[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

(ALBANYレーベル)
①ダウランドからピアソラまで! 味わい深いヴァイオリンとギターの二重奏!
②20世紀独創的な作曲家ルー・ハリソンの打楽器作品集!珍しい打楽器伴奏のヴァイオリン協奏曲も収録!
③近現代フルート音楽のスペシャリストによる ドビュッシーから武満まで!20世紀の無伴奏フルート作品集!
他、新譜11タイトル

(ALBANYレーベル)
①ダウランドからピアソラまで! 味わい深いヴァイオリンとギターの二重奏!
②20世紀独創的な作曲家ルー・ハリソンの打楽器作品集!珍しい打楽器伴奏のヴァイオリン協奏曲も収録!
③近現代フルート音楽のスペシャリストによる ドビュッシーから武満まで!20世紀の無伴奏フルート作品集!
他、新譜11タイトル

ALBANYレーベル(アメリカ)

ダウランドからピアソラまで!
味わい深いヴァイオリンとギターの二重奏!
TROY 1730
「ヴァイオリンとギターの音楽」
ドゥミラック:中世の小組曲(4曲)
イベール:間奏曲
モーツァルト(イェルビ編):二重奏曲 K.423
ハイス:もしも彼女が尋ねたら
ペルト(イェルビ編):フラトレス
ダウランド:流れよ私の涙、もう泣かないで、悲しみの泉よ,もし私の嘆きで
メルツ:マルヴィーナに
ロンチャー:イヴは誰?
ピアソラ(イェルビ編):リベルタンゴ

ドナ・フェアバンクス(ヴァイオリン)
ヨン・パウル・イェルビ(ギター)

録音:2014年12月6日,2015年7月3日,2016年5月3日,2017年5月3日 米国,ユタ州オレム、DDD、51’30
※パガニーニの名曲でも知られるように、ヴァイオリンとギターの相性はすこぶる良い。このCDには、編曲ものも含めて様々なヴァイオリンとギターの二重奏が収録されている。ダウランドがヴァイオリンとギターで演奏されると実にいい味わいになる。また20世紀のブラジルを代表するギタリスト、ディレルマンド・ヘイス(1916-1977)や、クロアチアのギタリスト、ミロスラフ・ロンチャー(1964-)の作品が珍しい。
ドナ・フェアバンクスはユタ・ヴァリー大学でヴァイオリンの教授を務めている。ヨン・パウル・イェルビドイツ出身のギタリスト。米国を拠点として活躍している。

20世紀独創的な作曲家ルー・ハリソンの打楽器作品集!
珍しい打楽器伴奏のヴァイオリン協奏曲も収録!
TROY 1731
「ルー・ハリソン:打楽器、ヴァイオリン、ピアノのための作品集」
①ジョン・ケージ&ハリソン:二重音楽
②ハリソン:カンティクル第3番
③ハリソン:打楽器伴奏のヴァイオリン協奏曲
④ハリソン(スタインバーグ編):様々な三重奏曲

①-③パーカッションUVU(打楽器アンサンブル)
③④ドナ・フェアバンクス(ヴァイオリン)
④ドゥグ・スミス(打楽器)
④ヒラリー・デムスク(ピアノ)
録音:米国,ユタ州,シーダーシティ、DDD、63’45
※20世紀米国の独創的な作曲家、ルー・ハリソン(1917-2003)の打楽器、ヴァイオリン、ピアノのための音楽を4曲収録。ジョン・ケージと共作の二重音楽(1941年)は、4人の打楽器奏者の第1、第3パートをケイジが、第2、第4パートをハリソンが書いている。バリのガムランの影響が色濃い。カンティクル第3番(1940年)は舞踊曲。やたらとオカリナが活躍する。打楽器伴奏のヴァイオリン協奏曲(1940-1959)は、文字通りの作品で、普通のヴァイオリン協奏曲とはだいぶ趣が異なって楽しい。様々な三重奏曲はだいぶ後の1987年の作。ハリソンの世界観が完成している。
ドゥグ・スミスはユタ・ヴァリー大学で打楽器部門の准教授を務めている。ドナ・フェアバンクスはユタ・ヴァリー大学でヴァイオリンの教授を務めている同僚。

