[東武トレーディング] 輸入クラシックCDのお取り扱いをしております。

新譜情報
過去に紹介した新譜は コチラ

新譜一覧

(BRINRINRIレーベル)
世界的ギタリスト山下和仁による2009年の新録音 !ソル作品集2タイトル発売!

BRINRINRIレーベル

驚異のソル全集(16CDs)から20余年
世界的ギタリスト山下和仁による2009年の新録音2タイトル発売!
KYBR-1901 ¥2,700 + 税
ソル・3つの社交界の小品Op.33
   6つのディヴェルティメント第1集第2集 Op.1&2
◎ 山下和仁
<3つの社交界の小品 Op.33>
No. 1 モデラート カンタービレ/アレグレット
No. 2 アンダンテ/ワルツ
No. 3 シシリエンヌ/行進曲
<6つのディヴェルティメント第1集 Op.1>
No.1 アンダンテ/No.2 ワルツ アレグレット/
No.3 ラルゲット/No.4 アンダンテ/
No.5 主題と変奏/No.6 行進曲
<6つのディヴェルティメント第2集 Op.2>
No.1 テンポ・ディ・メヌエット/No.2 ワルツ/
No.3 アンダンティーノ/No.4 テンポ・ディ・メヌエット/
No.5 ワルツ モデラート/No.6 シチリアーナ

山下和仁(ギター)
録音:2009年 (さらに…)

(MARSTONレーベル)
1940年代のラフマニノフ関係の様々な貴重な録音!
初演前にラフマニノフ自身が弾く交響的舞曲の断片も!

MARSTONレーベル(アメリカ)
1940年代のラフマニノフ関係の様々な貴重な録音!
初演前にラフマニノフ自身が弾く交響的舞曲の断片も!

53022-2(3CD)
「ラフマニノフ 交響的舞曲を弾く」~新発見の1940年代の録音
録音:1926~1966年ADD 204分

ラフマニノフ:交響的舞曲 Op.45~各曲の断片(曲順に修正 約27分)
 セルゲイ・ラフマニノフ(ピアノ)
 1940年12月21日
ラフマニノフ:交響的舞曲 Op.45
 ディミトリ・ミトロプーロス(指揮)
 ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団
 1942年12月20日 ニューヨーク
ラフマニノフ:交響詩「死の島」Op.29
 ユージン・オーマンディ(指揮)
 フィラデルフィア管弦楽団
 1943年4月2日 フィラデルフィア
ラフマニノフ:交響曲第3番イ短調 Op.44
 ディミトリ・ミトロプーロス(指揮)
 ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団
 1942年12月21日 ニューヨーク
(さらに…)

(東武レコーディングズ)
ベネズエラのフルトヴェングラーが降臨!
エドゥアルド・チバス(指揮)ベネズエラ交響楽団 ベートーヴェン:交響曲全集! 5枚組特価¥3,000+税!

東武レコーディングズ(日本)

ベネズエラのフルトヴェングラーが降臨!
エドゥアルド・チバス(指揮)ベネズエラ交響楽団
ベートーヴェン:交響曲全集! 5枚組特価¥3,000+税!
TBRCD 0060/64(5CD)特別定価:¥3,000+税
「ベートーヴェン:交響曲全集」
交響曲第1番、第3番「英雄」(録音:2007年7月1日)
交響曲第2番、第4番(録音:2018年3月17日)
交響曲第6番、第8番(録音:2017年3月22日)
交響曲第5番(録音:2005年3月16日)
交響曲第7番(録音:2005年2月3日)
交響曲第9番(録音:2008年4月24日)

エドゥアルド・チバス(指揮)
ベネズエラ交響楽団  (さらに…)

(ODRADEK RECORDSレーベル)
高橋悠治から藤倉大まで!まるで日本人作曲家のショーケース!
サクソフォンを自在に操る大石将紀の豊かな表現力!
「SMOKE」日本の無伴奏サクソフォン作品集~大石将紀!

