[東武商事] クラシック音楽CDの輸入・製作・卸を行っています。

GENUIN(ドイツ)

(GENUINレーベル)
①N響首席ヴィオラ奏者、村上淳一郎参加!
トリオ・クロノスのブラームス:クラリネット三重奏曲・五重奏曲
②四分音による弦楽四重奏曲も収録!? スクリャービンとロシア未来派の弦楽四重奏曲集!
③21世紀のショスタコーヴィチ? ドイツの映画音楽作曲家シレスクの交響曲第1番
他、新譜8タイトル

GENUINレーベル(ドイツ)

N響首席ヴィオラ奏者、村上淳一郎参加!
トリオ・クロノスのブラームス:クラリネット三重奏曲・五重奏曲
GEN 22786
ブラームス(1833-1897):
①クラリネット三重奏曲イ短調Op.114
②クラリネット五重奏曲ロ短調Op.115

トリオ・クロノス:
【アンドレアス・ランゲンブッフ(Cl)
 サイモン・デフナー(Vc)
 ゴットリーブ・ヴァリッシュ(Pf)】
②ホセ・マリア・ブルーメンシャイン(Vn)
②クリスティアン・スヴァイアラ(Vn)
②村上淳一郎(Va)
録音:2017年4月1-18日、2019年12月22日ケルン、クラウス・フォン・ビスマルク・ザール[58:51]
※ブラームスのクラリネットを中心とした傑作室内楽を収録。クラリネットのアンドレアス・ランゲンブッフとチェロのサイモン・デフナーはともにケルンWDR交響楽団のメンバー。ピアノのゴットリーブ・ヴァリッシュはソリストとしてシノーポリ、ネヴィル・マリナー、ユーディ・メニューインとも共演している俊英。クラリネット五重奏で共演しているヴィオラの村上淳一郎はN響の首席でケルン放送響の首席も務めたこともある若手のホープ。ブラームス晩年の傑作を今が旬の奏者たちが奏でる珠玉の一枚。
(さらに…)

(GENUINレーベル)
古賀敦子GENUINへの7枚目のアルバム! パリで活躍する2人の日本人による古賀のための作品も収録
他、新譜4タイトル

GENUINレーベル(ドイツ)

古賀敦子GENUINへの7枚目のアルバム!
パリで活躍する2人の日本人による古賀のための作品も収録
GEN 22559
「フルートとピアノのためのフランスの音楽」
ボザ:アグレスティード Op.44
カプレ:夢想と小さなワルツ
鈴木理香:遠いかすかな記憶2
フォーレ:フルートとピアノのためのコンクール用小品
棚田文紀:こだまする森3
フォーレ:ソナタ第1番 イ長調 Op. 13(原曲 ヴァイオリン・ソナタ)

古賀敦子(フルート)
棚田文紀(ピアノ)
録音:2021年7月7-9日 ドイツ ライプツィヒ[61’11]
※日本語解説付き (さらに…)

(GENUINレーベル)
トーマス・ファイの後継者ヨハネス・クルンプのモーツァルト第3弾!
有名ディヴェルティメントが刺激的に生まれ変わる!
他、新譜4タイトル

GENUINレーベル(ドイツ)

トーマス・ファイの後継者ヨハネス・クルンプのモーツァルト第3弾
有名ディヴェルティメントが刺激的に生まれ変わる!
GEN 22762
モーツァルト:ディヴェルティメント集」
ディヴェルティメント ニ長調 K.136
ディヴェルティメント 変ロ長調 K.137
ディヴェルティメント ヘ長調 K.138

