[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

(BRINRINRIレーベル)
山下和仁&山下紅弓ギターデュオの新たなる名盤2タイトル!

(BRINRINRIレーベル)
山下和仁&山下紅弓ギターデュオの新たなる名盤2タイトル!

BRINRINRIレーベル (日本)

【山下和仁&山下紅弓ギターデュオの新たなる名盤2タイトル】
ロシア公演を興奮の坩堝としたシェヘラザード2曲+バロック・古典新編曲、全17曲!
KYBR-2002 ¥2,700 + 税
カランダール王子の物語 ◎ 山下和仁+山下紅弓 ギターデュオ Ⅱ
1. セイシャス/山下和仁編: ソナタNo.37
2. セイシャス/山下和仁編: ソナタNo.8
3. ヘンデル/山下和仁編: エアHWV604
4. ヘンデル/山下和仁編: メヌエット HWV602
5. ヘンデル/山下和仁編: メヌエット HWV603
6. ルイ=クロード・ダカン/リヨベー編: かっこう
7. ハイドン/フォルテア編: セレナータ
8. テレマン/山下和仁編: カノン
9. テレマン/山下和仁編: グラーヴェ
10. ベートーヴェン/山下和仁編: ソナチネ ハ長調WoO 44a
11. チマローザ/山下和仁編: ソナタNo.25
12. チマローザ/山下和仁編: ソナタNo.33
13. チマローザ/山下和仁編: ソナタNo.79
14. バッハ/山下和仁編: ガボット~イギリス組曲No.3
15. スカルラッティ/山下和仁編: ソナタ K-9, L413
16. リムスキー=コルサコフ/山下和仁編: シェヘラザードより「カランダール王子の物語」
17. リムスキー=コルサコフ/山下和仁編: シェヘラザードより「若い王子と王女」

山下和仁(ギター)
山下紅弓(ギター)
録音:2019年12月11-13日

ソルの傑作≪ロシアの思い出≫、人気曲≪スライドワルツ≫を含む、驚異のデュオの新たな地平
KYBR-2003 ¥2,700 + 税
スライドワルツ 〜 山下和仁+山下紅弓ギターデュオⅢ
1. 作者不詳/エリス伝: スライドワルツ
2. レオンハルト・フォン・カル: ロンドOp.39
3. ソル: 6つのワルツ Op.39: ワルツ1 de Mohor 
4. ソル: 6つのワルツ Op.39: ワルツ2 de Sor 
5. ソル: 6つのワルツ Op.39: ワルツ3 de Mohor 
6. ソル: 6つのワルツ Op.39: ワルツ4 de Steibelt 
7. ソル: 6つのワルツ Op.39: ワルツ5 de Mozart 
8. ソル: 6つのワルツ Op.39: ワルツ6 de Mohor
9. バッハ/山下和仁編: ガボット~イギリス組曲第6番より
10. バッハ/山下和仁編: 蟹のカノン~Danzas espanolas Op.37より
11. グラナドス/山下和仁編: オリエンタル~Danzas espanolas Op.37より
12. ルクレール/山下和仁編:ガボット~ Sonata for 2 Violins Op. 3 No. 5 – IIより
13. ソル: ロシアの思い出 Op.63

山下和仁(ギター)
山下紅弓(ギター)
録音:2020年2月17-19日
※2003年、東京・浜離宮朝日ホールにてデビューした山下和仁&山下紅弓ギターデュオ、翌2004年にローマ国際ギターフェスティバルに出演して以来、国内外で多数の演奏を行い好評を博している。2017年にCDアルバム『ランクラージュマン』を発表、ソルによる表題作を始め、カル、グラナドス、ヴィラ=ロボスらの作品を収めた同作は本格派ギターデュオの始動を告げる意欲作として各所で高い評価を受けた。それから3年後の2020年、同デュオのさらなる飛躍を示す2枚のアルバムが同時発売されることとなった。1枚が本盤『カランダール王子の物語~山下和仁+山下紅弓ギターデュオⅡ』(KYBR-2002)であり、もう1枚が『スライドワルツ~山下和仁+山下紅弓ギターデュオⅢ』(KYBR-2003)である。詳細についてはぜひそれぞれのアルバムを実際にお聴き願いたいが、両盤とも選曲・演奏・録音に極めて秀でた作品であることは断言できよう。好事家のみならず、万人が楽しめると同時に、このギターデュオの並々ならぬ実力を実感し得る2枚の新たなる名盤の登場を心から喜びたい。
(月刊「現代ギター」編集長 渡邊弘文)

