[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

(ALBANYレーベル)
ジャオジャオ・ジョー(周佼佼): 劇場的交響曲「五行頌~自然へのオード」(ブルーレイ+CD)
他、新譜9タイトル

(ALBANYレーベル)
ジャオジャオ・ジョー(周佼佼): 劇場的交響曲「五行頌~自然へのオード」(ブルーレイ+CD)
他、新譜9タイトル

ALBANYレーベル(アメリカ)

ジャオジャオ・ジョー(周佼佼)のシアター・ピース的交響曲「五行頌~自然へのオード」
TROY 1713(Blu-ray + CD)
ジャオジャオ・ジョー(周佼佼):
劇場的交響曲「五行頌~自然へのオード」
台本・制作:デニス・ロウ・MD

ローレンス・ゴラン(指揮)
ラモント交響楽団
ミャオ・イミン(中国Fl)、リュー・ファンヘ(琵琶)、マシュー・ピーターソン(Br)、マシュー・プレンク(T)、クリスティーナ・マクミューレン(S)、ほか
[76:33]※Blu-rayとCDは同内容 

※交響楽、独唱、合唱、舞踊に照明など視覚効果を加えた一種のシアター・ピース的な交響楽作品。いわばオペラのコンサート形式上演に似た形をとっている。題材は中国の哲学であるタオイズムに基づいている。タン・ドゥンのシアター・ピースをもっと大衆演芸的に咀嚼したような内容で中国や北朝鮮のプロバガンダ音楽劇を思わせるわかりやすい内容。音楽を担当したジャオジャオ・ジョー(周佼佼)は中国出身でアメリカで活躍する女性作曲家で中国中央音楽院の准教授も務めており、中華文化圏における映画の音楽を多く手がけている。

※その他ALBANYレーベル新譜
TROY 1709
「白い迷宮」~ハーヴェイ・ソルバーガー作品集
ハーヴェイ・ソルバーガー(b.1938):
①フルートのためのグランド四重奏曲(1962)
②2つのフルートのための2つの小品(1958/1960)
③アルト・フルート独奏のための《ハラ》(1978)
④フルート・ソナタ《チャーリー・ヘブド》(2015)
⑤フルートとアルト・フルートのための《オーレリアン・エコーズ》(1989)
⑥16本のフルートのためのグランド四重奏曲第2番《白い迷宮》(2015)

IWOフルート四重奏団:
【シドニー・カールソン(Fl,①②⑥)
 レナード・ガリソン(Fl,①③-⑥)
 ジェニファー・ライン(Fl,①②⑥)
 ポール・タウブ(Fl,①⑤⑥)】
④ロジャー・マクヴェイ(Pf)
録音:2017年5月 [78:11]
※ハーヴェイ・ソルバーガーは今年80歳になるフルーティスト、作曲家、指揮者。演奏家としては150点以上の録音を残し、全米フルート協会より表彰された。ここに収められた作品は無調、12音技法に基づいた典型的な20世紀音楽の書法で書かれている。アルト・フルートのための「ハラ」は日本の音楽にインスパイアされたという曲で、尺八のムラ息の応用など、ある時期、日本の現代作曲家が多く書いたフルート曲の雰囲気を持っている。

TROY 1710
アンソニー・ポール・デ・リティス:エレクトロアコースティック・ミュージック
~デイヴィッド・ウェッセルの追憶に
もつれた印象、三叉曲線の前奏曲、ピリのための5つの楽章、5つの雰囲気、フィルタース、ほか全32トラック

エミー・アドヴォカット(Cl)、
オルランド・セラ(Fl)、
ヴィッキー・チャウ(Pf)、
フ・ジャンビン(胡建兵,中国笙)、
ガミン・カン(Ob)、
ミン・シャオファン(閔小芬,中国琵琶)、
アンソニー・ポール・リディス(エレクトロニクス)
ほか
[74:32]
※中国の伝統楽器の演奏にライヴ・エレクトロニクスによる現代的要素を加えた新しいタイプのエスニック・ミュージック。東洋的だがどこの国とも特定しがたい汎アジア的な空気感が漂う。全体にアンビエントな穏やかな雰囲気の作品で環境音楽としても楽しめる。

TROY 1712
「アンセムズ・アフター・プロメテウス」
デイヴィッド・オズボン:
①プロメテウス・ソナタ(2017)
②5つのオマージュ(1999)
③太陽のなかへ(2016)~無伴奏ヴァイオリンのための
④革命のための待機(2000)

アングロ・アメリカン・デュオ:
【ティモシー・シュワルツ(Vn)
ジェーン・ビーメント(Pf)】
④ロレーン・ディーコン(Vc)
録音:2017年10月 [51:43]
※デイヴィッド・オズボンはイギリスの中堅作曲家、指揮者。ここにはヴァイオリンとピアノの作品が収められている。作風は20、21世紀の様々な技法が渾然一体となって折衷されており、調性もためらうことなく取り入れられている。5つのオマージュはエルガー、ベートーヴェン、メシアン、クラム、ネイジェル・ケネディにそれぞれ捧げられた小品で様々なスタイルの万華鏡といった感のあるバラエティに富んだ音楽。

TROY 1714
「アメリカの新しいピアノ・ヴィルトゥオーゾ作品」
シェリー・クレメント:ピアノ前奏曲第1番~第13番
ペリー・ゴールドスタイン:固体と流体のポイント