ODRADEK RECORDSレーベル(アメリカ)

高橋悠治から藤倉大まで!まるで日本人作曲家のショーケース!
サクソフォンを自在に操る大石将紀の豊かな表現力!
「SMOKE」日本の無伴奏サクソフォン作品集~大石将紀!
ODRCD359 ※日本語オビ・解説付き
「SMOKE」~日本の無伴奏サクソフォン作品集
①細川俊夫:スペル・ソング―呪文の歌―(2015)[5’39]
②酒井健治:Initial S(2010)[7’57]
③西村朗:水の影(2011) [12’51]
④藤倉大:SAKANA(2007)[8’22]
⑤高橋悠治:残り火(2009)[5’52]
⑥杉山洋一:禁じられた煙(湾岸通りバラード)(2015)[24’21]
⑦野平一郎:一人ぼっち(2013)[2’27]

大石将紀(サクソフォン)
録音:2018年2月27日~3月2日、Studio Odradek、70:34
解説:高橋将紀、白石美雪 (さらに…)

(OTAKEN RECORDS)
辻井淳のライフワーク、ヴァイオリン小品集最新刊2タイトル!

OTAKEN RECORDSレーベル(日本)

辻井淳のライフワーク、ヴァイオリン小品集最新刊!
辻井淳は京都市響のコンサートマスターを退任した後、ソリスト、室内楽奏者(マイハート四重奏団)、宮川彬良率いるアサンブル・ベガのヴァイオリニストとして活躍中。(「辻」の字は正確には点が1つのしんにょう)

TKC-104 オープン価格
「G線上のアリア」
1. ゴセック:タンブラン
2. プリンチーペ:無窮動
3. バーレイ:夕暮れ
4. ドヴォルザーク:スラヴ舞曲第1番(カモネッテイ編)
5. バッハ:G線上のアリア(ウィルヘルミ編)
6. グレインジャー:岸辺のモリー
7. チェイジェス:ハシッド
8. バーレイ:おどけたワルツ 作品21
9. サンサーンス:アンダルシア奇想曲
10. シューマン:献呈(アウアー編)
11. グリンカ:ひばり(アウアー編)
12. パールマン:ラビの夫人の踊り
13-15. レヴリィ:3つのへブライ舞曲
16. ホアキン・ニン:グラナディーナ
17. ホアキン・ニン:イベリア狂詩曲
18. 黒人霊歌:私の悩みは誰も知らない(ジョンソン編)

辻井淳(ヴァイオリン)
藤井由美(ピアノ)
(さらに…)

(BRIDGEレーベル)
①若き日のマーシー・ローゼンが情緒豊かに歌う R.シュトラウス&グリーグのチェロ・ソナタ!!
②実力派フォルモサ四重奏団の「ハンガリーから台湾へ」

BRIDGEレーベル(アメリカ)

若き日のマーシー・ローゼンが情緒豊かに歌う
R.シュトラウス&グリーグのチェロ・ソナタ!!
BCD 9512
R.シュトラウス:チェロ・ソナタホ長調Op.6
グリーグ:チェロ・ソナタイ短調Op.36

マーシー・ローゼン(Vc)
スーザン・ウォルターズ(Pf)
録音:SUNYパーチェス・リサイタル・ホール,[52:29]
※1989年ミュージカル・ヘリテージ・ソサエティから出ていたもの
※先ごろ発売になった「メンデルスゾーン:チェロとピアノのための作品全集」(BCD9501)が好評のアメリカのベテラン女流チェリスト、マーシー・ローゼン。このアルバムはマーシー・ローゼンがウォーカー・ファンド賞を受賞した記念に1989年にリリースされたものの再発売です。
演奏される頻度はさほど多くないこの2つのチェロ・ソナタは通には人気の作品で、ロマンティックな情感に溢れていますが、まだ若手だったころのマーシー・ローゼンは瑞々しく歌い上げ、聴くものを唸らせます。
(さらに…)

(コウベレックス)
馬渕清香 実力派ヴァイオリニストの意欲作 バッハ、テレマン、イザイ、レーガー無伴奏作品集!

