[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

(BRIDGE)
①バーンスタインやカーターの師エドワードB.ヒルの幻の交響曲
②ニューヨーク・フィル・メンバーによるジャズ、ミュージカルのスタンダード 他新譜5タイトル

(BRIDGE)
①バーンスタインやカーターの師エドワードB.ヒルの幻の交響曲
②ニューヨーク・フィル・メンバーによるジャズ、ミュージカルのスタンダード 他新譜5タイトル

BRIDGEレーベル(アメリカ)

バーンスタインやカーターの教師でもあった作曲家エドワード・バーリンガム・ヒル
2013年に初演された幻の交響曲

BCD 9443
9443「エドワード・バーリンガム・ヒル(1872-1960):交響曲第4番、他作品集」
①ピアノと管弦楽のための「ディヴェルティメント」
②交響曲第4番変ホ長調 Op.47
③ピアノと管弦楽のためのコンチェルティーノ第1番 Op.36
④ピアノと管弦楽のためのコンチェルティーノ第2番 Op.44

ピーター・ベイ(指揮)
オースティン交響楽団
①③④アントン・ネル(ピアノ)

録音:②2013年5月、6月、①③④2014年1月、テキサス州オースティン、60’42
※バーンスタイン、エリオット・カーターなどの教師としても知られるアメリカの作曲家ヒル。後期ロマン派をベースにした作風で、ジャズの要素も感じる美しく巧みな管弦学法。すべて世界初録音です!交響曲第4番は1940年に作曲されたまま埋もれていました。2013年に、このベイ指揮&オースティン響のコンビで初演!1930年~40年代は「アメリカ映画の黄金時代」と称されるように、この交響曲もゴージャスで流麗なアメリカ的美しさを感じます。知られざる作曲家でいるのはもったいない、アメリカの偉大な作曲家の1人です。

これはお洒落!ニューヨーク・フィル・メンバーの弦楽四重奏によるジャズ、ミュージカルのスタンダード!
BCD 9439
9439「ストリングス・イン・スウィングタイム」
①チャールズ・ミラー(編曲):弦楽四重奏のためのジェローム・カーンの6つのソング
(「ザ・ソング・イズ・ユー」~ミュージカル「ミュージック・イン・ジ・エアー」より/「ワンス・イン・ア・ブルー・ムーン」/「オール・ザ・シングス・ユー・アー」/「今宵の君は」~映画「有頂天時代」より/「煙が目にしみる」~ミュージカル「ロバータ」より/「ビル」~ミュージカル「ショウ・ボート」より)
②ウラジミール・セリンスキー(編曲):弦楽四重奏のための8つのポピュラー・ソング
(デューク・エリントン:ソリチュード/ジュリー・ハースト:ソー・レア/デューク・エリントン:ムード・インディゴ/ジョー・ヴェヌーティ:リンゴの花/フランク・シニョレリ:ブルー・セレナーデ/ファッツ・ワラー:ハニーサックル・ローズ/デューク・エリントン:ソフィスケイテッド・レディ/ヴィクター・ヤング:スウィート・スー)
③【アンコール・トラック】
ジェローム・カーン(ポール・シュワルツ編):映画&ミュージカル「カバーガール」より「ロング・アゴー」

フィルハーモニック・チェンバー・ソロイスツ:
【アンナ・ラビノヴァ(Vn)、ナ・サン(Vn)、キャサリン・グリーン(Va)、キアン・トゥー(Vc)】
③ゲスト:ニューヨーク・フィルのメンバー【デイヴィッド・J・グロスマン(Cb)、ナンシー・アレン(Hrp)、エリック・チャールストン(Perc)】
録音:2010~14年52’30
※ニューヨーク・フィルのメンバーで結成された“フィルハーモニック・チェンバー・ソロイスツ”による、古き良きアメリカのポピュラー・ソング編曲集。アメリカの偉大な作曲家ジェローム・カーン。ミュージカルの礎を築き、今でも色褪せない名曲を多数作曲しました。楽しいメロディ、生き生きとリズミカルなメロディ、しっとりと響くメロディ、弦楽器のシンプルな音色が美しく響き渡ります。ウラジミール・セリンスキーは1910年生まれ、作曲家であり指揮者で、1940年代にNBCで自身のラジオ番組(「Strings in swingtime」)で、このアレンジした“8つのポピュラー・ソング”を実際に演奏したそう。今作は、それを再現、アルバム名もこのラジオ番組にちなんで付けられました。名ソングの数々をインストで聴けるオススメの一枚。