エリザ・ガース(Pf)
録音:2015年/1998年[57:46]
※アメリカの中堅からベテラン世代の作曲家によるピアノ作品集。いずれも無調、12音技法あるいは部分的に調性、モード技法を折衷しているもののアメリカ東海岸流の保守的で妥協のない厳しい書法で書かれている。ピアノのエリザ・ガースはジュリアード音楽院出身。ヘンリー・カウエル、ジョージ・クラムなどアメリカの作曲家を得意とし、2012年のジョン・ケージ生誕100年の記念コンサートではソナタとインターリュードをはじめ彼の主要な作品を弾いて好評を博した。

TROY 1715
「私は見上げた」~宗教合唱音楽集
アルヴォ・ペルト:聖母マリア
ニコラス・リーヴズ:主よ今すぐに
アルバート・ベッカー:私は復活する
アンドレア・ラムゼイ:ルミニセンス
アドルファス・ハイルストーク:私は見上げた
オラ・ジェリオ:太陽のミサより
アントニオ・ロッティ:第1旋法のミサ
スチュアート・ダンカン:これらの壁の中に
イアン・デイヴィッド・コールマン:ともに喜び歌おう
トマス・ルイス・デ・ビクトリア:キリエ
ウィリアム・ドーソン:ああそれはすぐに完了する

アンソニー・J・マリオーネ(指揮)
ウィリアム・ジュウェル・カレッジ・コンサート合唱団
デイヴィッド・M・サンチェス(T)
ロバート・サマー・シムズ(Pf)
録音:2017年5月 [58:15]
※ビクトリアからアルヴォ・ペルトまでルネサンスから現代の宗教合唱曲を集めたアルバム。ウィリアム・ジュウェル・カレッジ・コンサート合唱団はカンザス州の大学で組織された混声合唱団。カナディアン・ブラス、キングス・シンガースとも共演したこともあり、アンサンブルの水準はかなり高い。このアルバムでも特にアカペラにおける音色の美しさは格別でアントニオ・ロッティの「第1旋法のミサ」は一聴に値する。

TROY 1716
「過去に作られたプレゼント」
~ジェシカ・クラッシュの音楽
①若きビルナ
②サルピシアの歌(全7曲)
③フレーズの繰り返し
④マリア写本のカンティガ・デ・アミーゴ(全7曲)
⑤デルフィ~オラクルが言ったこと

①トーマス・コロハン(指揮)ワシントン・マスター・コラールの団員、イアン・スウェンセン(Vn)、ロバート・ディルティス(Cl)
①⑤ターニャ・アニシモワ(Vc)
②④エミリー・ノエル(S)
②③④ジェシカ・クラッシュ(Pf)
③ローラ・カウフマン(Fl)
[73:31]
※ジェシカ・クラッシュはワシントン在住の作曲家、ピアニスト。ハーバード大学とジュリアードで作曲を学んだ。また室内楽をザンドール・ヴェーグに師事している。このアルバムには声楽曲、室内アンサンブル、独奏曲など様々な曲が収められている。マリア写本のカンティガ・デ・アミーゴは中世スペインの世俗宗教歌にインスピレーションを得た作品でエキゾチシズムと神秘的な雰囲気が魅力的。

TROY 1717
「ヴァイオリンとピアノのための新しい音楽」
ケネス・フックス(b.1956):一楽章のデュオ(2015)
キャスリーン・フーヴァー(b.1937):ダンシング(2014)
ジョン・ホール(b.1959):アーメン・コーラス(2016)
ローラ・カミンスキー(b.1956):アンダーカレント(2015)
タマール・ムスカル(b.1965):われらはどこにいるのか(バッハとの対話)(2015)
ステファン・フロインド(b.1974):人生はまだ続く(2015)

ジュリー・ローゼンフェルド(Vn)
ピーター・ミヤモト(Pf)
録音:2017年4月
※アメリカの新旧様々な世代の作曲家によるヴァイオリンとピアノのための近作を収録。調性をモダンな技法と折衷した新ロマン派的な傾向の作品が好んで取り上げられている。近代フランスやストラヴィンスキーの新古典主義時代の作品を思わせる親しみやすい内容。

TROY 1718
「トリップ」~アモス・エレカナ(b.1967)の音楽
①トリップ(2016)~Vn,Fl,Cl,Vc,Pfのための
②リフレクション(2014)~Vnとエレクトロニクスのための
③8つの花(クルタークへの花束) (2006)~Pfのための
⑤4つの敵(2017)~Clのための
⑥あなたはどこへ帰るの?(2009)~Vcとエレクトロニクスのための
⑦シャー(1991)~Flのための
⑧震える(2008)~チェレスタのための

マイター・アンサンブル
[72:14]
※アモス・アレカナはボストン出身の作曲家。当初バークリー音楽院でジャズ・ギターを学んだ後、作曲に転向、ポーリン・オリヴェロス、リチャード・タイテルバウムらに師事した。作風はジャズとアメリカ実験音楽を掛け合わせた上にパリで学んだ電子音響の影響が感じられる多様なもの。様々な編成のために書かれたこの作品集は現代音楽の様式の博覧会といった様相を帯びており、バラエティに富んでいる。

ALBANYレーベル・カタログ

« »