・シピオ(ライヴ・エレクトロニクス、⑥ギター)
④ステファノ・スコダニビオ(Cb)
⑤アントニオ・ポリターノ(ソプラノ・リコーダー)
 ヘソン・チェ(Vn)
⑥エヴァ・ライター(Gamb)
録音:2018年6、12月[61:38]
NEOS 11909
エルンスト・ヘルムート・フランマー(b.1949):管弦楽曲作品集Vol.2
①「バベルの塔」(1983/84)
~大管弦楽のための組曲
②「666600 3261 D 4901150 M 9804050」もしくは「焦点は人々にある」(1998/99)
~大管弦楽のための
③「時の印/時の塊」(1985-87)
~ピアノと大管弦楽のための
①ウルリヒ・バッコーフェン(指揮)
 バーゼル放送交響楽団
②ハンヌ・コイヴラ(指揮)
 フライブルク・フィルハーモニー管弦楽団
③オルトヴィン・シュテュルマー(Pf)
 ローター・ツァグロセク(指揮)BBC交響楽団
録音:①1987年②2002年③1988年[76:34]
(全作世界初録音)
NEOS 11908
「イオノビア」~
ピーター・アイヴァン・エドワーズ(b.1973):作品集
①「イオノビア」(2017)~Ob,Perc,Pf
②「フリーパーセリマーノ」(2013)~Fl,Vc,Perc,Pf
③「チェリンダーノのためのブラストリ」(2015)~管弦楽のための
④「アセント:2つの展望」(2011)~Fl,Pf
⑤「Ssoonro」(2017)~Fg,Electronics
⑥「Re」(2010)~Fl,Vc,Pf
①トリオ・サープラス
②アンサンブル・インターフェース
③ジェーソン・ライ(指揮)ヨン・シウ・トー音楽院管弦楽団
④マッテオ・チェザリ(Fl)
ピーテル・ヤンセン(Pf)
⑤クリストフ・ヴィヘルト(Fg)
⑥アンサンブル・ウー・シャン
録音:2013-2017年、60:51
NEOS 11907
「クワイエット・ストーン」
 ~ローリー・アルトマン(b.1944)の音楽
①「冬の小路」(2016)~チェロとピアノのための
②「吟遊詩人の音楽」(2016)~クラリネット、13弦ギター、チェロとメゾ・ソプラノのための
③3つのミニアチュアズ(2001)~ピアノのための
④「スタンダード・ツィスト」(2016)~ソプラノ、チェロとピアノのための
⑤「眼の光」(1979/2016)~13弦ギターのための
⑥-⑨「日本組曲」(2016)~13弦ギターとピアノのための
(皇居/タカシ駅/クワイエット・ストーン/キョサンの小道)
⑩プレリュード第17番(1985)~ピアノのための
⑪「J’s Way」(2015)~13弦ギターとチェロ、ピアノのための
⑫「ペルソナ」(1978)~13弦ギターとピアノのための
⑬「50MM」(2016)~クラリネット、13弦ギター、チェロとピアノのための
ローリー・アルトマン(Pf)
アンドレアス・キューンリヒ(Vc)
アンデルス・ミオリン(13弦G)
⑬マティアス・ミューラー(Cl)
②ネドヤルコ・ペトコフ(Cl)
②イザベル・プフェファーコーン(MS)
録音:2016/17年、78:59
NEOS 11906
「走る詩人を捕まえるために」~ハープシコードのための新しい作品集
①マルガレータ・フェレク=ペトリッチ(b.1982):「イスタラトゥ」(2016)
②ラファエル・ナシフ(b.1984):「空のフォーム」(2017)
③クリスティアン・ディエンドルファー(b.1957):「PSI」(2005)
④クリスティアン・ディエンドルファー:「PSIソング」(2010)
⑤シルヴィー・ラクロワ(b.1959):「クーラント」(2013)
⑥ペーター・ヤコーバー(b.1977):「浸透」(2017)~ハープシコードとテープのための
⑦タマラ・フリーベル(b.1975):「自分の生まれ変わりと踊る」(2017)~ハープシコードとピンポン球のための
⑧マヌエラ・ケーラー(b.1980):「グラナット」(2017)