近現代フルート音楽のスペシャリストによる
ドビュッシーから武満まで!20世紀の無伴奏フルート作品集!
TROY 1726
「情熱の風」~20世紀の無伴奏フルート曲集
ドビュッシー:シランクス/
カルク=エレルト:情熱的なソナタ/
ヒンデミット:8つの小品/
ヴァレーズ:密度21.5/
ボザ:映像/
ベリオ:セクェンツァ/
福島和夫:冥/
ムチンスキー:3つの前奏曲/
カーター:風に書く/
武満徹:エア

モリー・アリシア・バース(フルート)
録音:2017年9月 米国,オレゴン州,ユージーン、DDD, 54’51
※20世紀の無伴奏フルート曲集。いずれの曲も近現代の無伴奏フルート曲の定番といえるものばかり。モリー・アリシア・バースは同時代の作曲家の作品を得意とするフルート奏者。1996-2006年には「8番目の黒い鳥 Eighth Blackbird」 という室内アンサンブルに参加し、そのCDでグラミー賞を受賞している。

※その他 ALBANYレーベル新譜
TROY 1695/96(2CD)
ジャック・パーラ:歌劇「道化師シャリマー」

ジェイス・オグレン(指揮)セントルイス交響楽団員
アンドリアーナ・チュクマン(インディア・オフュールス/ブーニイ・カウル)
グリゴリー・ダール(マックス・オフュールス)
キャサリン・ゲルドナー(ペギー・オフュールス)
トーマス・ハモン(アブドゥラ・シャー・ノーマン)
ジェニ・バンク(ファードス・ノーマン)
ジェフリー・アグパロ(ゴピナス・ラズダン) ほか
録音:2016年6月セントルイス、DDD、133’37
※米国の作曲家、ジャック・パーラの新作オペラ「道化師シャリマー」の録音。原作は、「悪魔の詩」で有名なインド系英国人作家サルマン・ラシュディの同名小説。
1964年、印パ国境地域のカシミールの小村パチガム。イスラム教徒の青年シャリマー、村の一座のヒンドゥ教徒の娘ブーニイと結婚するが、様々な障害に遭う。ブーニイは強引に在インド大使マックス・オフュールスの愛人に収まり、数年後彼女は娘インディアを儲けるも、実子のいないマックスの妻ペギーに取られてしまう。ブーニイは帰郷するが、村人からも家族からも拒絶され山奥で独り暮らす。一方シャリマーは傷心からイスラム過激派のテロリストになる。故郷に戻ったシャリマーは、パチガムの村がインド軍によって壊滅させられていたことを知る。唯一の生存者は山奥に暮していて難を逃れたブーニイ。そしてシャリマーはある行動へ向かう…。
パーラはクラシックの現代音楽にインドの音楽を絡めた音楽を効果的に用いている。現代的問題に真正面に向かった新作オペラである。

TROY 1725
「リンダ・リスター 自作自唱」
リスター:
①私に愛のワインを持って来て(6曲)
②有名な妖精たちへの嘆願(7曲)
③恋するソネット詠み(3曲)
④別々の弦(2曲)
⑤エマーソンとアイル(2曲)
⑥セミオペラ「なんと明瞭に彼女は輝いていることか!」から(3曲)
⑦悪い詩(Bad Poetry)のB(7曲)
⑧歌手の健忘

リンダ・リスター(ソプラノ)
アマンダ・ジョンストン(ピアノ)
③ウェイウェイ・レ(ヴァイオリン)
録音:2015年8月13,14日、10月8日 ネバダ州ラスベガス、DDD、51’46
※歌手による自作歌曲の自唱は珍しい。リンダ・リスターは米国のソプラノ。高音を得意とする軽めのソプラノで、オペラから歌曲まで幅広く歌っている。同時代の作曲家の作品も好んで歌う彼女は、自ら歌曲をたくさん書いて歌っていることでも知られてい。唯一連作歌曲でない「歌手の健忘」は、歌手が時々歌詞が飛んでしまうことを題材にしたアンコール用のオペラアリアの接続曲。