コウベレックス(日本)

馬渕清香 実力派ヴァイオリニストの意欲作 無伴奏作品集!
KRS 5247 定価:¥3,240(8%税込)(本体価格¥3,000)
馬渕清香ソロ・リサイタル (SAYAKA MABUCHI SOLO RECITAL)
C.P.テレマン:無伴奏ヴァイオリンのための12の幻想曲~第4番 ニ長調TWV40-17
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番ホ長調 BWV1006
E.A.イザイ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第2番イ短調作品27
M.レーガー:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第1番二短調作品42
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ 第3番ハ長調BWV1005

馬渕清香(ヴァイオリン)
録音:2018年9月26日寝屋川市立地域交流センター アルカスホール(セッション)
製作:花音楽企画/販売元:コウベレックス/74分57秒 (さらに…)

(ODRADEK RECORDSレーベル)
①ヴァスクス・ユゼリウナス・センデロヴァス
新ロマン主義、新抒情派の香りが横溢するバルトの作曲家による現代の美しいヴァイオリン協奏曲集!
②ジェイムズ・クライリングのスクリャービン後期ピアノ作品集

ODRADEK RECORDSレーベル(アメリカ)

新ロマン主義、新抒情派の香りが横溢する
バルトの作曲家による現代の美しいヴァイオリン協奏曲集!
ODRCD369 ※日本語オビ・解説付き
「バルティック・コンチェルト」
①ペーテリウス・ヴァスクス(b.1946):《愛の声》
 ~ヴァイオリンと弦楽のための幻想曲(23:31)
②ユリウス・ユゼリウナス(1916-2001):オルガン、ヴァイオリンと弦楽のための協奏曲(27:13)
③アナトリユス・センデロヴァス(b.1945):ヴァイオリンと室内管弦楽のための協奏曲(20:32)

ゼラルダス・ビドヴァ(Vn)
リトアニア室内管弦楽団
①③モデスタス・ピトレナス(指揮)
②アドリヤ・チェパイテ(指揮)
②カロリナ・ユオデリテ(Org)
(さらに…)

(MSRレーベル)
20世紀前半の知られざるイタリアの天才作曲家ペラッキオ世界初ピアノ作品集!
他、新譜4タイトル

MSRレーベル(アメリカ)

20世紀前半の知られざるイタリアの天才作曲家
ペラッキオ世界初ピアノ作品集!
MS 1710
ルイジ・ペラッキオ(1883-1966):ピアノ作品集
①9つの詩曲(意志、ゼフィロ、死者の夜、トンボ、レズビアンの踊り子、雨、700、夜、偉大)
②25の前奏曲
※全曲世界初録音

デイヴィッド・コレヴァー(Pf)
録音:2017年7月コロラド大学グルーシン・ホール、ボールダー[68:28]
※ルイジ・ペラッキオはイタリアの作曲家でアルフレッド・カゼッラと同じ年に生まれた。近い世代のイタリアの作曲家にマリピエロ、カステルヌーヴォ=テデスコらがいるが、ペラッキオの作品は今日ほとんど忘れ去られてしまっている。ドビュッシーの影響が濃いものの、時にシマノフスキを思わせる響きがあったり20世紀イギリスの何人かの作曲家を思い出させたりと明らかに20世紀の音感で書かれた音楽である。なによりもその静かで内省的、控えめ、遠慮深めな音楽はイタリア人作曲家という一般的なイメージに反しデリカシーに溢れて大変美しい。聴く人を著しく選ぶがドビュッシー、ラヴェル、サティ、モンポウ、シマノフスキ、ディーリアス、モーラン、バックスが好きな人はきっと気に入るはず。
(さらに…)

(CASCAVELLEレーベル)※新規取り扱い!
①新しいウィーン原典版によるハイドンのピアノ・ソナタ全集! ダニエル・フュクスによる新録音!
②アルゼンチン出身の名ピアニスト、ネルソン・ゲルナー再発売!2タイトル4枚!
③クララ・シューマンから珍しい作曲家まで!女性作曲家ピアノ作品集!