ヨハネス・クルンプ(指揮)
エッセン・フォルクヴァング室内管弦楽団
録音:2020年6月28―30日 ドイツ エッセン [41’19]
※ヨハネス・クルンプの指揮するエッセン・フォルクヴァング室内管弦楽団のモーツァルト第3弾(既発は ホルン協奏曲全集 GEN18618,交響曲第13、16、29、40番 GEN 19636)。1772年にザルツブルクで16歳のモーツァルトが書いた3つのディヴェルティメントを収録。弦楽四重奏で演奏されることも弦楽合奏で演奏されることもある曲集で、ここでは小編成の弦楽合奏による。
ヨハネス・クルンプは1980年、シュトゥットガルトの生まれ。2013年に1958年創立のエッセン・フォルクヴァング室内管弦楽団の首席指揮者、音楽監督に就任、このドイツの地方の室内オーケストラを一躍注目の楽団に引き上げた。ちなみにクルンプは、ハイデルベルク交響楽団のハイドンの交響曲シリーズで、怪我で指揮活動ができなくなったトーマス・ファイの後を受け継いでいる。ここでのモーツァルトのディヴェルティメント3曲は、キビキビした音楽で室内楽的密な絡みを際立たせつつ、一方で弦楽四重奏曲よりもシンフォニックな作品の特性にも不足ない見事な演奏。また今回もヴィブラートを控えめにして透明感を重視しつつ、ピリオド手法の演奏ともまた異なった、現代の室内オーケストラならではのモーツァルトの魅力を十全に引き出している。
(さらに…)

(GENUINレーベル)
①ハインツ・レーグナー生まれ故郷ライプツィヒでの晩年のライヴ録音集4枚組!
②アンドレアス・ギルガーの17世紀フランスのクラヴサン作品集!
③ヴァイオリンとハープのための美しい近現代作品集!
他、新譜5タイトル

GENUINレーベル(ドイツ)

ハインツ・レーグナー生まれ故郷ライプツィヒでの晩年のライヴ録音集!
GEN 22742(4CD, 2枚価格)
「ハインツ・レーグナー
 ~ライプツィヒ・ゲヴァントハウスでのライヴ録音集」
①メンデルスゾーン:静かな海と楽しい航海 Op.27
②ベートーヴェン:交響曲第6番 ヘ長調 Op.68
③シューベルト:交響曲第7番 ロ短調 D759 「未完成」
④シューベルト(マーラー編):弦楽四重奏曲第14番ニ短調D.810「死と乙女」
⑤レーガー:モーツァルトの主題に基づく変奏曲とフーガ Op.132
⑥ラヴェル:クープランの墓
⑦ブルックナー:交響曲第6番 イ長調
⑧ガーシュイン:パリのアメリカ人

ハインツ・レーグナー(指揮)
①②⑧MDR室内フィルハーモニー
③-⑦MDR交響楽団
録音:①1999年2月20日、②1999年2月28日、③1995年8月25日、④1997年9月21-22日、⑤1998年10月20日、⑥2001年8月8日、⑦1994年7月12日、⑧1997年12月25日
ライプツィヒ・ゲヴァントハウスにおけるライヴ(全て)、262’09 (さらに…)

(GENUINレーベル)
①リヒターリヒター=ハーザーにティボール・ヴァルガも登場! デトモルト音楽大学のアーカイヴより復刻!4CD1枚価格!
②リスト編2台ピアノ版ベートーヴェン:第9にティンパニを追加!
③一人でピアノとヴァイオリンを演奏?! バッハとバッハに触発された作品集!
他、新譜7タイトル

GENUINレーベル(ドイツ)

リヒター=ハーザーにティボール・ヴァルガも登場!
デトモルト音楽大学のアーカイヴより復刻!4CD1枚価格!
GEN 21761(4CD、1枚価格)
「デトモルトのアーカイヴの宝物」
~デトモルト音楽大学の創立75周年記念アルバム
録音:1966-1981年、北西ドイツ音楽アカデミーの新ホールにおけるライヴ(全て)、254’34

ベートーヴェン:
 幻想曲 ホ長調 Op77
 ピアノ・ソナタ第24番 嬰ヘ長調Op.78 「テレーゼ」
 ピアノ・ソナタ第25番 ト長調Op.79
ムソルグスキー:「展覧会の絵」
シューマン:ウィーンの謝肉祭の道化Op.26~間奏曲 変ホ短調
シューベルト:行進曲 ホ長調 D606
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第18番 変ホ長調 Op.31-3~第4楽章
ハンス・リヒター=ハーザー(ピアノ)
録音:1976年5月11日(広がりに乏しいステレオ)

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番 ト長調 Op.58
ハンス・リヒター=ハーザー(ピアノ)
エーリヒ・ベルゲル(指揮)北西ドイツ・フィルハーモニー
録音:1973年12月11日(極めて広がりに乏しいステレオ)
(さらに…)

