[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

新譜情報
過去に紹介した新譜は コチラ

新譜一覧

(RHINE CLASSICSレーベル)
①幻の天才ヴァイオリニスト、ワンダ・ルッザート 未発表録音8枚組BOX!
②イタリアの名匠アルフォンゾ・モセスティ 2つの知られざるヴァイオリン協奏曲を弾く
③ハイフェッツのレア音源 ブラームスとベートーヴェンのロサンゼルスでのライヴ!
④新録音! 許恕藍(シュー・スーラン)のファースト・アルバム!N響コンマス篠崎史紀氏も推薦!

RHINE CLASSICSレーベル(台湾)

台湾のマニアックなヒストリカル・レーベル「RHINE CLASSICS」のご紹介第2弾!
ワンダ・ルッザート、アルフォンゾ・モセスティ、ヤッシャ・ハイフェッツの歴史的録音の他にN響の篠崎史紀氏も推薦する女流ヴァイオリニスト許恕藍(シュー・スーラン)の新録音も加えた計4タイトルをご紹介いたします。

———————————————————–

幻の天才ヴァイオリニスト、ワンダ・ルッザート
未発表録音8枚組BOX!
RH-002(8CD)
「ワンダ・ルッザート1955-79未出版録音集」
ワンダ・ルッザート(ヴァイオリン) 録音:1955-79年
CD1
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
 エフレム・クルツ(指揮)ミラノRAI交響楽団 録音:1960.6.21
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲
 フランコ・カラシオーロ(指揮)ミラノRAI交響楽団 録音:1966.11.9
CD2
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲
 ニクラウス・ウィス(指揮)スイス・イタリアーナ放送管弦楽団 録音:1970.6.7
ゲディーニ(1892-1965):ディヴェルティメント(1959/60)
 フルマール・シャッツ(指揮)トリノRAI交響楽団 録音:1960.10.28※世界初演
上記練習風景(プライベート・テープより)  (さらに…)

(DORONレーベル)
メナヘム・プレスラー&モーシェ・アツモンのベートーヴェン:ピアノ協奏曲が復活!

DORONレーベル(スイス)

メナヘム・プレスラーのベートーヴェン:ピアノ協奏曲が復活!
DRC 4029
~Legendary Artistsシリーズ~
ベートーヴェン:
ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 Op.15
ピアノと管弦楽のためのロンド変ロ長調 WoO6

メナヘム・プレスラー(Pf)
モーシェ・アツモン(指揮)
ウィーン歌劇場管弦楽団
録音:1967年頃、ADD、49’22
※ボザール・トリオのピアニストとして高名なメナヘム・プレスラー、最近はソリストとしても評判が高くDGなどからソロ・アルバムが発売になっております。そんなプレスラーの往年のピアノ協奏曲録音を復活させたDORONのCD、これが4枚目。オリジナルはConcert Hallレーベルの録音と思われる。プレスラーの柔らかく温かいピアノはベートーヴェンの若き日の名作に打ってつけで、2曲とも大変にいい味わいに仕上がっている。日本とも縁の深いモーシェ・アツモンの指揮も見事。
※半世紀以上前のステレオ録音でテープ劣化がいくらかあることをご了承ください。

DORONレーベル・カタログ

(BRIDGEレーベル)
①ポール・ルーザースのパガニーニ変奏曲にカフカカプリッチョ!
②アレック・カリスのドビュッシー:練習曲&子供の領分

BRIDGEレーベル(アメリカ)

ルーザースのパガニーニ変奏曲にカフカカプリッチョ!
BCD 9531
【ポール・ルーザース・エディション 第15集】
①ピアノ協奏曲第3番「パガニーニ変奏曲」
②サンバル・ダムール第2巻(全8曲)
③カフカプリッチョ(全5楽章)

①アン=マリー・マクダーモット(Pf)
 ベンジャミン・シュワルツ(指揮)オーデンセ交響楽団
②クアトロ・マーニ:
【スティーヴン・バック(Cemb)
 スーザン・グレイス(Pf)】
③アンドレアス・デルフス(指揮)オーデンセ交響楽団
(さらに…)

(STRADIVARIUSレーベル)
①ビーバーとフィルスマイア師弟の無伴奏ヴァイオリン作品集!
②ただものではない!いたずら好きの作曲家が大暴れ!?
他、新譜4タイトル+再プレス4タイトル

STRADIVARIUSレーベル(イタリア)