CASCAVELLEレーベル(スイス)

新しいウィーン原典版によるハイドンのピアノ・ソナタ全集!
ダニエル・フュクスによる2016―2018年の新録音!
VEL 1540(11CD,5枚価格)
「ハイドン:ピアノ・ソナタ全集 55曲収録」
ピアノ・ソナタ ハ長調 Hob.XVI:1/ピアノ・ソナタ 変ロ長調 Hob.XVI:2/
ピアノ・ソナタ ハ長調 Hob.XVI:3/ピアノ・ソナタ ニ長調 Hob.XVI:4/
ピアノ・ソナタ イ長調 Hob.XVI:5/ピアノ・ソナタ ト長調 Hob.XVI:6/
ピアノ・ソナタ ハ長調 Hob.XVI:7/ピアノ・ソナタ ト長調 Hob.XVI:8/
ピアノ・ソナタ ヘ長調 Hob.XVI:9/ピアノ・ソナタ ハ長調 Hob.XVI:10/
ピアノ・ソナタ イ長調 Hob.XVI:12/ピアノ・ソナタ ホ長調 Hob.XVI:13/
ピアノ・ソナタ ニ長調 Hob.XVI:14/ピアノ・ソナタ 変ホ長調 Hob.XVI:16/
ピアノ・ソナタ 変ホ長調 Hob.XVI:Es2/ピアノ・ソナタ変ホ長調Hob.XVI:Es3/
ピアノ・ソナタ ト長調Hob.XVI:G1/ピアノ・ソナタ ニ長調Hob.XVII:D1/
ピアノ・ソナタ ヘ長調 Hob.XVI:F3/ピアノ・ソナタ 変ロ長調 Hob.XVI:18/
ピアノ・ソナタ ニ長調 Hob.XVI:19/ピアノ・ソナタ ハ短調 Hob.XVI:20/
ピアノ・ソナタ ニ長調 Hob.XVI:33/ピアノ・ソナタ 変イ長調 Hob.XVI:43/
ピアノ・ソナタ ト短調 Hob.XVI:44/ピアノ・ソナタ 変ホ長調 Hob.XVI:45/
ピアノ・ソナタ 変イ長調 Hob.XVI:46/ピアノ・ソナタ ホ短調 Hob.XVI:47bis/
ピアノ・ソナタ ハ長調 Hob.XVI:21/ピアノ・ソナタ ホ長調 Hob.XVI:22/
ピアノ・ソナタ ヘ長調 Hob.XVI:23/ピアノ・ソナタ ニ長調 Hob.XVI:24/
ピアノ・ソナタ 変ホ長調 Hob.XVI:25/ピアノ・ソナタ イ長調 Hob.XVI:26/
ピアノ・ソナタ ト長調 Hob.XVI:27/ピアノ・ソナタ 変ホ長調 Hob.XVI:28/
ピアノ・ソナタ ヘ長調 Hob.XVI:29/ピアノ・ソナタ イ長調 Hob.XVI:30/
ピアノ・ソナタ ホ長調 Hob.XVI:31/ピアノ・ソナタ ロ短調 Hob.XVI:32/
ピアノ・ソナタ ハ長調 Hob.XVI:35/ピアノ・ソナタ 嬰ハ短調 Hob.XVI:36/
ピアノ・ソナタ ニ長調 Hob.XVI:37/ピアノ・ソナタ 変ホ長調 Hob.XVI:38/
ピアノ・ソナタ ト長調 Hob.XVI:39/ピアノ・ソナタ ホ短調 Hob.XVI:34/
ピアノ・ソナタ ト長調 Hob.XVI:40/ピアノ・ソナタ 変ロ長調 Hob.XVI:41/
ピアノ・ソナタ ニ長調 Hob.XVI:42/ピアノ・ソナタ ヘ長調 Hob.XVI:47/
ピアノ・ソナタ ハ長調 Hob.XVI:48/ピアノ・ソナタ 変ホ長調 Hob.XVI:49/
ピアノ・ソナタ ハ長調 Hob.XVI:50/ピアノ・ソナタ ニ長調 Hob.XVI:51/
ピアノ・ソナタ 変ホ長調 Hob.XVI:52
(さらに…)

(GALLOレーベル)
夢幻的かつ荘重! ギ・ボヴェの4手オルガンによる「火の鳥」と「展覧会の絵」!
他、新譜3タイトル!