(GENUINレーベル)
エリオット四重奏団第2弾!今回もベートーヴェン+αでプロコフィエフ!
他、新譜4タイトル

GENUINレーベル(ドイツ)

エリオット四重奏団第2弾!今回もベートーヴェン+αでプロコフィエフ!
GEN 21752
「ロシアの主題」
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第7番ヘ長調Op.59-1「ラズモフスキー第1番」
プロコフィエフ:弦楽四重奏曲第2番ヘ長調Op.92

エリオット四重奏団:
【マリャーナ・オジポヴァ(ヴァイオリン)
 アレクサンダー・ザックス(ヴァイオリン)
 ドミトリー・ハハリン(ヴィオラ)
 ミヒャエル・プロイス(チェロ)】
録音:2020年8月19-22日 フランクフルト・アム・マイン、DDD,66’38
※2019年のドイツ音楽コンクール受賞記念CDに続くエリオット四重奏団の2枚目のCD。1枚目のCD(GEN 19661)と同様、ベートーヴェンと近代作品の組み合わせ。ベートーヴェン中期の傑作、ラズモフスキー第1番は、現代の弦楽四重奏団らしい高度な技術に裏打ちされた緻密なアンサンブルでありながら、明るくのびのびとして躍動感にも満ちているところが素晴らしい。この演奏を聞けば誰でもエリオット四重奏団によるベートーヴェンの弦楽四重奏曲全集を待ち望むようになることだろう。
ラズモフスキー第1番の第4楽章の第1主題はロシア民謡に基づいているが、プロコフィエフの弦楽四重奏曲第2番も疎開先のナリチク(ジョージア国境に近い)の民謡を用いている。プロコフィエフならでは民俗主義音楽と近代和声の融合を、エリオット四重奏団は見事に果たしている。
(さらに…)

(GENUINレーベル)
チューバ3本のトリオによる楽しいアルバム! モンテヴェルディからピアソラ、ジャズまで!
他、新譜3タイトル

GENUINレーベル(ドイツ)

チューバ3本のトリオによる楽しいアルバム!
モンテヴェルディからピアソラ、ジャズまで!
GEN 21753
「チューバだけ」
サミッツ:深いエネルギー
モンテヴェルディ:3声のカンツォネッタ~
 「どちらがより良いと言えるのか」
 「光よ、私のいとしい人はどこに居るのか?」
 「私が期待した時,残酷な光景」
ピアソラ:リベルタンゴ
コレッリ:ラ・フォリアに基づく変奏曲 Op.5-12
プレムル:3つのトロンボーンのための2つの小品
シュナイダー:ロメオとジュリエット変奏曲
サミッツ:ユーチューバ
アイルランド民謡:ロンドンデリーの歌(ダニー・ボーイ)
モリコーネ:モリコーネのための瞬間
シュナイダー:シューマッハー行進曲
ザヴィヌル:バードランド
シャーナグル:友から友へ
(さらに…)

(GENUINレーベル)
①好調アリス四重奏団の 「ラズモフスキー第1番」+新作初録音!
②期待の若手女流演奏家による女性作曲家のヴァイオリン作品集!
他、新譜7タイトル

GENUINレーベル(ドイツ)

好調アリス四重奏団の「ラズモフスキー第1番」+新作初録音!
GEN 21736
レッシュ(b.1975):弦楽四重奏曲第3番 「アタッカ」(2019)
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第7番ヘ長調Op.59-1「ラズモフスキー第1番」

アリス四重奏団:
【アンナ・カタリーナ・ヴィルダームート(Vn)
 ノエミ・ツィパーリング(Vn)
 カスパー・フィンツェンス(Va)
 ルカス・ジーバー(Vc)】
録音:2020年7月14-16日 フランクフルト・アム・マイン、61’10 (さらに…)

(GENUINレーベル)
ブラームス、ショスタコーヴィチ、クシェネク
アルト・サクソフォンを用いたピアノ三重奏曲集
他、新譜8タイトル

GENUINレーベル(ドイツ)

