[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

新譜情報
過去に紹介した新譜は コチラ

新譜一覧

(GENUINレーベル)
①クセナキスの打楽器のための大作「プレイアデス」の新録音!
②NAXOSへの録音でお馴染みマリア・クリーゲルの新録音!フランス~スペインのチェロ作品集!
③これはユニーク! ハイドンとハイドンにまつわるフォルテピアノ作品集
他、新譜10タイトル

GENUINレーベル(ドイツ)

クセナキスの打楽器のための大作「プレイアデス」の新録音!
GEN 19633
ヤニス・クセナキス(1922-2001):プレイアデス(1978-79)

ドメニコ・メルキオーレ(指揮)
デシベルズ:
【アドリアン・ロマニウク(打楽器)
 ダーフィト・グルトナー(打楽器)
 ロバン・フルモー(打楽器)
 安居早紀子(打楽器)
 シラールド・ブティ(打楽器)
 ティル・リンゲンベルク(打楽器)】
録音:2018年4月25-26日 チューリヒ、48’24  (さらに…)

(パウ・レーベル)
①昨年惜しくも世を去ったヴァイオリニスト岡山潔 自分の病の進行を知って過去の録音から自ら選曲! まさしく彼の音楽的遺言といえる作品集!
②京都市交響楽団レーベル(パウ・レーベル扱い)取り扱い再開!

パウ・レーベル(日本)

昨年惜しくも世を去ったヴァイオリニスト岡山潔
自分の病の進行を知って過去の録音から自ら選曲!
まさしく彼の音楽的遺言といえる作品集!
KIYO-101/3(3CD)¥4,500円 + 税
「岡山 潔の軌跡」第1巻
①ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲
②シューマン:ヴァイオリン協奏曲
③バルトーク:2つのヴァイオリンのための44の二重奏曲 Sz.98 全曲
④モーツァルト:ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲
(第1番ト長調 K.423 & 第2番 変ロ長調 K.424)
⑤ドヴォルジャーク:テルツェット ハ長調 Op.74 B.148
⑥コダーイ:セレナード ヘ長調 Op.12

岡山 潔(ヴァイオリン)
①ゲルハルト・ボッセ(指揮)神戸市室内管弦楽団
②フォルカー・ヴァンゲンハイム(指揮)ボン・ベートーヴェンハレ管弦楽団
③⑤⑥服部芳子(Vn)
④⑤⑥深井硯章(Va) (さらに…)

(299MUSICレーベル)
ヨーロッパで研鑽を積み、現在は多彩な活躍をみせる 有吉亮治のファースト・アルバム!
シューベルト:4つの即興曲 作品90 ショパン:ピアノ・ソナタ第3番

299MUSICレーベル(日本)

ヨーロッパで研鑽を積み、現在は多彩な活躍をみせる
有吉亮治のファースト・アルバム!
NIKU-9020 ¥3,000+税
シューベルト:4つの即興曲 作品90 D899
 No.1 in C minor. Allegro molto moderato ….11’13
 No.2 in E flat major. Allegro ….04’53
 No.3 in G flat major. Andante ….06’49
 No.4 in A flat major. Allegretto ….07’58
ショパン:ピアノ・ソナタ第3番ロ短調 作品58
 I. Allegro maestoso ….14’41
 II. Scherzo. Molto vivace ….02’45
 III. Largo ….09’50
 IV. Finale. Presto, non tanto ….05’42

有吉亮治(ピアノ)  (さらに…)

(ODRADEK RECORDSレーベル)
①新シリーズ「junta de Castilla y León」 アンドルー・グーレイ&カスティーリャ・イ・レオン交響楽団の ラフマニノフ:交響曲第2番!
②新シリーズ「Quinteto Astor Piazzolla」 真のピアソラ演奏を伝える「キンテート・アストル・ピアソラ」
他、新譜4タイトル

ODRADEK RECORDSレーベル(アメリカ)

新シリーズ「junta de Castilla y León」
アンドルー・グーレイ&カスティーリャ・イ・レオン交響楽団のラフマニノフ:交響曲第2番!
OSCYL 001
「junta de Castilla y Leónシリーズ」
ラフマニノフ:
①死の島 Op.29
②交響曲第2番 ホ短調 Op.27