GALLOレーベル(スイス)

注目盤!夢幻的かつ荘重!
ギ・ボヴェの4手オルガンによる「火の鳥」と「展覧会の絵」!
GALLO 1539
「4手パイプオルガンによるストラヴィンスキーとムソルグスキー」
ストラヴィンスキー(ボヴェ編):組曲「火の鳥」
ムソルグスキー(ボヴェ編):「展覧会の絵」

ヴィヴィアーヌ・ロリオ(オルガン)
ギ・ボヴェ(オルガン)
録音:2017年6月 ルツェルン、53’03
ストラヴィンスキーの「火の鳥」とムソルグスキーの「展覧会の絵」を4手パイプオルガンで演奏した面白いCD。ストップをフル活用して多彩な音色を活用しているのは当然だが、パイプオルガンの場合それらが教会の大きな空間の中で溶けて降り注ぐので、オーケストラ演奏とはだいぶ異なった夢幻的かつ荘重な音楽になっている。ルツェルンの聖レオデガー大聖堂(通称ホフキルヒェ)に設置されているパイプオルガンを使用。これは1640-1650年にザルツブルクのオルガン製作者ハンス・ガイスラーによって作られたもので、スイスで最大規模と言われている。改めてパイプオルガンという楽器の凄さを実感させられる。なお「火の鳥」は1945年組曲と同じ選曲。
ギ・ボヴェは日本でもおなじみのベテラン・オルガニスト。1942年生まれ。作曲家としても高名な人だけに編曲は大変見事。ヴィヴィアーヌ・ロリオはボヴェやミシェル・シャピュイらに学び、フランスを中心に活躍しているオルガニスト。
(さらに…)

(WEITBLICKレーベル)
正に美女と野獣の組合せ!マルコヴィチ&スヴェトラーノフのスウェーデン・ライヴ
ブラームス&ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲集

WEITBLICKレーベル(ドイツ)

正に美女と野獣の組合せ!マルコヴィチ&スヴェトラーノフ協奏曲ライヴ
SSS 0218
①ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調Op.26
[8:40][8:20][7:32]
②ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調Op.77
[24:08][9:04][8:30]

シルヴィア・マルコヴィチ(ヴァイオリン)
エフゲニ・スヴェトラーノフ(指揮)
スウェーデン放送交響楽団
録音:
①1981年9月17日、ヴェステラス、コンサートホール、ライヴ
②1981年9月18日ストックホルム・ベルワルドホール、ライヴ
すべてライヴ・ステレオ録音
※ルーマニア出身の美しすぎるヴァイオリニスト、シルヴィア・マルコヴィチが巨匠スヴェトラーノフと共演した協奏曲ライヴ。マルコヴィチのCDは極めて少ないために、ヴァイオリン愛好家には垂涎の商品となりましょう。スヴェトラーノフはマルコヴィッチの才能を認め、度々共演しました。マルコヴィッチのヴァイオリンは、まるで人の泣き声のような、感情的な発露を隠そうともしないものです。そのうえ、時として奔放で野放図なまでの奔放さを見せることもあり、正に気まぐれな美少女といった趣があります。スヴェトラーノフの伴奏は威風堂々、一点一画を疎かにしない堂々たる横綱相撲。この大きな構えの中で、マルコヴィチのヴァイオリンは歌い、踊ります。まるで峩々と聳え立つアルプス山脈に咲く清楚なエーデルワイスを想わせる名演。
※英語、日本語、ドイツ語によるライナーノート付

WEITBLICKレーベル・カタログ

(OTAKEN RECORDS)
未通針盤からの板起し! フルトヴェングラー&ベルリン・フィル リアルなサウンドによるブラームス1番!

OTAKEN RECORDS(日本)

未通針盤からの板起し!
フルトヴェングラー&ベルリン・フィル
リアルなサウンドによるブラームス1番!
TKC-371 オープン価格
①ブラームス:交響曲 第1番 ハ短調 作品68
②ベートーヴェン:交響曲 第1番 ハ長調 作品21