TROY 1727
「誘惑」
①デル・アギラ:誘惑
②ヒナステラ:サンバ,悲しみ,子守歌,朝
③グラナドス:スペイン舞曲集(3曲),愛の歌曲集(5曲)
④ガスタヴィーノ:シエスタ,この教会にはない…,働く人と貧しい人,一番高い薔薇の蕾に…,
⑤ガスタヴィーノ:ロシータ・イグレシアス
⑥トゥーリナ:スペイン風ソナタ
(②-⑥ジャット編)

ステファニー・ジャット(フルート)
トマス・カスドルフ(ピアノ)
①オルランド・ピメンテル(クラリネット)
⑤エレナ・アベンド(ピアノ)
録音:2016年5月23-25日 米国,ウィスコンシン州,マディソン、DDD、72’12
※20世紀のスペインおよび南米の作曲家のフルート曲を収録。ミゲル・デル・アギラ(1957‐)はウルグアイ出身で現在は米国で活動。「誘惑」はフルート、クラリネット、ピアノのための作品。この曲と、本来はヴァイオリンとピアノのためのトゥーリナのスペイン風ソナタの他は、いずれも歌曲をジャットがフルート独奏曲に編曲したもの。当然だがいずれもスペイン色の濃い作品ばかりである。
ステファニー・ジャットは1990年から2017年まで米国ウィスコンシン州のウィスコンシン大学マディソン校のフルートの教授を務めていた。ソリストとしても活発に活動している。

TROY 1728
「宗教歌曲集」
フォーレ:サルヴェ・レジーナ,アヴェ・マリア
ヴォーン=ウィリアムズ:5つの神秘的な歌
レーガー:12の精神的な歌 Op.137~第4番「晩に」,第5番「おお主なる神よ」,第6番「キリストよ」
ヴィエルネ:祈り(3曲)
リテーズ:祈り
サワビー:隠れ場に住む人は,主に向かって喜ばしい声をあげろ,私は山に向かって目を上げる
ピンカム:イエスよ、甘い思い,主を褒め称えよ,慈しみと愛のあるところ

スティーヴン・ランカスター(バリトン)
ケヴィン・ヴォーン(オルガン)
録音:2017年5月30日―6月1日 米国,インディアナ州,サウスベンド、DDD、66’50
※近代の作曲家によるオルガン伴奏による宗教曲集。ガストン・リテーズ(1909-1991)はフランスのオルガン奏者、作曲家。レオ・サワビー(1895-1968)は米国のオルガン奏者、作曲家。ダニエル・ピンカム(1923-2006)は米国のオルガン奏者、作曲家。
スティーヴン・ランカスターはカナダのバリトン。北米を中心に主に演奏会、リサイタルで活躍している。インディアナ州のノーターデイム大学の教会出の録音。

TROY 1729
「十分に軽く」
スコット・ウィーラー(b.1952):十分に軽く(7曲)
デイヴィッド・コント(b.1955):誰もが歌った(4曲)
ラリー・アラン・スミス(b.1955):時、忍耐と憧れの歌(6曲)
ケンドラ・ダーコール:笑いと溜め息(4曲)

ロバート・ベアフィールド(バリトン)
ケリー・ホーステッド(ピアノ)
録音:2017年6-10月 ニューヨーク、DDD、56’50
※米国の1950年代生まれの作曲家たち、スコット・ウィーラー(1952-)、デイヴィッド・コント(1955-)、ラリー・アラン・スミス(1955-)に加え、比較的若い世代のケンドラ・ダーコールの、4人の作曲家の歌曲集を収録。いずれもネオロマンティシズム風の穏やかな曲調で楽しめる。
ロバート・ベアフィールドは主として米国の地方歌劇場で活躍するバリトン。