山下和仁:
1961年長崎市に生まれ。8歳より、父・山下亨にギターを学ぶ。また作曲家の小船幸次郎に師事。15歳で全国コンクール(現:東京国際ギターコンクール)優勝のあと、1977年、16歳でラミレス、アレッサンドリア国際、パリの世界三大国際ギターコンクールに、いずれも史上最年少優勝という快挙を成し遂げた。LP.,CD合わせてこれまでに89枚のアルバムを発表。自身の編曲による〈展覧会の絵〉が大反響を得たほか、〈火の鳥〉〈シェヘラザート〉〈新世界より〉などオーケストラ用大曲をギター用に次々アレンジ、さらに「バッハ:無伴奏ヴァイオリン、チェロ、フルート、リュート組曲BWV995-1013(5CDs)」を全て編曲。かたわら「F.ソル:ギター曲全集(16CDs)」「M.カステルヌオーヴォ=テデスコ:ゴヤによる24のカプリチョス」「プラテーロとわたし」など、ギター本来のレパートリーも名演の誉れ高く、広大なレパートリーを有する。ウィーン・ムジークフェライン大ホール、ロシア・サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー大ホール、カペラ劇場、モスクワ・ザリャジエ大コンサートホール、イタリア・テアトロオリンピコ、テアトロ・レッジョ、ニューヨーク・リンカーンセンター、シカゴ・シンフォニーセンターオーケストラホール、など世界各地でソロリサイタル。世界のトップアーチストたちとも数々共演。『黎明期の日本ギター曲集』で平成11年度文化庁芸術祭大賞を受賞。
https://kazuhitoyamashita.com/

山下紅弓:
山下紅弓は山下和仁の長女。https://koyumiyamashita.com/  2003年 東京・浜離宮朝日ホールでの山下和仁リサイタルでデュオとして出演(当時小学4年生)、以後デュオとして、翌2004年にローマ国際ギターフェスティバル、長崎、大阪、ソウルアートセンター大ホール(2005)、イタリア・アレッサンドリア国際ギターフェスティバル、名古屋・しらかわホール、ヴェトナム・フエ・ロイヤル劇場(2006)、東京・トッパンホール、ポルトガル・サントティルソ国際ギターフェスティバル、スペイン・コルドバ国際ギターフェスティバル、アメリカ・サンフランシスコ (2007)、トリノ、シンガポール (2010)などに出演。同2010年に名古屋にてソロデビューも果たす。2011年、再びコルドバ 国際ギターフェスティバルに招かれ、以後、チェコ、ハンガリー、イタリア各地、兵庫県立芸術文化センター、韓国・ソウル芸術の殿堂 IBKホール、福岡でも演奏。2016年にはトリノ音楽祭で「フェルナンド・ソルの夕」を開催。2017年には、デュオCDアルバム「ランクラージュマン」を発表。奈良・春日大社第六十次式年造替での特別演奏のほか、東京・紀尾井ホールにも出演。2019年には浜離宮朝日ホールでの「フェルナンド・ソルの夕」でも「ロシアの思い出」ほか数々の名曲を披露したほか、熊本県立劇場でも演奏した。2020年3月にはロシア・カザン国際ギターフェスティバルにも特別招待され、和仁、紅弓それぞれがオーケストラと共演したほか、ギターデュオでリムスキー・コルサコフ作曲のシェヘラザードより「カランダール王子の物語」および「若い王子と王女」を演奏した。熊本大学理学部、九州大学大学院理学府修了。

BRINRINRIレーベル・カタログ

« »