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:①1952年2月10日、②1954年9月19日ティタニア・パラストでのライヴ録音
※①未通針アナログ盤からの復刻
※アナログ期、録音物の記録媒体として、レコードほど優れたものはなかったと言われております。但し、未通針であること、保存環境が良いことなどが条件となります。これらの条件を満たせば、レコードは、とれたてほやほやの音を、長く保つことが出来るのです。
この度、大阪で発見されたフルトヴェングラーのブラームス第1交響曲のレコードは、まさにこの条件を満たすものでした。最盛期のアナログレコードが、この条件で発見されるのは、今ではもはや珍しいことと言えましょう。さっそく針を落としてみると、はたして、大変迫力のあるリアルなサウンドが再生されるではありませんか。プチプチノイズも皆無に等しく、録音して間もないマスターテープを聞いているかのようです。フルトヴェングラーが、実際に目の前で指揮しているのかと、錯覚しました。もともとこの演奏は、同曲中フルトヴェングラーの暫定ベストとされる方は多いのですが、気迫の面で、51年の北ドイツ放響との同曲演奏に軍配を挙げる方も少なくありません。ところが、その気迫も、この復刻では、申し分なく再現されていると思われ、これよりは、総合的にすぐれたこの演奏を名実ともにベストにして良いのではないかと思われます。
余白には、フルトヴェングラー最後の演奏会のベートーヴェン第1交響曲を入れました。意外に明るい演奏です。あわせお楽しみくださいませ。
(オタケンレコード  太田憲志)

OTAKEN RECORDSレーベル・カタログ

(BRIDGEレーベル)
これは壮麗!豪華絢爛キンピカ!元シカゴ響首席クレイグ・モリスのトランペットで聴くフィリップ・グラス!!
他、新譜4タイトル

BRIDGEレーベル(アメリカ)

これは壮麗!豪華絢爛キンピカ!
元シカゴ響首席クレイグ・モリスのトランペットで聴くフィリップ・グラス!!
BCD 9508
フィリップ・グラス(b.1937):
メロディ(1995)(#1~13) [28:29]
グラドゥス(1968) [10:45]
正方形の形をした小品(1967) [12:40]
(全曲:クレイグ・モリス編曲)

クレイグ・モリス(Trp)
録音:2013年10月14-18日メカニクス・ホール,マサチューセッツ州ワーセスター [51:55]
※ミニマル音楽の作曲家にしてオペラ作曲家そして最近は交響曲第11番を発表し図らずも(?) 21世紀最大のシンフォニスト (!)となってしまったフィリップ・グラスの各種ソロ楽器のために書かれた作品をトランペットで演奏したディスク。「メロディ」はフランスの作家ジャン・ジャネの小説「愛の虜」による舞台のために書かれた音楽でグラスには珍しいゆったりした美しい旋律が特徴。「グラドゥス」は60年代に顕著だったインドの加算式リズムに基づいた佳品。「正方形の形をした小品」は2つのパートのために書かれた曲でいかにもグラスらしいダンサブルなミニマル音楽。トランペットの輝かしい音色が乱反射するように反復される。トランペットのクレイグ・モリスはもとシカゴ響の首席奏者で現在はソリストとして活動。B♭管、ピッコロ・トランペット、フリューゲル・ホルンの3種を使い分けグラスの世界を彩る。
(さらに…)

(ミッテンヴァルト・レーベル)
夭折した紺野の明朗さ、塚原の快活なる音の運び、 クラシックの伝統を受け継いだ原、名曲発見(西耕一)
日本弦楽三重奏曲の世界Ⅲ~菖蒲弦楽三重奏団

ミッテンヴァルト・レーベル

夭折した紺野の明朗さ、塚原の快活なる音の運び、
クラシックの伝統を受け継いだ原、名曲発見(西耕一)
日本弦楽三重奏曲の世界Ⅲ~菖蒲弦楽三重奏団
MTWD 99066 ¥3,000 + 税
「日本弦楽三重奏曲の世界Ⅲ」
①-③紺野陽吉(1913-1945):弦楽三重奏曲(1942)
 第1楽章Allegro ma non troppo[5:10]
 第2楽章Andante Cantabile[4:56]
 第3楽章Allegro ma non troppo con leggiero[2:01]
④塚原哲夫(1921-1978):弦楽三重奏曲(1943)[4:44]
⑤-⑧原 博(1933-2002):弦楽三重奏曲「ディヴェルティメント」(1963)
 第1楽章Allegro brilliante[5:31]
 第2楽章Adagio tranquillo[3:41]
 第3楽章Menuet Varié[9:21]
 第4楽章Finale[4:25]
⑨-⑫原 博:弦楽三重奏曲第2番(1997)
 第1楽章Allegro[8:13]
 第2楽章Andantino[6:49]
 第3楽章Andante[4:42]
 第4楽章Allegro[5:53]
(さらに…)