[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

(TRITONレーベル)
①オルガン好きはもちろん癒しの音楽を求めている人にもお勧め! ブクステフーデと17~18世紀ドイツのオルガン曲集
②珍楽器クリスタル・バシェも登場!ジョン・セルネー(b.1948)新作集

(TRITONレーベル)
①オルガン好きはもちろん癒しの音楽を求めている人にもお勧め! ブクステフーデと17~18世紀ドイツのオルガン曲集
②珍楽器クリスタル・バシェも登場!ジョン・セルネー(b.1948)新作集

TRITONレーベル(フランス)

オルガン好きはもちろん癒しの音楽を求めている人にもお勧め!
ブクステフーデと17~18世紀ドイツのオルガン曲集
TRIHORT 562
「ブクステフーデとドイツのオルガン作品集」
①ブクステフーデ:プレルーディウム ホ短調 BuxWV142
②ブクステフーデ:天の国におられる私たちの父 BuxWV207
③-⑤ブクステフーデ:コラール変奏曲「主よ、真の神であるあなたよ、私たちからとり去ってください」 BuxWV207
⑥ブクステフーデ:父なる神は私たちのそばに住んでおられる BuxWV190
⑦ブクステフーデ:パッサカリア ニ短調 BuxWV161
⑧バッハ:平安と喜びをもって私はそこへ行く BWV 616
⑨ブクステフーデ:平安と喜びをもって私はそこへ行く BuxWV76
⑩ブクステフーデ:嘆きの歌
⑪ヴァルター:あなたに私は希望を抱く、主よ LV97
⑫ブクステフーデ:チャコーナ ホ短調 BuxWV160
⑬ブクステフーデ:ああ、神そして主よ BuxWV177
⑭ブルーンス:人間はこの世では
⑮ブクステフーデ:主よ、私たちにあなたの言葉を守らせてください BuxWV 185
⑯ベーム:オルガンのための前奏曲 ニ短調
⑰ベーム:天の国におられる私たちの父よ

ジャック・ピカール(オルガン)
⑨⑩⑭セシル・コテ(ソプラノ )&サスキア・サレンビエ(メッゾソプラノ,バロックVn)
録音: 2014年9月2日,2017年9月7日,11月5、6日 フランス,ナンテール、68’29
※17世紀後半から18世紀初頭にかけてドイツで活躍した偉大な作曲家たちのオルガン曲集。ジャック・ピカールは2009年から北フランスのイル=ド=フランス、オー=ド=セーヌ県のナンテールのカテドラルのオルガン奏者を務めており、そこでの録音。フランス風の明るく柔らかいオルガンの音色と、豊かだが混濁しない教会の残響が見事に捕らえられていて、たいへん気持ちよい。いくつかの曲には女声が参加しており、ことにソプラノのセシル・コテの清々しい美しさがまたすばらしい。オルガン好きはもちろん、癒しの音楽を求めている人にもお勧め。

珍楽器クリスタル・バシェも登場!ジョン・セルネー新作集
TRIHORT 561
「音楽の対話」~ジョン・セルネー(b.1948):2017年の新作集
「ひまわり」~フルート、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロのための
「8つの詩」~声、クリスタル・バスケット、チェロ
(香り/夕べの調和/猫2/海の調和/毒/アホウドリ/月の悲しみ/猫1)
「3つの議論」~ピアノとチェロのための

クリストフ・ボー(チェロ)
ヴァレリー・ギヨリ(ソプラノ)
セバスチャン・フルニエ(カウンターテノール)
ミシェル・ドゥヌーヴ(クリスタル・バシェ)
カリーヌ・ザリフィアン(ピアノ)
アンサンブル・エリオス
DDD、72’06
※パリで活躍する作曲家、ジョン・セルネーの2017年の新作集、いずれも世界初録音。ジョン・セルネーは1948年生まれのオランダ人だが、長年パリを拠点にしている。演奏者たちの多くはセルネーの長年の協力者たちである。
8つの詩で用いられているクリスタル・バシェは、多数のガラス棒を濡れた指でなでることで幻想的な響きを得られる楽器。やはりガラスを使うグラスハープやグラスハーモニカと比べ表現力が高く、近年人気が高まっている。

TRITONレーベル・カタログ

« »