アンドルー・グーレイ(指揮)
カスティーリャ・イ・レオン交響楽団
録音:①2017年5月9日,②2018年1月28-30日、ヴァリャドリッド、DDD、75’17
※スペイン北部のカスティーリャ・イ・レオン州のオーケストラ、カスティーリャ・イ・レオン交響楽団は1991年創立、ヴァリャドリッドを拠点に活動している。ジャマイカ生まれの英国人指揮者、アンドルー・グーレイが2016年から音楽監督を務めている。この組み合わせでの録音は初めてと思われる。スペインのオーケストラということで想起される色彩感はいくらかあるものの、それ以上にグーレイの知的な音楽作りとオーケストラの能力の高さが実感できる演奏になっている。
(さらに…)

(MUSIC&ARTSレーベル)
M&Aレーベルの看板アーティスト、カルロ・グランテの新譜2タイトル!
シューベルト作品集&ブゾーニ作品集

MUSIC&ARTSレーベル(アメリカ)

M&Aレーベルの看板アーティスト、カルロ・グランテの新譜2タイトル!
シューベルト作品集&ブゾーニ作品集
M&ACD 1292
「カルロ・グランテ・プレイズ・シューベルト」
シューベルト:
 ハンガリー風のメロディ ロ短調 D817
 楽興の時 D780(全6曲)
 アレグレット ハ短調 D915
 3つの小品 D946
 行進曲 ホ長調 D606

カルロ・グランテ(ピアノ)
録音 : 2013年12月 ウィーン、71’53  (さらに…)

(ROMEO RECORDSレーベル)
クレイグ・シェパードのバッハ・シリーズの新刊は「フーガの技法」

ROMEO RECORDSレーベル(アメリカ)

クレイグ・シェパードのバッハ・シリーズの新刊は「フーガの技法」
RON 7328
バッハ:フーガの技法 BWV1080
(未完のフーガ:ケヴィン・コーシン補筆)

クレイグ・シェパード(ピアノ)
録音 : 2018年2月22,23日 シアトル(ライヴ録音)、76’20
※米国のベテラン・ピアニスト、クレイグ・シェパードのバッハ・シリーズの新刊は「フーガの技法」。既発売は「インヴェンションとシンフォニアBWV.772-801(RON7255)」「平均律クラヴィーア曲集第1集(RON7258/59)」「平均律クラヴィーア曲集第2集(RON7269/70)」
今回もシアトルのミーニ劇場でのライヴ録音。速めのテンポでサラリと弾いているようで、実は細部にまでこだわり抜いた演奏はたいへん充実したものである。なお未完のフーガはケヴィン・コーシンの補筆による。
(さらに…)

(BRIDGEレーベル)
これはたいへん素敵なCD! 1877年から1935年までの英語の当時のヒット曲を収録

BRIDGEレーベル(アメリカ)

これはたいへん素敵なCD!
1877年から1935年までの英語の当時のヒット曲を収録
BCD 9507
「オールド・ファッションド」1877~1935年英語のヒット曲集
ダルドロ:ビコーズ
スピークス:マンダレーへの道,シルヴィア
ハーマティ:幸福の青い鳥
トゥアズ:私の母
ラスバック:木々
W.チャールズ:緑色の目の竜
オハラ:そこに死はない
キャロル:一本松の小道
コーツ:夕方の鳥の歌
ウッド:ピカーディの薔薇
ロンバーグ:私が夢を見るには育ち過ぎた時
スタルツ:これまで語られた中で最も甘い物語
ジェイコブズ=ボンド:私はあなたを本当に愛している,ある完璧な日
サリヴァン:失われた和音
マロット:主の祈り
ドヴォルザーク:家路
ユーマンズ:歌なしに
E.チャールズ:私が歌を歌った時
カワード:私はあなたに再び会うでしょう
(さらに…)

(WEITBLICKレーベル)
お待たせしました!スヴェトラーノフのスウェーデン・ライヴ新譜2タイトル発売!
①手兵ロシア国立交響楽団との十八番ラフマニノフ交響曲第2番!
②実は得意であったドビュッシー!スウェーデン放送響との名演集!