ビーバーとフィルスマイア師弟の無伴奏ヴァイオリン作品集!
STR 37147
「無伴奏ヴァイオリンのためのオーストリアのバロック音楽」
フィルスマイア(1663-1722):
①-⑩パルティータ第1番 イ長調
⑪-⑱パルティータ第5番 ト短調
⑲-㉙パルティータ第6番 イ長調
ビーバー(1644-1704):
㉚前奏曲 ニ長調
㉛パッサカリア ト短調 「守護天使」

リリアーナ・ベルナルディ(ヴァイオリン)
録音:2019年16-18日 イタリア,ヴィテルボ、55’32 (さらに…)

(MARSTONレーベル)
ロッテ・レーマン録音集成第2弾! ODEON電気録音集 1927-1933

MARSTONレーベル(アメリカ)

ロッテ・レーマン録音集成第2弾!
ODEON電気録音集 1927-1933
56004-2(6CD,4枚価格)
「ロッテ・レーマン ODEON電気録音集 1927-1933」
+補遺 ラジオ放送受信録音集

ロッテ・レーマン(ソプラノ)
録音:1927~48年ADD 475’17
(CD1)
プッチーニ:「トゥーランドット」―この王宮で,最初の涙の(ドイツ語)
ウェーバー:「オベロン」―海よ、巨大な怪物よ(ドイツ語)(2種)
ジョルダーノ:「アンドレア・シェニエ」―母は私の部屋の戸口で殺された(ドイツ語)
 フリッツ・ツヴァイク(指揮)ベルリン市立歌劇場管弦楽団員(1927年2月16日)
ゴダール:「ジョスラン」―この隠れ家で横になり(ジョスランの子守歌)(ドイツ語)
イェンゼン:ああ止まりなさい、黄金の時よ Op.35-3,ささやくそよ風 Op.21-4
メンデルスゾーン:歌の翼に Op.34-2
ブラームス:永遠の愛について Op43-1
 フリッツ・ツヴァイク(指揮)ベルリン市立歌劇場管弦楽団員(1927年2月18日)
シューベルト:音楽に寄せて D547,アヴェ・マリア D839,君は私の憩い D776,挨拶を送ろう D741,水の上で歌う D774
ヒルダッハ:吟遊詩人 Op.15-1
シューベルト:セレナード D957-4,死と乙女 D531
 マンフレート・グルリット(指揮)室内管弦楽団(1927年12月6日)
シューベルト:秘めごと D719
 マンフレート・グルリット(指揮)室内管弦楽団(1927年12月9日)
(さらに…)

(NEOSレーベル)
現代音楽ファン待望の「ドナウエッシンゲン音楽祭2018」オーケストラ・コンサート!
他、新譜6タイトル

NEOSレーベル(ドイツ)

現代音楽ファン待望の「ドナウエッシンゲン音楽祭2018」オーケストラ・コンサート!
NEOS 11914/15(SACDハイブリッド2枚組)
「ドナウエッシンゲン音楽祭2018」
SACD1)
①イヴァン・フェデーレ(B.1953):「エア・オン・エア」(2018)
~増幅したバセット・ホルンと管弦楽のための
②マーリン・ボング(b.1974):「軽率な反乱の破片」(2018)~管弦楽のための
③マルコ・ストロッパ(b.1959):「私と遊びに来て」(2016-18)~エレクトロニクスと管弦楽のための
SACD2)
④アガタ・ズベル(b.1978):室内ピアノ協奏曲(2018)
⑤ミレラ・イヴィチェヴィッチ(b.1980):「ケース・ホワイト」(2018)~アンサンブルのための
⑥フランチェスコ・フィリデイ(b.1973):バラータ第7番(2018)~アンサンブルのための
⑦ヘルマン・マイヤー(1906-2002):大管弦楽と4手ピアノのための作品HMV62(1965)

①-③パスカル・ロフェ(指揮)SWR交響楽団
①ミケーレ・マレッリ(バセットhr)
②パスカル・ロフェ(指揮)SWR交響楽団
③ルカ・バグノーリ(サウンド・エンジニア)、カルロ・ローレンツィ(コンピュータ音楽デザイン)
④イングリット・バイエ・ナイフス(Pf)
 クリスティアン・エッゲン(指揮)チカダ・アンサンブル
⑤⑥イラン・ヴォルコフ(指揮)クラングフォルム・ウィーン
⑦ラース・ヨーンソン&クラウス・シュテッフェス=ホレンダー(Pf)
 ペーター・ルンデル(指揮)SWR交響楽団
録音:2018年10月ドナウエッシンゲン音楽祭ライヴ、[68:51/63:08]
(さらに…)