⑨ハンネス・デューフェック(b.1984):「逮捕の映像」(2014/2017)
マヤ・ミヤトヴィッチ(Cemb)
録音:2017-2018年、68:04
NEOS 11905
クリスティアン・オッフェンバウアー(b.1961):
2つのフランクフルト・プレリュード
①「2つのクレーンと雲」(1997/1998)
 ~5群のオーケストラ・グループのための
②「2つのクレーンと雲/ドゥーブル」(1998)
 ~84楽器のための
アルトゥーロ・タマヨ(指揮)
フランクフルト放送交響楽団
録音:1999年11月、51:41
NEOS 11904
ミヒャエル・クヴェル(b.1960)室内楽作品集Vol.2
①「ダーク・マター」(2011)~Ob, Cl(バスCl), Fg
②「ファンタジア」~分子を競争させる(2016)
~ソプラノとスピーキング・ピアニストのための
③「マイスター・エックハルトとスフラワルディー:ガブリエルのスウィングアームのサウンド」(2017)
~4つの四分音ギターとピアノのための
④「ダスト・アブリゲーション」(2017)~Fl, CB, Pf
⑤「ぼやけている雲」(2012)~Vn, Gtr, Pf
⑥「ストリングII – グラヴィトン」(2015/16)
~9楽器のアンサンブルのための
アンサンブル・アヴァンチュール
①クリスティーネ・シモルカ(Ob)
③ヘルマン・バイヤー(指揮)
ユルゲン・ルック(G)
ラフェル・オファウス(G)
モリツ・ベック(G)
マルティン・ドレスラー(G)
エドゥアルド・ハウザウアー(ピアノ・アシスタント)
録音:2018年 [71:37]
NEOS 11903
ルドルフ・ケルターボーン(b.1931)作品集
①「アンサンブル・ブックI」(1990)
 ~エリカ・ブルクハルトの詩によるバリトンと器楽ためのサイクル
②「5つのトリオつきの音楽」(2016-2017)
③「夜に歌う」(1979)
 ~インゲボルグ・バハマンとエリカ・ブルクハルトの詩によるソプラノと室内管弦楽のための音楽
ピエール=アラン・モノ(指揮)
ヴィンタトゥーア・ムジーク・コレギウム
①ロベルト・コラー(Br)
③サラー・ヴェゲナー(Sop)
録音:2013/2018年、64:34
NEOS 11902
ハンス・オイゲン・フリシュクネヒト(b.1939):特殊オルガンのための作品集
①中全音律オルガンのための4つの小品
②24音律オルガンのための6つの小品
③「Nov-Org」~オルガン・プロジェクトORGAN-INNOV-UMのプロトタイプ2のための3つの絵
④「Nov-Org」~オルガン・プロジェクトORGAN-INNOV-UMのプロトタイプ3のための6つの絵
⑤「Nov-Org」~ビール・パリッシュ教会のオルガンのための4つの絵
ハンス・オイゲン・フリシュクネヒト(Org)
録音:2004-2009年、67:52
NEOS 11901

※国内仕様は
TBLS0005
¥2,500+税   
「子供の情景」~杉山洋一(b.1969)作品集
①「鵠~白鳥の歌」(2015)
~17絃筝のための
②「杜甫二首」(2014)
~女声と器楽のための
③五重奏曲「アフリカからの最後のインタビュー」(2013)
④R.シューマンの「子供の情景」(2017)
~ヴィオラ四重奏のための

※レコード芸術2021年5月号特選!
①沢井一恵(十七絃筝)
②ウォンジュン・キム(Voice)
 リチャード・ストルツマン(Cl)
 アー・リン・ノイ(Va)
 ステファン・ゴスリング(Pf)
③東京現音計画:
【有馬純寿(エレクトロニクス)
 大石将紀(Sax)
 神田佳子(Perc)
 黒田亜樹(Pf)
 橋本晋哉(Tuba)】
④今井ヴィオラ四重奏団:
【今井信子
 ファイト・ヘルテンシュタイン
 ウェンティン・カン
 ニアン・リウ】
録音:
①2017年7月
②2015年2月
③2013年9月
④2017年9月
[75:23]