WEITBLICKレーベル(ドイツ)

お待たせしました!スヴェトラーノフのスウェーデン・ライヴ新譜2タイトル発売!
①手兵ロシア国立響との十八番ラフマニノフ2番!
②実は得意であったドビュッシー名演集
SSS0223
ラフマニノフ:交響曲第2番ホ短調Op.27
[8:40][8:20][7:32]

エフゲニ・スヴェトラーノフ(指揮)
ソビエト国立交響楽団(ロシア国立交響楽団)

録音:1978年3月11日エーテボリ、コンサートホール、ライヴ・ステレオ録音
※気力体力充実してギンギンのスヴェトラーノフが手兵ソビエト国立響を率いて、スウェーデンを訪れた際のライヴ。巨匠のラフ2もかなりの数に上りますが、演奏内容、録音状態を鑑みると、当演奏はかなり上位に食い込みます。気が遠くなるほどの深い呼吸。荒れ狂ったかと思うと深い癒しの時間。静寂からまた奔流へ、と千変万化の名曲の名解釈。巨匠の芸風にうってつけです。エーテボリのコンサートホールはアコースティックの優秀さで高名。そのため録音は非常に優秀で聞きやすく、さらに今回からスヴェトラーノフ研究の第一人者である、はやしひろし氏による整音を依頼。万全の態勢で名演を堪能できることになりました。
※英語、日本語、ドイツ語によるライナーノート付
(さらに…)

(エレクトレコード・東武共同制作新譜)
美し過ぎるヴァイオリニスト、シルヴィア・マルコヴィチ
母国でのスタジオ録音 初CD化!グラズノフ&ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲!

エレクトレコード・東武ランドシステム共同制作

美し過ぎるヴァイオリニスト、シルヴィア・マルコヴィチ
母国でのスタジオ録音 初CD化!
グラズノフ&ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲!
ERT 1039 (オープン価格)
グラズノフ:ヴァイオリン協奏曲
ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番

シルヴィア・マルコヴィチ(ヴァイオリン)
ミルツェア・クリテスク(指揮)
ジョルジュ・エネスコ・フィル
録音:1973年9月自由新聞社大理石ホール
Sound engineer: Ben Bernfeld
※WEITBLICKから、スヴェトラーノフと共演したブルッフ、ブラームス(SSS0218)がヒットとなっている、美しきマルコヴィチのスタジオ録音が初CD化。まるでアイドルのように可愛らしいジャケット写真も特筆ものです。演奏内容は、シリアスなフォルムでかつ濃厚な表情で迫る名演。特にグラズノフは彼女にとって名刺代わりとも言える得意曲です。1971年のロンドン・デビューもこの曲。さらにマルコヴィチを高く評価したストコフスキーが自らの最後のコンサート(ロンドン交響楽団、1972年6月15日)でもソリストとして招かれて演奏したのもこの曲です。心に染み入る名曲で聴けば聴くほど、グラズノフの確かな筆致とメロディの素晴らしさに打たれることでしょう。ブルッフもピチピチとした躍動感に満ち、構えの大きい立派な演奏。この曲も熱いドイツ・ロマンの曲なのです。
録音会場は、ブカレスト中心部に今も存在する自由新聞社の大理石ホールで、クリュイタンスのフランクの演奏会もここで行われました。内装の美しさは神秘的で現実のものとは思えない程。丁度、オーストリア聖フロリアンの大理石の間を想像していただければ結構です。
https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&gdr=1&p=Casa+Scanteii-Sala#mode%3Ddetail%26index%3D4%26st%3D0
※オンマイク気味の明瞭な音質ですが、一部マスターに起因する微かなノイズが御座いますことをご了承ください。

エレクトレコード・東武共同制作カタログ

(コウベレックス)
ありそうでなかった理想のカップリング!
土師さおりのシューマン/ドビュッシー/ブルクミュラー

コウベレックス(日本)

ありそうでなかった理想のカップリング!
土師さおりのシューマン/ドビュッシー/ブルクミュラー
KRS 5249 ¥2,667+税
土師さおり 「謝肉祭/ベルガマスク組曲/ブルクミュラー」
①クロード・ドビュッシー:ベルガマスク組曲
②ロベルト・シューマン:謝肉祭 作品9(4つの音符による面白い情景)
③ヨハン・フリートリヒ・フランツ・ブルクミュラー:25の練習曲