TROY 1733
「ドン・ウォーカー(b.1941):合唱作品集」
カミングズ・カントリー/
マニフィカト/

ベンジャミン・フランクリン歌曲集/
ウォルト・ホワイトマン歌曲集/
エミリー・ディキンソンの4つの詩/
エミリー・ディキンソンの3つの詩/
「ディストラー」第1幕第3場から/
ケンタッキー風刺話

ダン・カロウセク(指揮)
ARSブリュネンシス合唱団
DDD, 56’07
※米国の作曲家、ドン・ウォーカーのAlbany Recordsからの3枚目のCD。ドン・ウォーカーは1941年、カリフォルニア州ヴェンチュラの生まれ。いずれも親しみやすい曲ばかりである。
ARSブリュネンシス合唱団はチェコのブルノの合唱団。ダン・カロウセクはその音楽監督。
なお収録年やピアノ伴奏者などの情報は記載がない。

TROY 1734
「LOVE COMES IN AT THE EYE」
ケヴィン・プッツ(b.1972):目の中へと(6曲)
ケヴィン・プッツ:アリア
ジェイムズ・スコット・バレンティン(b.1947):5つの霊歌
ケヴィン・プッツ:エア
ケヴィン・プッツ:ロビンのための周回
ネッド・ローレム(b.1923):サンタフェ歌曲集(12曲)

ティモシー・ジョーンズ(Br)
ステファニー・ジャット(Fl)
ステファニー・サンタンブロジオ(Vn)
キャロル・クック(Va)、ベス・レイピア(Vc)
アンソニー・ロス(Vc)、
ジェフリー・サイクス(Pf)
2017年8月 米国,ウィスコンシン州,マディソン, DDD, 71’43
※ケヴィン・プッツ(1972-)、ジェイムズ・スコット・バレンティン(1947-)、ネッド・ローレム(1923-)と、概ね四半世紀世代が異なる米国の3人の作曲家の歌曲および器楽曲を収録。ケヴィン・プッツはミズーリ州セントルイス生まれの作曲家。近年非常に人気が高いのも納得の才気煥発な音楽。一方バレンティンの5つの霊歌はバリトンをチェロで伴奏する渋い曲。
バリトンのティモシー・ジョーンズはヒューストン大学の声楽教授であり、またオペラや演奏会で広く活躍もしている。

TROY 1735
「反応」
ドロレス・ホワイト:時々私は私自身ではない,南京虫/
ジャクリーン・ヘアストン:愚かな心/
ロバート・オーウェンズ:バリトンとピアノのための3つの歌 Op.20/
マーケス・L.A.ギャレット:愛の循環~愛の歌,心よ、私の心よ,さようなら/
ジャクリーン・ヘアストン:彼女は自由に向かって座った/
カーロス・サイモン・ジュニア:夕暮れ/
マシュー・イヴァン・テイラー:反応/
ハワード・スワンソン:死の歌/

リナ・マクリン:日/
マーケス・L.A.ギャレット:償い/

ジョージ・ウォーカー:ああその唇を奪い去れ/
ユージン・ハンコック:アブサロム,主よ、今こそこの僕を

カール・デュポン(バリトン)
グレゴリー・トムソン(ピアノ)
DDD、59’00
※20世紀から21世紀にかけての米国の作曲家、ドロレス・ホワイト、ジャクリーン・ヘアストン(1938-)、ロバート・オーウェンズ(1925-2017)、マーケス・L.A.ギャレット(1984-)、カーロス・サイモンJr(1984-)、マシュー・イヴァン・テイラー(1983-)、ハワード・スワンソン(1907-1978)、リナ・マクリン(1929-)、ジョージ・ウォーカー(1922-)、ユージン・ハンコック(1929-93)の歌曲を収録。
カール・デュポンは米国のバス=バリトン。オペラで幅広く活動している。

ALBANYレーベル・カタログ

« »