(WEITBLICKレーベル)
スヴェトラーノフとボベスコ注目の完全初出2タイトル!
①初の組合せ! スヴェトラーノフ+エーテボリ響 ブルックナー:交響曲第8番!!1992年ライヴ!
②完全初出 ボベスコ&ジャンティ 20世紀のヴァイオリン名作集!!ケルン放送スタジオ録音

WEITBLICKレーベル(ドイツ)

完全初出 初の組合せ!スヴェトラーノフ+エーテボリ響
ブルックナー:交響曲第8番!!1992年ライヴ!
SSS0241
ブルックナー:交響曲第8番ハ短調
※タイミング[16:19][14:48][23:20][21:08]

エフゲニ・スヴェトラーノフ(指揮)
エーテボリ交響楽団
録音:1992年9月17日エーテボリ・コンサートホール,ライヴ
※スヴェトラーノフ2種目のブル8が登場。しかも音盤では初顔合わせとなるエーテボリ響客演ライヴ。ロシア響とのメロディア盤は1981年でしたのでほぼ10年後の演奏です。エーテボリ響もヤルヴィ時代の充実期で立派な演奏を聴かせます。エーテボリのコンサートホールは音響の良さで知られますのでクリアなサウンドを聴かせます。ロシア響はかなり金管を強調させた激演でしたが、こちらは弦楽器を生かしたオーソドックスな名演。スヴェトラーノフのもう一つの魅力である神経の細やかさを聴きとれることでしょう。第3楽章冒頭の弦楽器の刻みは驚くほどの繊細さ。1992年というとまだまだ元気いっぱいでエネルギッシュな巨匠。最晩年の巨象の歩みのような遅いテンポによる解釈ではなく運動神経抜群な切り返しも見せます。90年代のスヴェトラーノフは東京でチャイコフスキー交響曲全曲演奏会を開き同時にライヴ録音して一気に評価を高めた時期です。
※はやしひろし氏による書下ろしライナーノート付(英訳あり)。


※レコード芸術2020年4月号準特選!
完全初出 ボベスコ&ジャンティ
20世紀のヴァイオリン名作集!!ケルン放送スタジオ録音
SSS0239/40(2CD)
「ローラ・ボベスコ&ジャック・ジャンティ、WDRリサイタル録音集」
①エネスコ:ヴァイオリン・ソナタ第2番作品6
②ルーセル:ヴァイオリン・ソナタ第1番作品11
③イグナツ・リリアン(1897-1964):ヴァイオリン・ソナタ第2番
④ホアキン・ニン(1879-1949):古いスペインの様式による5つの回想
⑤プロコフィエフ:ヴァイオリン・ソナタ第2番

ローラ・ボベスコ(ヴァイオリン)
ジャック・ジャンティ(ピアノ)
録音:①④1964年1月9日②③⑤1957年4月5日、ケルン放送第2ホール
※まだまだ未発表音源がありました!ボベスコ+ジャンティの仲良し夫婦が遺した20世紀のヴァイオリン名曲集。ケルン放送による優秀なスタジオ録音。同郷の大先輩、エネスコのヴァイオリン・ソナタが聞けるのも嬉しい限り。この曲の初演はエネスコがピアノ、ヴァイオリンがティボーという豪華さでした。ボベスコも甘美な音色で語り掛けてくれます。ルーセルのヴァイオリン・ソナタ第1番は、演奏時間が30分を超える超大作。ヴァンサン・ダンディに捧げられた作品です。演奏の機会にも恵まれませんがボベスコがスタジオ録音を遺してくれていたことに感謝です。濃厚な語り物の趣があります。イグナツ・リリアン(1897~1964)は、ユダヤ系のオランダ人。今や忘れられた存在ですが、5曲の交響曲も書いた大物。ボベスコとは親交もあり、この録音に結び付いたものと思われます。10数分の短い作品ですが、中々の美作品です。ラヴェルとも近しい関係にあったスペインのピアニスト、作曲家のホアキン・ニンの「5つの回想」はボベスコが愛奏した傑作です。タイトル通りの郷愁に満ちた、聞いて涙がこぼれるばかりのセンチメンタリズムが最高です。プロコフィエフの第2番もボベスコの十八番として知られております。技巧をひけらかすのではなく、何となくお洒落で瀟洒な名演。これは必携の2枚組となりましょう。
※英語、日本語、ドイツ語によるライナーノート付

WEITBLICKレーベル・カタログ

(東武レコーディングズ)
都響アーカイヴシリーズ
デプリーストのブルックナー! 2006年4月の定期公演を収録。特価!2枚組で1枚価格¥2,100+税!