土師さおり(ピアノ)
録音:2018年12月4- 5日大和高田市さざんかホール(小)(奈良県)
販売元:コウベレックス/セッション録音、67分15秒
※ありそうでなかった理想のカップリング!
「19世紀の名ピアノ教師ブルクミュラーが、易しいエチュードをたくさん書いたのは、それを入口としてクラシックの深く豊かな世界へ人々を誘うため ── このCDは、そんな彼の思いを具現化した理想的なカップリングの一枚だと思う。」 北村智恵(音楽教育家)
※国内外で精力的に演奏活動を繰り広げている土師さおりの2枚目となるアルバムは、得意とするフランスものの代表作ドビュッシーではじまる。「ベルガマスク組曲」は土師らしい軽妙なニュアンスが心地よく、「月の光」の語り口は清楚でいて絶品。シューマンの人気曲「謝肉祭」はカーニヴァルのざわめきや情景を快活に若々しく表現。また、子供のための練習曲として知られる「ブルクミュラー25の練習曲」は、全曲通して聴くと、同じロマン派の世界観を持った魅力ある作品集となって輝きだす。
(さらに…)

(LYRINXレーベル)
①ルバツキーテの弾くリスト:シューベルト編曲とシューベルトのソナタ第14番
②ヴィヴァルディ:マンドリンのための協奏曲集

LYRINXレーベル(フランス)

ムーザ・ルバツキーテの弾くリスト:シューベルトの編曲と
シューベルトのピアノ・ソナタ第14番
LYR 280
「リスト:シューベルト編曲&シューベルト:ピアノ・ソナタ第14番」
リスト:ウィーンの夜会第6番(シューベルトのワルツによる)
リスト:
 シューベルトの挨拶を送ろう S558-1/
 シューベルトの焦燥 S563-5/
 シューベルトの水の上で歌う S558-2/
 シューベルトの君は私の憩い S558-3/
 シューベルトの若い尼僧 S558-6/
 シューベルトのエレンの歌第3番(アヴェ・マリア) S558-12
シューベルト:ピアノ・ソナタ第14番 イ短調 D.784
リスト:
 シューベルトの糸を紡ぐグレートヒェン S558-8/
 シューベルトの魔王 S558-4/
 シューベルトの影法師 S560-12/
 シューベルトの都会 S560-1/
 シューベルトの辻音楽師 S561-8

ムーザ・ルバツキーテ(ピアノ)
録音:2012年4月23―27日 マルセイユ、70’20、DSD録音  (さらに…)

(ALBANYレーベル)
マスランカ&ロイ・マグヌソンのサックスと吹奏楽のための協奏曲集!
他、新譜6タイトル

ALBANYレーベル(アメリカ)

マスランカ&ロイ・マグヌソンのサックスと吹奏楽のための協奏曲集!
TROY 1746
①マグヌソン:サキソフォン協奏曲「死の本」
~ソプラノ・サキソフォン,吹奏楽と打楽器のための協奏曲

②マスランカ:サキソフォン四重奏とウィンド・アンサンブルのための協奏曲

スティーヴン・K・スティール(指揮)
イリノイ州立大学ウィンド・シンフォニー
①ポール・ノレン(ソプラノsax)
②イリディウム四重奏団:
【ポール・ノレン(ソプラノsax)
 マーコス・コロン(アルトsax)
 ポール・フォーサイス(テナーsax)
 エリック・ロー(バリトンsax)】
録音:2012年11月16-17日 イリノイ州立大学、DDD、57’03  (さらに…)

(シャッツグレーバー・レーベル)
浅田真弥子の当レーベルへのライヴ第2弾!ドビュッシー:前奏曲集第1巻・第2巻全曲!

シャッツグレーバー(クアッドリーガ扱い)(日本)