ブラームス、ショスタコーヴィチ、クシェネク
アルト・サクソフォンを用いたピアノ三重奏曲集
GEN 21735
「アルト・サクソフォンを用いたピアノ三重奏曲集」
ブラームス:ホルン三重奏曲 変ホ長調 Op.40
ショスタコーヴィチ:ピアノ三重奏曲第1番 ハ短調 Op.8
クレネク(クシェネク):クラリネット三重奏曲 Op.108

クラヴィス三重奏団:
【イェンニ・リップル(ヴァイオリン)
 ミハ・フェルク(アルト・サクソフォン)
 サビーナ・ハサノヴァ(ピアノ)】
録音:2019年4月15-17日 ウィーン、50’21
※3つの三重奏曲それぞれでアルト・サクソフォンを用いて演奏している。ブラームスの三重奏曲ではホルンが、ショスタコーヴィチではチェロが、クレネクではクラリネットが、アルト・サクソフォンに置き換えられている。特にショスタコーヴィチとクレネクでは音楽の近代的色彩が増しているように感じられる。
クラヴィス三重奏団は2013年結成のウィーンの三重奏団。もちろんこの編成の三重奏団は珍しい。イェンニ・リップルはウィーン生まれのヴァイオリニスト。母親はメキシコ人。ミハ・フェルクはスロヴェニア生まれ。ウィーンでサクソフォンを学んでいる。サビーナ・ハサノヴァはアゼルバイジャンの首都バクーの生まれ、トルコのエディルネ育ちのピアニスト。14歳でモスクワのチャイコフスキー音楽院大ホールでモスクワ交響楽団と共演したという。2010年からウィーンを拠点としている。
(さらに…)

(GENUINレーベル)
①古賀敦子の新譜はフォーレとベートーヴェンの ピアノ三重奏曲のヴァイオリン・パートをフルートで演奏!
②福島のための悲歌/ゲーム音楽で著名な浜渦正志/ ベートーヴェンの「春」/ブーランジェにタイユフェール!
他、新譜4タイトル

GENUINレーベル(ドイツ)

古賀敦子の新譜はフォーレとベートーヴェンの
ピアノ三重奏曲のヴァイオリン・パートをフルートで演奏!
GEN 21749
①フォーレ:ピアノ三重奏曲 ニ短調 Op.120
②レフラー:2つのラプソディ―
③ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲第4番 変ロ長調 Op.11「街の歌」

古賀敦子(フルート)
ゲオルギー・ロマコフ(チェロ)
ラドスワフ・クレク(ピアノ)
録音:2020年8月26-28日 ライプツィヒ、DDD、65’30
※フルートの古賀敦子とチェロのゲオルギー・ロマコフによるGENUINへ新録音は、ピアノのラドスワフ・クレクを加えてのピアノ三重奏曲集。注目はフォーレ晩年の傑作、ピアノ三重奏曲、これをフルートで演奏している。フォーレは当初クラリネットを想定して書いていたのでクラリネットを用いた演奏は時々あるが、フルート演奏は珍しいだろう。パリ仕込みの古賀のフルートがフランス近代風の香りを引き立ててオリジナルとはまた異なった魅力に溢れる。チャールズ・マーティン・レフラー(1861-1935)は、ドイツ、ベルリン近郊シェーネベルク生まれで、1881年に米国に移住、ボストン交響楽団でヴァイオリンを弾き、さらには作曲家として活躍、没後30年にトスカニーニが作品を指揮したこともある米国音楽史では名の知れた作曲家なのだが、録音は非常に少ない。これにベートーヴェンの街の歌三重奏曲を加えて、充実した1枚になっている。
古賀敦子は福岡県福岡市の生まれ。パリ国立高等音楽院フルート科を第1位で卒業。数々のコンクールで優勝、入賞を果たす。2001年からマクデブルク・フィルハーモニー交響楽団に所属。ゲオルギー・ロマコフはウクライナの首都オデッサの生まれ。6歳からチェロを学び、13歳でドイツに渡る。チェロ奏者として欧米で広く活躍している。 ラドスワフ・クレクはポーランドのグダニスク音楽院で学んだピアニスト。室内楽や歌曲のピアニストとして活躍している。
(さらに…)