東武レコーディングズ(日本)

都響アーカイヴシリーズ デプリーストのブルックナー!
2006年4月の定期公演を収録。
特価!1枚価格¥2,100+税!
TBRCD 0091/92(2CD, 1枚価格)特別定価:¥2,100+税
①ブルックナー:交響曲第2番ハ短調(ハース版)
(タイミング:16’48/13’06/6’08/16’32)
②ブルックナー:交響曲第9番ニ短調
(タイミング:23’28/10’43/21’28)

ジェームズ・デプリースト(指揮)
東京都交響楽団
録音:
①2006年4月12日サントリーホール、ライヴ(第624回定期演奏会)
②2006年4月17日東京文化会館、ライヴ(第625回定期演奏会)
※万全の体調ではなかったのに都響の音楽監督を引き受けた漢気の人、デプリースト。困難な時代にその豊かな音楽性と人柄で都響を牽引した恩人。巨匠はマーラー演奏で名を成した人ですが、その解釈は当時隆盛を極めた諦観と失望を取混ぜた人生に対する疑問を表現するマーラーとは無縁なものでした。ブルックナー解釈についてもそれは同様、デプリーストのブルックナーもやはり大らかな人生肯定と自然への讃歌に満ちております。ブル2はハース版使用。かなりのスピード感で瑞々しさと若々しさに脱帽。ブル9は軽やかな足取りで進む快演。澄み切った湖の畔に立ち美しい空気の中で深呼吸をするような演奏と申せましょう。
(さらに…)

(MERIDIANレーベル)
①BBC響の2人のヴィオラ奏者によるアルバム第2弾!
②1曲除いて世界初録音!21世紀のダブルベース!
他、未案内旧譜3タイトル

MERIDIANレーベル(イギリス)

BBC響の2人のヴィオラ奏者によるアルバム第2弾!
CDE 84652
「二つのヴィオラの物語」
①バッハ(ファリントン編):ブランデンブルク協奏曲第6番 変ロ長調
②シューベルト(ターティス編):アレグレット
③ブリッジ:カプリス
④ホーキンス:二つで
⑤ヴィターリ(ボリソフスキー編):組曲
⑥ダウランド(ターティス編):エリザベス朝の調べ
⑦ターティス:ヘンデルのパッサカリアによる変奏曲
⑧ベンダ(ボリソフスキー編):ソナタ ニ長調
(さらに…)

(ODRADEK RECORDSレーベル)
ユニークな編曲もの3タイトル!
①マンドリンによるモーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ
②アコーディオンによるバッハ:ゴルドベルク変奏曲
③オルガンによるオーケストラ名曲集
新譜10タイトル

ODRADEK RECORDSレーベル(アメリカ)

ユニークな編曲もの3タイトル!
①マンドリンによるモーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ
②アコーディオンによるバッハ:ゴルドベルク変奏曲
③オルガンによるオーケストラ名曲集
ODRCD 375
「マンドリンによるモーツァルトのヴァイオリン・ソナタ」
モーツァルト:
ソナタ イ長調 K.305
ソナタ ト長調 K.301
ソナタ ホ短調 K.304
ソナタ ハ長調 K.296

シュムエル・エルバツ(マンドリン)
アサフ・クラインマン(ピアノ)
(さらに…)

(LYRINXレーベル)
コルシカの民謡をコルシカ伝統歌唱とチェロ・アンサンブルで

LYRINXレーベル(フランス)

コルシカの民謡をコルシカ伝統歌唱とチェロ・アンサンブルで
LYR 304
「チェロ・アンサンブル伴奏によるルシカの歌」
コルシカの伝承歌:
あなたを待って/
ミネッタの誕生日/
甘い喜び/
セルジュに/
ルシオの三重唱/
モイータのモレスカ風に/
どの道も/
恋する栗の木/
君は私のものだ、いとしい人よ/
私の言葉/
ミネッタの誕生日/
神があなたの女王を救うように
(さらに…)

(GEGA NEWレーベル)
ブルガリアを代表する作曲家ヴラディゲロフ:ピアノ作品集!