2018年10月30日金沢市アートホールでのライヴ録音!
浅田真弥子のドビュッシー:前奏曲集!
SHZ-IO3 定価:2,500(税込)(¥2,315+税)
「浅田真弥子 ドビュッシー 前奏曲集 第1巻 第2巻」
C.ドビュッシー:前奏曲集 第1巻
 Ⅰ. デルフィの舞姫たち
 Ⅱ. 帆(ヴェール)
 Ⅲ. 野の風
 Ⅳ. 音と香りは夕べの空にめぐり来る
 Ⅴ. アナカプリの丘
 Ⅵ. 雪の上の歩み
 Ⅶ. 西風の見たもの
 Ⅷ. 亜麻色の髪の乙女
 Ⅸ. 邪魔の入ったセレナード
 Ⅹ. 沈める寺
 Ⅺ. パックの踊り
 Ⅻ. ミンストレル
C.ドビュッシー:前奏曲集 第2巻
 Ⅰ. 霧
 Ⅱ. 枯葉
 Ⅲ. ヴィーノの門
 Ⅳ. 妖精たちはえもいわれぬ踊り手
 Ⅴ. ヒースの荒地
 Ⅵ. ラヴィヌ将軍 ―おかしな奴―
 Ⅶ. 月の光のあらわれるテラス
 Ⅷ. オンディーヌ
 Ⅸ. ピクウィック氏賛
 Ⅹ. カノープ
 Ⅺ. 交互3度
 Ⅻ. 花火
(さらに…)

(MSRレーベル)
①アメリカのチェリスト、キム・クックのチェロ協奏曲集第3集
エルガー、シューマン、ドヴォルザークの名曲収録!
②20世紀初頭のフランスの作曲家 ガブリエル・デュポン:ピアノ作品全集
他、新譜10タイトル

MSRレーベル(アメリカ)

アメリカのチェリスト、キム・クックのチェロ協奏曲集第3集
エルガー、シューマン、ドヴォルザークの名曲収録!
MS 1637(2CD)
「チェロ協奏曲集」
①エルガー:チェロ協奏曲第1番 ホ短調 Op.85
②R.シュトラウス:ドン・キホーテ Op.35
③シューマン:チェロ協奏曲 イ短調 Op.129
④ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調 Op.104

キム・クック(チェロ)
①③アルカディ・シュテインルフト(指揮)
②④ゲラルド・エデルステイン(指揮)
①-③サンクトペテルブルク国立交響楽団
④ボフスラフ・マルティヌー・フィルハーモニー管弦楽団
②アンナ・ヴァインシュタイン(ヴィオラ)
(さらに…)

(MARSTONレーベル)
①MARSTONの偉業!20世紀前半の偉大なバス、シャリアピンの全録音を復刻!!
②幻中の幻の名ピアニスト、シドニー・フォスター録音集成!
 何と奥田道昭(指揮)日本フィル共演のシューマン:協奏曲やコープランド指揮のバルトークも収録!

MARSTONレーベル(アメリカ)

MARSTONの偉業!20世紀前半の偉大なバス、シャリアピンの全録音を復刻!!
51301-2(13CD,9枚価格)
「フョードル・シャリアピン全録音集」
フョードル・シャリアピン(バス)
録音:1898~1936年ADD 984分

曲目・共演者明細はこちら

※marstonが偉業を成し遂げた。20世紀前半の偉大なバス、フョードル・シャリアピン(1873-1938)の全録音を復刻。20世紀初頭のロシア帝国時代の録音から、亡命後のロンドンやパリなどでの録音、そして未発表録音や私的録音まで含んだCD13枚、16時間半近くという膨大な量。世紀の大歌手シャリアピンの全貌がこの一箱に詰まっている。シャリアピンはもちろんオペラ歌手として世界をまたに駆けて活躍し、ことにムソルグスキーの「ボリス・ゴドゥノフ」は彼が世界に知らしめたようなものだが、同時にシャリアピンはヴォルガの舟歌や黒い瞳のようなロシア民謡も深く愛し愛唱曲に高めた。そうしたシャリアピンの両輪の魅力は古い録音を通してもたっぷり楽しめる。
よく知られているようにシャリアピンは1936年 昭和11年、亡くなる2年前に来日し、東京で生涯最後の録音を行った。彼の得意中の得意の2曲、蚤の歌はまさに絶唱、そして深々としたヴォルガの舟歌。後者の最後の静かに消えて行く声が記録されたシャリアピンの最後の声である。日本人にはことのほか感慨深い録音だ。
いつもながらマーストンによる復刻は極めて丁寧なもの。さらに320ページ超のハードカバーの冊子が付属、英文解説に加え、ロシア語の歌に英語訳がついており、これだけでも貴重。たいへんに力の入った品である。marstonは初回生産分が完売すると再生産は稀なので、くれぐれもお見逃しなきよう。
(さらに…)