----------------------------------------------

※その他BRIDGEレーベル新譜

BCD 9438(2CD)
9438「ハイドン:ピアノ・ソナタ&ピアノ協奏曲集」
DISC A)
ピアノ・ソナタ第38番ヘ長調 Hob.XVI:23
ピアノ・ソナタ第54番ト長調 Hob.XVI:40
ピアノ・ソナタ第60番ハ長調 Hob.XVI:50
ピアノ協奏曲ニ長調 Hob.XVIII:11
DISC B)
ピアノ・ソナタ第33番ハ短調 Hob.XVI:20
ピアノ・ソナタ第62番変ホ長調 Hob.XVI:52
ピアノ協奏曲ト長調 Hob.XVIII:4 (カデンツァ:チャールズ・ウォリネン)

アン=マリー・マクダーモット(ピアノ)、
スコット・ユー(指揮)オーデンセ交響楽団
録音:2014年5月、2’20”24
※アメリカの実力派ピアニスト、アン=マリー・マクダーモット。ヴァイオリニスト、ナージャ・サレルノ=ソネンバーグとの共演でも知られ、現在は演奏活動のほかに、アメリカの様々な音楽祭のディレクターを務めています。“ピアノ協奏曲ト長調 Hob.XVIII:4”は彼女のために、作曲家チャールズ・ウォリネンがカデンツァを書き下ろしました。卓越したテクニック、軽やかに舞うタッチ。クリアな音色で生き生きとした演奏です。

BCD 9444
9444「ギターの新しい音楽集VOL.9」
①リチャード・ワーニック(1934-):「ザ・ネーム・オブ・ザ・ゲーム」(2001)~ギターと11人のミュージシャンのための
②ポール・ルーダース(1949-):シュレーディンガーの猫(2012)~ヴァイオリンとギターのための12のカノン
③ポール・ランスキー(1944-):ギター協奏曲「木目に沿って」(2009)

デイヴィッド・スタロビン(ギター)
①クリフ・コルノ(指揮)インターナショナル・コンテンポラリー・アンサンブル
②アマリア・ホール(ヴァイオリン)
③ジャスティン・ブラウン(指揮)アラバマ交響楽団
録音:2007年~2013年, 54’34
※デイヴィッド・スタロビンはアメリカの名門ピーポディ音楽院でアーロン・シュアラーに師事。エリオット・カーター、ジョージ・クラムなど、現代音楽作曲家から何百と作品を献呈され、現代音楽のエキスパートとしても知られる著名なギタリスト。この“New Music with Guitar”シリーズは最初のリリースが1981年。長い月日をかけて続く、ギターのレパートリーを増やし続ける素晴らしいシリーズです。今作は第9巻。多彩な編成のギター作品を録音しています。

BCD 9446
9446モートン・フェルドマン(1926-1987):ピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ(1987)

アレックス・カリス(Pf)
カーティス・マコンバー(Vn)
ダニエレ・ファリナ(Va)
クリストファー・フィンケル(Vc)
録音:2013年12月, 75’23
※アメリカのミニマリズム作曲家、モートン・フェルドマン。亡くなる年に作曲した最後の作品。“遅いスタイル”で作られた75分に及ぶ長大な室内楽は、音が少なく、音型が反復を繰り返し、リズムが微妙に揺らいでいく。乾いた空気感。長い時間の中で研ぎ澄まされたミニマリズム、静かに、でも力強く響く。

bridgeBRIDGEレーベル・カタログ

« »