GEGA NEWレーベル(ブルガリア)

ブルガリアを代表する作曲家ヴラディゲロフ:ピアノ作品集!
GD 412
「パンチョ・ヴラディゲロフ(1899-1978):ピアノ作品集」
①ブルガリア民謡「いとしい祖国」に基づく変奏曲 Op.3
②3つのピアノ小品 Op.15―前奏曲
③古典的とロマン的 Op.24(全7曲)
④エピソード集 Op.36から(3曲)
⑤水彩画集 Op.37から(2曲)
⑥4つのフレスコ画 Op.69
⑦3つのバガテル Op.70
⑧クラシミル・ガテフのインタビュー

クラシミル・ガテフ(ピアノ)
録音:①1978年、②1979年、③1981年④1985年、⑤1968年、⑥⑦1984年 ライヴ録音、⑧2000年,73’16
(さらに…)

(MSRレーベル)
①レーガー編ピアノ版ブラームスの交響曲の緩徐楽章と ハンガリー舞曲を中心に構成したアルバム!
②名手ジョシュア・ピアースの親しみ易く絢爛豪華な管弦楽伴奏ピアノ作品集!
他、新譜12タイトル

MSRレーベル(アメリカ)

レーガー編ピアノ版ブラームスの交響曲の緩徐楽章と
ハンガリー舞曲を中心に構成したアルバム!
MS1721
「ブラームス・トランスクリプション」
ブラームス(レーガー編):交響曲第1番第2楽章
ブラームス(キルヒナー編):ハンガリー舞曲第15番
ブラームス(レーガー編):交響曲第2番第2楽章
ブラームス(キルヒナー編):ハンガリー舞曲第17番
ブラームス(レーガー編):交響曲第3番第2楽章
ブラームス(キルヒナー編):ハンガリー舞曲第16番
ブラームス(レーガー編):交響曲第3番第3楽章
ブラームス:ハンガリー舞曲第7番
ブラームス(レーガー編):交響曲第4番第2楽章
ブラームス:ハンガリー舞曲第1番
シューマン(ブラームス編):ピアノ五重奏曲第3楽章
グルック(ブラームス編):ガヴォット
(さらに…)

(GENUINレーベル)
①スイスのベテラン、ブリギッテ・マイヤーの聴き逃せないハイドン:ピアノ・ソナタ集
②ザクセン管楽フィルのイギリス音楽特集! 王宮の花火の音楽からホルストの第1組曲まで!シメは威風堂々!
他、新譜5タイトル

GENUINレーベル(ドイツ)

スイスのベテラン、ブリギッテ・マイヤーの
聴き逃せないハイドン:ピアノ・ソナタ集
GEN 20686
「ハイドン:ピアノ・ソナタ集」
ピアノ・ソナタ ニ長調 Hob.XVI:24(ウィーン原典版 第39番)
ピアノ・ソナタ 変イ長調 Hob.XVI:46(ウィーン原典版 第31番)
ピアノ・ソナタ ハ長調 Hob.XVI:50(ウィーン原典版 第60番)
ピアノ・ソナタ 変ホ長調 Hob.XVI:52(ウィーン原典版 第62番)

ブリギッテ・マイヤー(ピアノ)
録音:2018年6月4-6日 シチリア、62’26
(さらに…)

(RHINE CLASSICSレーベル)※新規取り扱い
①イタリアの知られざるヴァイオリニスト、アルド・フェラレージ いきなり18枚の録音集成が登場!
②ディアパゾン・ドールの高評価を受けたセット! フランコ・グッリの名演11枚組!

RHINE CLASSICS(台湾)※新規取り扱いレーベル

台湾のマニアックなヒストリカル・レーベル「RHINE CLASSICS」をご紹介いたします。
第1弾としてフェラレージとグッリの2タイトルご紹介いたします。残りのタイトルも順次紹介してまいります。
———————————————————–
イタリアの知られざるヴァイオリニスト、アルド・フェラレージ
いきなり18枚の録音集成が登場!
RH-001(18CD)
「アルド・フェラレージ1929-73未出版録音集」
アルド・フェラレージ(ヴァイオリン) 録音:1929-73年

CD1
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番
 カルロ・ゼッキ(指揮)RAIナポリ・スカルラッティ管弦楽団 録音:1960.6.21
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲
 エーリヒ・シュミット(指揮)ベロミュンスター放送管弦楽団 録音:1963.5.20
(さらに…)