[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

(STRADIVARIUSレーベル)
①リュートの世界的名手ポール・バイアーの待望のダウランド!!
②ルー・ハリソン作品とホルストではない「惑星」!~ハープと打楽器のための作品集
他、新譜3タイトル

(STRADIVARIUSレーベル)
①リュートの世界的名手ポール・バイアーの待望のダウランド!!
②ルー・ハリソン作品とホルストではない「惑星」!~ハープと打楽器のための作品集
他、新譜3タイトル

STRADIVARIUSレーベル(イタリア)

リュートの世界的名手ポール・バイアーの待望のダウランド!!
STR 37128
「もし一日が」~ダウランド:リュート作品集
ダウランド(1563-1926ca):
もし一日が/幻想曲/パヴァン/
キャプテン・ディゴリー・パイパーのガリアード/
出発が気が進まない/失われた希望/
サー・ジョン・ラングトンのパヴァン/
彼女は許してくれるだろうか/私の窓から去って行け/
夢/ダウランドの別れ/
ロビンはグリーンウッドに行った/
ヴォー夫人のガイヤール/
別れ/パヴァン/ヴォー夫人のジグ/
ウォーシンガムのガリアード/タールトンの復活

ポール・バイアー(リュート)
録音:2017年8月 イタリア,ノマーリオ,71’15
※stradivariusから多くのリュート曲のCDを出しているポール・バイアーの待望のダウランド。ポール・バイアーは米国の生まれだが、もう長いことイタリアのミラノに住んでおり、今やイタリアを代表するルネサンス・リュート奏者と言っても良いだろう。バイヤーの誠実で丁寧な演奏がダウランドの音楽の繊細さを引き立てている。

ルー・ハリソン作品とホルストではない「惑星」!
STR 37123
ハリソン&ファッキン:ハープと打楽器のための作品集
ルー・ハリソン(1917-2003):
①「ハープのための音楽」
②「セレナード」(1978)~任意の打楽器とギターのための
グイド・ファッキン(b.1946):
③「惑星」(2017-18)~ハープと打楽器のための9つの小品

アヴァロキーテ・デュオ:
【パトリツィア・ボニオロ(Hrp)
 グイド・ファッキン(Perc)】
録音:2017-2018年,71:33
※世界中の民族音楽の要素を取り入れ昇華した汎民族的ワールド・ミュージックの創造を目指したルー・ハリソンの珍しいハープと打楽器のための二重奏曲。ハリソンは若い頃わずかに12音技法による作曲を行ったものの、以後は世界中の様々な音律、モード、リズムを駆使した美しい作品を発表。このハープと打楽器のための作品もどこの地域のどの民族とも言い難いが、どこででもありえそうな優美で逞しく、大らかなメロディが聴くものにある種の懐かしさを感じさせる。打楽器奏者ファッキンの自作自演「惑星」はホルストの同名曲とは対照的な、古代ギリシャあたりの民族舞曲集といった趣の佳品。

※その他STRADIVARIUS新譜
STR 37121
ブリス・ポゼ(b.1965):作品集
「涙の理論:泥」(2008-2015)~クラリネット、ヴァイオリン、チェロとピアノのための
「エウリディーチェ」(1998-2015)~フルート、ヴァイオリン、ヴィオラとチェロのための
「ウン=ルーエ II」(2016)~クラヴサンのための

アンサンブル・アルテルナンス
ブリス・ポゼ(Cemb)
録音:2018年5月、[19:10][8:01][13:45]
※ブリス・ポゼはフランスの作曲家、チェンバロ奏者。作曲をジェラール・グリゼイ、フランコ・ドナトーニ、デュティーユ、ブライアン・ファーニホウ、ミカエル・ジャレルなど作風の大きく異なる作曲家に師事した。彼の音楽は寡黙でウェーベルン、フェルドマンの作品の系譜に連なる静寂の美しさを感じさせるもの。クラヴサンのための「Un-Ruhe II」は自らの朗読と演奏による「弾き語り」作品で、ここでは21世紀版サティとでも言うべきシュールな詩情が感じられる。

STRADIVARIUSレーベル・カタログ

« »